パーツ館にようこそ
 思わずドリアンが出てきてしまいましたが。いや、それはホークムーン。

 ということで、ペールムーン Palemoon であります。なにかというと、firefoxから派生したオープンソースのブラウザー。いい名前だなあ、蒼ざめた月かあ。実際、アイコンはこーいうやつで。

palemoon.jpg

 11月にfirefoxが新バージョンQuantumに更新されたんだけど、ここで困ったことが。従来のアドオンの大半が使えなくなっちゃったのだ。

 とくに、UI系は全滅で、ClassicThemeRestorerも無効になったから、見た目が鬱陶しいだけでなく、とくにタブまわりの使い勝手が破滅的に悪い。

 それでも、いつかアドオン側が対応してくれるだろうと思い、しぶしぶ使いつづけたものの、90日が経過してver.が58.0になっても、当該アドオンの更新がまったくない。

 そもそも、Fxはアドオンがウリなわけで、それが使えないんじゃ存在価値がないじゃないか。だったら、ほかのマイナーなブラウザーはないかなと思って探してみたら、見つかったのがこのpalemoonだったというわけ。

 これって、要するにFx28以前のUIをそのままのこして、懐かしいnetscapeのGeckoから派生したレンダリング・エンジンを搭載。メモリまわりをシュリンクして軽量化したFxのフォーク(派生版)。つまり、Fxより由緒正しいネスケの末裔ということになるでしょうか。

 UIは以前のまともだった時代のFxそのままで、だから結果的にClassicThemeRestorerもいらないということで、これはいいんじゃないかと思ってためしに導入したところ……

palemn.jpg

 おおおお、すばらしい。デザインもUIも、ほぼFx28です。こりゃいいわ。

 起動もFx58.0やChromeの最新版よりかなり速いし、なによりよけいなものがないのがいい。

 というわけで、さっそく正式導入することに決定。以下はその手順を備忘ということで。

 まず、DLは以下の公式サイトから。

https://www.palemoon.org/

palemn001.jpg

 こーいうページで、ライトグリーンのDownloadをクリックして、32bitか64bitを選択するだけ。で、インストーラーをDLしたら、それをクリックしてインスコ開始。

 次の「Installer package」では「Quick install」を選び、あとは指示にしたがうだけでOK。

 インスコが終わったら、とりあえずpalemoonを起動すると、とーぜんながら表記が英語なので、まずこれを日本語にする。

 手順は……上の公式サイトの[Download]にある「Pale Moon language packs」か、または以下のローカライゼーションのポータルから、「ja.xpi」を探してDLする。

https://github.com/JustOff/pale-moon-localization

 すると、アドオン「Japanese Language Pack」のインストールをうながすので、「Install Now」をクリック。

 インスコが終わったら、次にFx系では必須の呪文、about:configを唱える。

 palemoonでも、アドレスバーに「about:config」と入力(コピペ可)してEnterを押すのはまったく同じ。以下の手順も同じ。

 これもFxと同じ脅迫が出るので、はいはいといいながらクリックすると、config開始。

「Search:」のテキストボックスに「general.useragent.locale」と入力(これもコピペ可)して、その下のボックスに「general.useragent.locale」が表示されたら、これをダブルクリック。

 すると、デフォルトでは「en-US」になっているんで、これを「ja」に書き替えて、[OK]ボタンを押せば、呪文終了。

 そのあと、palemoonを再起動すると……はい、表示が日本語になりました。

 ためしに、メニューバーの[ツール(T)]をクリックして、[言語パック]を見てみると、

palemn01.jpg

 こうなってます。このへんの挙動もFx28そのものなんで、ストレスなく操作できるでしょう。

 ちなみに、きょう時点の最新版は、

palemn02.jpg

 こうなってます。更新とver.情報もFxと同じで、メニューバーの[ヘルプ(H)]から。しかし、いいデザイン感覚だなあ。

 さて、UIは古き良き時代のFxそのものなんで、とくに文句はないものの、それでもアドオンがいくつか必要なのも事実。なので、次はアドオンの導入。これもFxと同じなんだけどね。

palemn03.jpg

 ひとつだけ違うのは、こうやってpalemoon独自のアドオン・サイトと、Mozillaのアドオン・サイトがリンクされている点。つまり、独自のものだけでなく、Fx用のアドオンも使用できるということ。

 ただし、Fx用で使えるのは、当然ながらFx28に対応したアドオンだけで、以後にリリースされたものはインスコできない。

palemn04.jpg

 当面、必要なものとして導入したのは、広告退治の「Adblock Latitude 4.0.1」と、Fx28時代から愛用していたページをひとつだけ表示しているときはタブをかくす「Hide Tab Bar with One Tab」のふたつ。

 上記画像で注目なのは、Adblockの横にある青丸と、下のオレンジの丸。

 これがそれぞれ、palemoonオリジナルとFx用アドオンの違いを示しているわけです。こういう使い方ができるとなると、「自由なアドオン」っていう当初の精神をうけついでいるのは、もはやFxじゃなくてpalemoonのほうだなと実感できたりして。

 実際、palemoonの開発元Moon Childは「いい時代のFxの精神をうけつぐ」ことを理念としてるそうで、これは応援したくなります。

 ということで、メインのブラウザーはpalemoonにして、サブがFxになり、これまでサブにしていた役たたずのchromeは削除ということになりました。ある意味、めでたしめでたし。

 しかし、2009年からあったんだって、palemoon。もっと早く乗り換えればよかったと後悔するきょうこのごろであります。やっぱり、つねにいろいろアンテナ張ってないとね。

【追記 乗り換えのコツ】
ところで、Fxからpalemoonに乗り換える場合、ブックマークやcockieの移植には、ひと工夫が必要になるので、その方法も。すごくかんたんなんだけど、知らないとそれなりに苦労すると思うので。

通常、導入時にほかのブラウザーの設定を移植する場合は、Fxと同じくメニューバーの[ブックマーク(B)]→「ブックマークの管理」から[インポートとバックアップ(I)]→[他のブラウザからデータをインポート(A)]と進んで、Fxを選択すればいいんだけど、palemoonの場合、ここでの選択肢が、なぜかIEとChromeしかないのね。

まあ、理由はかんたんで、Fxのバックアップ・インポートのシステムをそのままひきついでいるから。つまり、バックアップ・ファイル(拡張子.json)に対応しているっていうことで、これをそのまま使えます。

具体的には、まずFxを起動して上記[インポートとバックアップ(I)]→[バックアップ(B)]で「.json」のバックアップファイルを作成し、次にpalemoonの[インポートとバックアップ(I)]を開いて、[復元(R)]をクリック。いまつくったバックアップファイルを選択すれば、これでOK。

要するに、FxからFxへの復元と考えればいいわけです。はい。

2018.01.28(18:12)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 今週は3試合見ました。ディヴィジョナルののこり1戦、美祢ソタvsニューオーリンズと、カンファレンス・チャンピオンシップの2試合。これでスーパーボウルLIIの進出チームが決定。

 まず、ディヴィジョナル。これ、拮抗したいい試合でした。全体的に、美祢ソタQBキーナムのてのひらで踊ってるような展開ながら、4Qのこり3分でセントが逆転に成功。このまま終わるわけはないよなと思っていると、美祢ソタがフィールドゴールで再逆転。

 ところが、のこり24秒でセントがフィールドゴールに成功して、再々度の逆転。さすがにこれで決まったなとあきらめたのもつかのま(キーナムのプレーは数年前まで、レギュラーシーズンをふくめて10試合くらいは見ていて、プレーコールも予想できたんで、こっちを応援していた)……

 ラストプレーになったヘイルメリー気味のロングパスを、WRディッグスがキャッチして、キャッチアフターランでなんと61Ydのタッチダウン!

 つか、ディッグスにヒタックルにいった#48だったかな、セントのセーフティが、ディッグスの3mくらい横にジャンプして、結果的にタックル空振りというとんでもない失態を見せて、このタッチダウンを成功させちゃったんでした。

 こういうプレーはたぶんはじめて見たかも。絵に描いたような致命的ミスでした。とにかく、ボディコンタクトさえしてれば、そこで終わってた試合なんで。どつかのニュースに「奇蹟的」って書いてあったけど、どっちかっていうと「近年稀に見るトホホな」が正しいんじゃないでしょうか。ヽ( ´-`)ノ

 ということで、チャンピオンシップはAFCがペッツvsジャクソンビル、NFCは結果的に第1、第2シード対決のヒラデルヒアvs美祢ソタに。

 第1試合のペッツとジャクソンビルは、ブレイディがぶじ先発して、先制点を上げたものの、予想どおりRBの#27レナード・フォーネットを止められない。しかも、JAXディフェンスががんばってすぐ逆転。前半終了時点で14-10という意外な展開に。

 しかも、ペッツ2Q最後の攻撃のとき、頼みの綱のグロンコウスキーが相手セーフティ#42バリー・チャーチの非常に悪質なレイトヒット、それもヘルメットtoヘルメットを食らって、脳震盪で退場するというアクシデントが発生。ペッツにとっては暗雲がたれこめることになった。

 とはいえ、そこはペッツ。グロンコウスキーがいなくても、エデルマンがいなくても、アメンドーラがいるさという、とてもわかりやすい展開に持ちこんだ。

 2Q後半からディフェンス・プロテクションをギャップシューティングに変えることで、フォーネットの完封に成功したこともあって、3Q以降は1本もタッチダウンを許さず、モメンタムはふたたびペッツに。

 また、前半はほとんど画面に映らなかったアメンドーラが、またしても神がかったプレイを連発して、4Qにふたつのスーパープレーで2タッチダウン。これで24-20と逆転すると、もうJAXをよせつけなかった。

 この試合のターニングポイントはふたつ。

 まず、2Qでグロンコウスキーが退場した直後のプレー。対応に追われたペッツがタイムアウトをとって、次のJAXの1st、なんと、ここでディレイ・オブ・ゲームを犯すんですねー、JAXは。

 あほでしょ。グロンコウスキーをリタイアさせて、安心したあまり集中力を欠いたってこと。こーいうチームはスーパーボウルに出るべきじゃない。とんでもない大失態ですよ。ここでゲームの趨勢は決まったといってもいいと思いますね。

 あと、その後50秒はのこっていたのに、プレーを放棄した態度。あれもスーパーボウルに出てはいけないチームのプレーでしょう。つまり、JAXは資格のないチームだったということで、これは大いに非難されてしかるべきだと思いますよ。ほんと、今季最低チームに決定。

 もうひとつは、3Qにボートルズが見せたフリーフリッカーズ。

 あのねえ、ブレイディを相手に、そーいう生硬なスペシャルプレーをやったら失礼でしょ。

 案の定、ブレイディはただちに報復のフリーフリッカーズ! 

 さらにもう1回、ダメ押しのフリーフリッカーズ!!

 まあ、こうなるよねー。エデルマンがいないから、フリーフリッカーズフェイクのWRフォワードパスはやらないよなーと思ったら、それも試みちゃうし(WRがだれかは見落とした)。

 結果、ボートルズは後半、ほとんどいいところなく敗退で、実力どおりペッツがSB進出。ぱちぱち。

 正直、グロンコウスキーへの尋常でない暴力をふくめて、JAXはもう2度とプレーオフに進んでほしくないと思います。こいつら、エクステンションだよね。とすると、ほかの候補チームと入れかえとかできないのかね。ほんとにもう見たくない。

 一方、心配なブレイディの右手のケガは、とりあえずプレーに支障がないレベルで推移している模様。とはいえ、グロンコウスキーはよくわからないNFLの脳震盪プロトコル入りになっていて、SB出場は微妙。たぶん、間にあうとは思うけど。

 次、第2試合の葛西純vs岩谷麻優。

 最初に、ここでもフリーフリッカーズが出て、今年のはやりだったんですかねー。これがSBの勝敗を決めたりしたら、けっこう事件かもしれないけど。よくわかりませんが。

 それは置くとして、試合はワンサイド。ヒラデルヒアのディフェンスが美祢ソタの攻撃をじわじわとぶち壊していき、やがて美祢のオフェンスラインが崩壊。楽にインターセプトを喫してからは、さすがのキーナムもなすすべなく降参。最後は38-7というどうしょもない試合になっちゃった。

 ただ、ヒラデルヒアが強いかっていうと、そういう感じはしないんだよねー、不思議なことに。

 ディフェンスは強い。的確でもあると思う。でも、QBニック・フォールズがいいかっていうと、そうは思えない。どう考えても、ディフェンスのチームで、この程度のディフェンスがペッツに通用するかっていうと、うまいこといなされるのが関の山じゃないかと。

 ということで、スーパーボウルLIIはペッツvsヒラデルヒア。

 おそらく、グロンコウスキーの進退に関係なく、ペッツ2度めの連覇で決まりでしょう。

 ちなみに……

 この両者は2005年のスーパーボウルIIIXIで当たっているそうなんだけど、まったく記憶がないんだよねー、この一戦。

 2005年はすでにブログを書いてたんで、旧版をチェックしたところ、意外な結果が。

 こちら

 なるほどー、過去40年間で、2度だけSBを見なかった年があって(1990年以前は録画で見たんだけど)、そのうちの1回なんだねー。これも歴史であります。

2018.01.27(19:36)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 というか、ディヴィジョナルの結果というか。

SB52_05.jpg

 こーいう感じで、またしても予想どおりになったのはペッツvsテネシーのみ。orz

 このくらいはずれまくるシーズンもめずらしいんじゃないんでしょうか。

 まず、ペッツvsテネシーは、若いエースQBマーカス・マリオタが化けるんじゃないかとも思ったものの、蓋を開ければペッツの敵ではなく、点差以上の実力差を見せつけられた結果に終わった。なんたって、マリオタの被サック数8は、プレーオフのレコード更新ですから。

 ピッツバーグvsジャクソンビル・ジャグアーズ(やっぱりジャグアーって発音するよね。なんで日本語だとジャガーなんだろう?)はひりひりするような好試合。どきどき、わくわくの連続だったけど、前半にターンオーバーを2回やらかして、そのいずれもがTDに直結したのが、最後に響いた。

 前にも書いたかもしれないけど、ターンオーバー数でプラス2になった(2-0とか3-1とか)チームは、ふつう勝てないでしょう。あと、ジャクソンビルはピッツバーグに対して、絶大な自信を持ってる感じだった。

 NFCの鳥対決は、プレーオフでは珍しい拙戦に次ぐ拙戦。ヽ( ´-`)ノ

 なんというか……ふつうにやってれば、マット・ライアンの楽勝だったと思うんだけど、そうならないのがプレーオフなんでしょうか。後半はなんと0点だもんね。これじゃ勝てません。

 のこりの美祢ソタvsニューオリンズは、まだ録画を見てないので詳細はわからないながら美祢ソタの勝ち。

 ということで、NFCは結果的に第1シードと第2シードの葛西純vs岩谷麻優の戦いになりました。これって、両チームともエースQBが今期絶望で、バックアップQB同士という異色の組みあわせ。まあ、あんまり期待しないでおきたいと思います。

 AFCは……トム・ブレイディが右手を負傷したんだよね。現地時間水曜日の練習で。きょう現在もクェッショナブル登録になってて、出場するかどうかは半々。なので、こっちも優劣は不明。

 ジャクソンビルのQBブレイク・ボートルスは若手ながら、モバイルタイプではなくオーソドックスなスタイル。ディヴィジョナルでは、パスだけでなく、RBのレナード・フォーネットを効果的に使ってたのが印象的。

 このフォーネット、1Qで強烈なドラゴンスクリューを食らって(だって、そう見えたんだもん)、いったんはロッカールームにひきあげたものの、3Q途中から復帰してふつうにプレーしてたんで、チャンピオンシップでも機能しそうな雰囲気だった。

 というか、ペッツにとってもかなりの脅威になるでしょう。#27恐るべし。

 一方のペッツは、グロンコウスキーが健在なのと、エデルマンにかわってエースWRにはいったアメンドーラが去年までよりさらに安定したプレーを見せてたのが印象的。

 さらに、第2WRになったドーセット、第3のホーガンも目だってたし、RBの主力ホワイトとルイスも健在で、ブレイディさえOKならまあ負けることはないでしょう。

 なんちゃって、ボートルズは乗ってる感じだから、波乱があるかもしれないけど。

 ということで、来週月曜日のチャンピオンシップは生中継2本なんだよなー。まあ、録画しといてあとで見ることになりますが。はい。

2018.01.20(16:54)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 けさ、新聞をとりにいって、もどってくる途中、エレベーターのなかで1面に載ってたこの写真を見て、思わず笑っちゃった。

039a.jpg

 防衛省が発表した「中国海軍潜水艦」だそうで。

 なにがあったかっていうと、まず11日木曜日、尖閣近くの接続水域に中国のものと見られる潜水艦が進入したと、防衛省が発表したのがはじまり。で、翌12日、きのう、この潜水艦が浮上して、国旗を掲揚したんだそうだ。

 このへんのくだりは毎日新聞のこちらあたりが簡明。

 以上で、10日から12日にかけて、この海域でなにがあったかは、一目瞭然。

 まず、この潜水艦、写真を見るかぎり、039級か039a級の前期型だと思うけど、どうやら出港時から、つねに位置を把握されてたね、日米両国に。

 だから、日本の領海に近づいてきたところで、定繋港横須賀のおおなみが待ちかまえていて、搭載するSH-60Kも使って、アクティヴ・ソナーで盛大に出迎えたんでしょう。

 実際、あのソナーの探知音は、艦殻内で反響して、乗員にはとんでもないプレッシャーになるそうだから。

 おおなみとしては、いつだったか火器管制レーダーの照射をうけたときの意趣返しもあるし、ソナーによる探知は完全に合法的だから、こりゃやるよねー。

 今回はP-3Cもソノブイを使ったかもしれないし、待ち伏せした以上、自衛隊の潜水艦がいた可能性も高いし、おおよどもいるしで、それがいっせいにアクティヴ・ソナーを使ったら、中国艦の乗員はたちまち発狂寸前になっちゃう。

 で、実際にそうしたんでしょう。おそらくは、30時間くらい連続して。

 だから、この039、なんとか公海に脱出して、あわてて浮上したうえ、なぜか国旗をあげたというしだい。

 なぜ海軍旗じゃないのか、わからないけど、そもそもこの状況で潜水艦が浮上して、旗を掲揚するっていうシチュエーションはありえないから、用意してなかったのかもね。

 じゃ、なぜ旗なのか。これ、完全な敗北を認める白旗がわりですよ。色は赤いけど。

「やいやい、こちとら中国だぞ。なめんじゃねーぞ」(意味=正体を見せるから、もういじめないでねお願い)っていう合図。

 状況からすると、ほかの可能性はないから、各国海軍もこの一件を同じように評価するはず。これは相当な赤っ恥ですよ、中国海軍。潜水艦の全面降伏って、たぶん史上初でしょ。

 それだけでなく、ショックもでかいよね。自国の最新鋭潜水艦でも、海自にはまるで歯がたたないって、証明されちゃったんだから。

 ここ10年くらい、赤っ恥海軍っていうと、つねに韓国海軍の名前があがってたけど(横須賀に特攻をかけたけど火事を起こして逃げたやつとか、ポーツマスで人気者になったやつとか、就役から10年たっても搭載ヘリが確保できないヘリコプター揚陸艦とか、設計ミスで自分を撃っちゃう以下同とか、4隻買ったけど1隻も稼働できない潜水艦とか、枚挙にいとまなし)、これからは中国海軍の時代なのかもね。

 ということを、朝のエレベーター内で一瞬にして妄想して、笑っちゃったわけです。

 しかし、考えてみると、これでほっとしたのが、インド海軍かも。

 きのう、トンデモなニュースがあったばかりだから。ニューズウィークの「インドの核ミサイル搭載原潜、ハッチの閉め忘れで沈没寸前に」という記事。(´・ω・`)

 海洋国でもない連中が、ブルーウォーター・ネイビーをめざすから、こーいうことになるんだよねー。

 一方、海自はもともとブルーウォーター・ネイビーとしての能力を持っていながら、グリーンウォーター・ネイビーとして活動してるから、その差が歴然となるのは当然なんですが。

【1.14追記】
防衛省発表では、こいつ、093級SSNだそうだ。ふうん。実戦配備についてたんだ。実験艦的性格が強いのかと思ってた。

同時に、すぐ見つかった理由も納得。ものすごくうるさいんだってね、これ。2世代前のヴィクターIII級より、さらにうるさいそうで。

【1.29追記】
2週間もたってから、こーいう記事が出ますた。(´・ω・`)

中央日報だから、信憑性はないものの、これが本音かな、ということで。

「中国の原子力潜水艦、激しい騒音で日本海上自衛隊に探知される」という内容。

まあ、そのとおりでね。恥ずかしさ全開っていうところが、この事件のトホホさを表しております。

2018.01.13(11:40)|艦船・海洋コメント:(0)TOP↑
 というか、ワイルドカードの結果というか。

 まあ今年のワイルドカードは凡戦の連続で。ミスやアクシデントで勝敗が決まった試合ばかりというか。

 いちおう、結果は……

カンザスシティ 21-22 テネシー
LAR 13-26 アトランタ
ジャクソンビル 10-3 バッファロー
ニューオーリンズ 31-26 カロライナ

 なんと、勝敗予想が当たったのはLAR vs アトランタだけというていたらく。ヽ( ´-`)ノ

 見るのもめんどくさいなと思ったんだけど、今季はレギュラーシーズンも1試合も見てないのを思いだして、しかたなく(^^; というか、目と耳と脳味噌をフットボールに慣れさせるため、アトランタが勝った試合だけ見ましたよ。

 英語はまったくだめなんだけど、NFLだけは英語で聞かないと臨場感がない(つか、日本語版は説明がうるさくてレフェリーのコールが聞こえない)んで、昔から副音声派なんですね。だから、耳を慣らさないとというわけ。

 目はもちろんプレーを細かく見るため。とくにボールオンの位置や稼いだヤード数は瞬時に判断したいんで、目もそれなりのトレーニングが必要。それらを総合して、脳味噌も準備しないと。

 ということで、来週のディヴィジョナル・プレーオフの枠順が決まりました。

SB52 02

 ペッツはテネシーと。テネシーって、ほんとに印象がないんだよね。ヒューストン・オイラーズ時代はプレーオフの常連だったけど、移転してからはこれが初進出じゃないかな。いずれにしても、ペッツの敵じゃないでしょう。

 ただ、マーカス・マリオタはワイルドカードでもちゃんと機能したようなので、番狂わせがあるとすれば、ここかも。

 ピッツバーグはvsジャンソンビル。ジャクソンビルも印象が薄い。ブレイディやビッグベンのやられ役っていう感じでしょうか。ヽ( ´-`)ノ

 でも、ブレーオフで1回だけ、ピッツバーグに勝ってるんだ。とはいえ、ここも順当にいきそう。

 NFCは、まずフィラデルフィアとアトランタの鳥対決。ヽ( ´-`)ノ

 ここは前回も書いたように、エースQB不在のヒラデルヒアに勝ち目はないと思うんで、老練マット・ライアンがいいようにあしらって終わりでしょう。

 最後、ニューオーリンズとミネソタ。ここは正直、優劣不明。ニューオーリンズが勝っても、不思議じゃない。第3シードだっけ? だから。

 NHKの中継は1.16(火)から4夜連続で、0115時スタート。

2018.01.12(11:23)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR