パーツ館にようこそ
 現代のゾンビ(リビングデッド)像を創造した名伯楽、ジョージ・A・ロメロ監督が亡くなったそうだ。AFPの「ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・ロメロ監督逝く 77歳」(のちにスティーヴン・キング師のコメント追加あり)など。

 やっぱり、『Dawn of the Dead』を公開初日に劇場で見たときのインパクトっていうのは、相当なものでしたよ。当時はダリオ・アルジェント師を崇拝していて、そのアルジェント師がプロデュースしたっていう理由だけで、なんの予備知識もなく見たんだっけ。これが79年のこと。

 翌年の10月、日曜洋画劇場で『2001年』がテレビ初放送になると知って、はじめてビデオデッキ(もちろんベータ!)を買い、さらにその翌年春だと思うけど、季刊『宇宙船』で『Night of the Living Dead』のビデオが存在するのを知って、万難を排して手に入れたもの。

 もちろん、日本語字幕版なんかない時代だから、歌舞伎町の一隅、マンションの一室にあった非合法の海賊版専門店でね。ここでは、のちに『ビデオドローム』とか『空の大怪獣Q』なんかも入手したっけ。そういう店でした。

 当時のホラー、スプラッターって、邦題より原題でおぼえてるケースが多いんだけど、それはこの店で大半を調達してたからでしょう、きっと。

 というきっかけで、ロメロは生活の一部になったわけです。違うか。リビングデッドが、といったほうがいいでしょう。ロメロの作品っていうと、あとは『Day of the Dead』と『クリープショー』くらいしか印象がないもんね。

 ロメロが創造したリビングデッドのすごいところは、生きた人間を襲って食うことと、食われた人間がリビングデッドになっちゃうっていう点。これにつきるでしょう。どっちも本来はヴァンパイアの属性だけど、それをハマープロ時代まではどんくさかったゾンビに移植することで、20世紀最強のモンスターをつくりあげちゃった。

 本人はマシスンの『地球最後の男』にインスパイアしたっていってたけど、この「移植」がなかなかできないわけで。

 また、低予算でつくれるっていうメリットがあったんで、雨後の竹の子がまあ出てくるわ出てくるわ。ルチオ・フルチの『サンゲリア』『ゲート・オブ・ヘル』『ビヨンド』(『フロム・ビヨンド』じゃないほうね)はクトゥルーと融合したり、アルジェント師プロデュースの『デモンズ』は理不尽系を追及したり。

 そして、巨匠サム・ライミの『Evil Dead』から『キャプテン・スーパーマーケット』に至る流れは完全にSFだったし、ダン・オバノンも『Return to the Living Dead』でパンデミック系っていう新境地を開拓して、それが『バイオハザード』につながっていくわけだし。

 まあ、オバノンはその前に『ゾンゲリア』なんてのも書いてますが。ヽ( ´-`)ノ

 そういや、『ゾンバイオ』なんてのもあったな。あれもクトゥルー。トビー・フーバー先生も当然のごとく参戦して、なかでも『スペースバンパイア』は傑作だと思います。

 あと、ヴァンパイアの属性をゾンビにとりいれたことで、両者の境界が一部とっぱらわれたっていうのも、ロメロの大きな業績でしょう。

 たとえば、タランティーノの『フロム・ダスク・ティル・ドゥーン』とか、カーペンター師の『黒の十字架』2部作なんかは、ざっくりゾンビ系だと思ってたもの。十字架の有無くらいか、違いは。

 さらに、クロネンバーグ師の『Rabid』や『Shivers』だって、明らかにゾンビ=ヴァンパイア系だと思うし(どっちもとーぜん海賊版で見ただけ。いまはこのへんもDVDが出てるんだね。不思議だ)。

 という感じで、ロメロ師のクリーチャーは、70年代以降のホラーを完全に席巻したといっていいでしょう。

 とはいえ、いくらインパクトが強くても、30本くらい見つづけると飽きてくるのもたしかで。(´・ω・`)

 最後に見たのは、96年の『デモンズ'95』かな。いや、21世紀にはいってから、ザック・スナイダー版の『ドーン・オブ・ザ・デッド』を見たんだった。この2本が最後か。

 ちなみに、『デモンズ'95』はデモンズ・シリーズとはなんの関係もない、非常に完成度の高い不条理SFの傑作でした。いちおう、リビングデッドは出てくるものの。このあたりが作品紹介としては妥当かも。へえ、この監督、『バロン』の助監督だったんだ。知らなかった。

 また、ザック版は20世紀型リビングデッドに「走る」「スピード」っていうすぐれた属性を付加した、エポックメーキングな作品だと思います。これもまた名作といっていいでしょう。

 という、リビングデッドの創造者、ロメロ師でした。なんだかんだいって、かなり影響うけてるんだろうね、あたしゃ。

 合掌。(-人-)

2017.07.17(16:49)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 きょうは28回めの結婚記念日なんだけど、ここ最近はとくになにをするでもなく。埼玉のこのあたりはとにかく暑いんで、家でまったりすごしております。

 で、まったりなにをやってるかというと、またまたパイロット増員計画で。このときにつづいて、これが3回め。

 ジャンク箱を開けると、パイロットがいろいろ出てくる。

plt001.jpg

 こんな感じで。袋入りが1回めのシーハリアー、、左のふたりはたぶん2回めのヴァンパイア。ほかのはいまとなっては出自不明。

 これ、ぜんぶ1/72のはずなのに、なんでこれほど大きさに差があるのか、よくわかりません。まあ、実際問題として、スケールはけっこう適当だからね。

 このうち、画面まんなかのひときわちいさいのが、今回の主役。

 これをおゆまるで2個クローニングしました。

plt002.jpg

 えー、まんなかのが主役。左の黄色いのがクローン。右が1回めにつくったシーハリアーさん。

 シーハリさんとくらべると、同じ1/72とはとても思えないよね。かといって、1/144よりはかなり大きい。ちょうど1/100くらいの印象。

plt003.jpg

 ということで、完成してサフを吹きおえたおふたり。右のは脚が半分切れてるけど、これで必要充分。

 ちょうど1/100くらいっていうことで、ふたりが乗るのはこーいう機体であります。

minijt.jpg

 みにじぇっと・しりーずー@どらちゃん風。

 わしらの世代だと、ひこーきスケール・モデルの原点といっていいシリーズ。21世紀にはいってから再販されたぶんは、パッケージも一新されて「コンバットプレーン・シリーズ」っていう名前になってますが、やっぱりミニジェットですよね。わしら的には。

 このうち、フィアットG91は単騎で、ライトニングとMig19はニコイチでつくる予定なので、パイロットは2名でたりるのでした。

 まあ、予定ったって「いつかつくる」程度の予定なんで、そのまま忘れられるかもしれないんだけどね。ヽ( ´-`)ノ

 ただ、フィアットG91に関しては、すこし事情があって、秋くらいからはじめる可能性はあります。つか、細かいパーツはもうつくりはじめてたりするんだけど。今回のパイロットも、じつはその一環で。

 という感じで、いちおう手は動かしつづけてます。はい。

2017.07.16(17:17)|プラモコメント:(0)TOP↑

 8R試走がなかなかはじまらないんで、だれかが整備ミスしたかなと思ってたら、まさかの「火事で中止」だって。

 正式には、「競争会敷地内での火災のため」とのこと。つまり、ロッカーですかね。検車場とかだったら、べつの表現になるので。

 結果、8Rの準々決勝B戦はレギュレーションどおり上位2名の勝ちあがりで、7番車、8番車。9R以降もふたり落っこちなので各3~8番車の勝ちあがり。

 ということで、8Rの6号車、益は落っこち。10Rの1号車、ど本命のサトマヤも落っこち。

 考えられるかぎりで最悪のチョイスですね。ヽ( ´-`)ノ

 今夜、川口とJKAの職員が徹夜で対応すれば(スポーツ紙なんかのなかの人はとーぜん)、あしたは朝から16R、または17Rを実施するっていう対応ができる時間だったのに。そーいうことはしないんだよね。JKAは。川口の職員は、JKAがその気になれば、やる気はあるのに。

 まあ、JKAとしては、きょうは伊東温泉のサマナイがすべてだから、川口なんかどーでもいいんだろうし、それ以前にオートレースなんかどうでもいいっていうのは、以前からミエミエなわけで。ヽ( ´-`)ノ

 ということで、キューポラはきょうでおしまい。史上最悪ですね、この対応。火事がどうこうっていう次元じゃないんで。

2017.07.15(19:09)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 浜松のヒラ場開催で、飯塚25期・有吉辰也が優勝した。

 10線最内の2番車になった有吉は、最盛期を彷彿させるカミソリスタートを決めて、1周3Cで1番車をかわすと、あとは危なげない走りで後続をよせつけず、そのまま押しきっちゃった。ぱちぱち。

 やー、長かった。あの悪夢の落車から、落車と手術をくりかえし、去年ようやく本格復帰したものの、ここまでぜんぜん結果をのこせていなかったからねー。

 正確じゃないけど、たぶん優勝は4年ぶりくらいじゃないかな。まだ万全とはいえないものの、きのうの準決で久しぶりに1着をとって、これはいけるかもしれないと思ってたんですよ。

 さ、これで全盛期の調子をとりもどして、ついでにお調子者も復活して、笑顔のタツダンスを見たいものであります。あ、いまの車はピスケスか。

【7.12追記】
失礼。2年前の7月に、飯塚で優勝してるようで。飯塚と山陽は内野がいるかぎり、金輪際見ないって決めてるからなー。
2017.07.11(16:56)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 という記事が、J-Castに載ってる。正確には「少女向け特撮にハマる大人たち」ですが、もちろん『ミラクルちゅーんず』のお話。

 まあ、見たらハマるでしょう。大きなお友だちだったら、ほぼ確実に。

 先週から2クールめに突入して、お約束のパワーアップもお約束どおりに実現したし。今週から、エンディングが5人バージョンの『Jump!』に変更になったのが、やや残念ですが。前作の『ハートのジュエル』はオープニングの『Catch me!』より気に入ってたんだけどなー。

 てなことはどうでもよくて、来週は3回めのスペシャル・ジュエル・バージョンだそうで、5人でのスペシャル・コスチュームは初。はい、また見ちゃうんでしょうねー。

 でも、この世代だと、Eテレ『シャキーン!』のめいちゃんが歌う「こころね」が、最近では出色の名作だったりして。公式サイトのこちら

 いや、だから、ロリコンじゃありませんって。ほんとですから。ヽ( ´-`)ノ

2017.07.09(12:30)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR