パーツ館にようこそ
 レースは青山と圭一郎の一騎打ちになったものの、最終1Cで圭一郎がインにもぐりこみ、2Cで青山が差しかえそうとしたところで両者接触。

 青山はバランスをくずして直後を追走していた金子と接触。両者が落車しただけでなく、そのうしろにいた高橋まで、金子の4号車に乗りあげるかたちで落車。

 結果、入線順は51876となり、1着入線の圭一郎は審議になったもののセーフで、5-1-8で決着したけど……

 ほんとに高橋貢はだいじょうぶだろうか。はげしく心配。金子だって、骨折くらいしてておかしくないし。そのくらい、最近にないくらいのはげしい落車だった。

【1.1追記】
高橋も金子も入院することはなく、自宅にもどったとのことでひと安心。ただ、高橋は全身打撲だそうで、しばらく欠場がつづくかも。

2016.12.31(17:29)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 またしても、年末恒例のSS王座決定戦。

12R SS王座決定戦 5100m 10周回 0mオープン

1 荒尾   聡 飯塚 27期 35歳 デフジャム23
2 青山 周平 伊勢 31期 32歳 ハルク・73
3 高橋   貢 伊勢 22期 45歳 Rウルフ
4 金子 大輔 浜松 29期 36歳 Rマキロイ1
5 鈴木圭一郎 浜松 32期 22歳 カルマ3K
6 新井 恵匠 伊勢 30期 32歳 ミタケ2
7 永井 大介 川口 25期 39歳 ビズビム
8 松尾 啓史 山陽 26期 38歳 ラディカルV

 去年からの連続参戦は青山と永井だけ。去年いた中村雅人は自落、キムタケは反妨、藤岡一樹はFで消えるという、ある意味で波乱の展開になった道中。そのぶん、荒尾が復活して、松尾は2度めの優出かな。そして新井が初出場初優出。

 意外にも5場ぜんぶからメンバーが集まった(去年は伊勢崎と川口がいなかった)けど、船橋勢の4人を差しひくと、川口はゼロ。

 個人では、永井が9年連続。高橋は去年乗れなかったんで、連続記録がとだえちゃった。青山は現在年間勝ち数記録を更新中で、きょうも勝つと「87」になるのかな。

 展開はどう考えても、青山が中心になるよねえ、今年は。ただ、相手がむずかしい。

 高橋がきのう、イマイチの出来だったでしょう。圭一郎はずっとイマイチだし。むしろ、きのう仕上げてきた荒尾と永井のほうが気になるけど、このへんは試走を見てから考えますかね。

 ということで、発走は17時。ナイターですね、すでに。

2016.12.31(09:53)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 毎年恒例のSS王座決定戦、公開枠番抽選の結果。

 こんな感じで、速記だから正確なのは、あとでオフィシャルでどうぞ。( )の数字は得点順位=枠番抽選の順番。

2 青山周平(1)
3 高橋貢(2)
1 荒尾聡(3)
4 金子大輔(4)
5 鈴木圭一郎(5)
6 新井恵匠(6)
7 永井大介(7)
8 松尾啓史(8)

 青山が待機行動で動いたものの、あとは枠なりですね。荒尾はスタート勝負。きょう、大外枠からスタート0.05ではりこめたんで、夢よもう一度ってことかも。

 予選道中を振り返ると……

 今回はトライアルが4走だったんで、最後の勝負駆けがあんまり勝負駆けにならなかった反面、初登場の新井恵匠がコンスタントに着を稼いだのが印象的。終わってみれば初出場で初優出ですから。

 そうだ、永井は2着だけど、勝負駆け成功なんでした。結果だけ見ると、4着でもよかったんだけどね。

 あとはもう、圭一郎と青山のふたりの世界が印象的で。(^^;

 トライアル4走とも同じレースで、青山が1着、圭一郎3着の結果。こーいう予選道中もめずらしいんじゃないでしょうか。

2016.12.30(17:29)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 ただいま12R締切17分前。

 枠順をアップする準備をしてて、現状のメモはこんな感じ。

早川清太郎
1着で5.00 2着4.50

永井3着で5.25 4着5.00 5着4.75

岩崎 亮一
4.00

青山4着以上でトップ通過

抽選順

 青山周平
 鈴木圭一郎
 高橋貢
 荒尾聡
 金子大輔
 新井恵匠
 松尾啓史
 永井大介
 早川清太郎

 実質7人が決まってて、12Rの試走が終わった段階で8人めのボーダーは永井と早川。岩崎にもごくわずかに目があるのかな。

 さあどうなりますか。どきどき。やっぱり準決がいちばんおもしろいっす。

(つづく)

【追記】
結果、青山1着、永井2着、圭一郎3着。これで永井が8人め。

2016.12.30(16:31)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きのう、発表になりました。こちら

 特筆すべきは、これでしょう。各場1位。伊勢崎が青山周平(S1)、川口が中村雅人(S2)、浜松が鈴木圭一郎(S3)。

 つまり、船橋所属をうけいれた3場では、その移籍組が1位を独占して、しかもS級上位3位までも独占しちゃったってこと。これが船橋魂ですかね。すごいすごい。船橋最強伝説はまだ継続中というか。

 サトマヤはとうとう初S級でS44。この半年、成績にムラがあるとはいえ、やっぱりGII制覇が大きかったんでしょう。ハンデも最重ハンにもどったし。

 逆に益春菜はA級落ち。それをふくめて、32期女子は藤本梨恵以外はA級。

 川口では、最近ずっと確変中の黒岩明がS17と大躍進。川口だけで見ても、5位ですか。 この勢いで、SGとかとっちゃったらおもしろいんだけど。

 反対に、釜本憲司選手は出走回数不足でなんと最下位になっちゃった。体調でもくずしてるんだろうか。とても心配であります。まあ、規定を満たせばすぐA級に復帰できると思うけど。

 川口以外では……山陽1位が丹村飛竜っていうのが意外。てっきり浜野淳だとばかり思ってたのに。

 有吉辰也はA35までもどってきた。あと1年くらいでS級復帰もあるかも。反対に、東小野正道はA級に落っこち。うーん、なにやってんだかねえ。

2016.07.30(11:22)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR