FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 けさ、朝刊の書評欄を読んでいたとーこちゃんが、「この本、うちにある?」と、聞いてきた。

 見ると、河出文庫でホルヘ・ルイス・ボルヘス『幻獣辞典』が復刊されたとのこと。

denjyu01.jpg

 河出文庫の当該ページはこちら。

 ふーん。たしかに、こーいう作品は時代をこえてうけつがれるべきだけど、なんでこのタイミングなんですかね。そのへんはよくわかりませんが。

 ともあれ、もちろん持ってるよ-。それも2冊。ということで、アンブローズ・ビアス『悪魔の辞典』やクラーク・アシュトン・スミス『魔術師の帝国』といった、同時期に買った宝物的蔵書がならぶなかからひっぱりだしてきた。とはいえ、1冊は処分したらしく、出てきたのはこの1冊だけ。

denjyu02.jpg

 当初は晶文社が出してたんだよね。

 それはいいんだけど、奥付を見ると、驚愕の数字が。

 87年3月発行の第23刷になってるじゃありませんか!

 あれー、これを買ったのは75~77年ごろなんだけどなー。同時期に、上記の作品なんかも多数買ってるんで、まちがいない。つか、87年には、この種の作品に対する興味は、すっかりなくなってたし。

 さらにいっちゃえば、『機動戦士ガンダム』で、ア・バオア・クーって名前が出てくるわけだけど、80年のオンエア時、この名前はもちろん知ってた。『幻獣辞典』に出てくるから!

 なのに、なぜ87年発行の本と入れかわってるんだろう?

 おそらく、2冊あったうち、処分したほうが最初に買ったやつだったんだろうけど……そもそも、なんで2冊持ってたのか、そこが不明。資料として必要になったとき、見あたらないんで買っちゃったのかも。

 あるいは、87年っていうと事実上、当時勤めてた会社に住んでた(笑)時期なんで、神楽坂の深夜プラス1あたりで見かけて、懐かしくて買った可能性もあるかな。

 まあ、いまとなっては推測するほかないわけですが。

 なんだか、年をとってくるにつれて、こーいう記憶と事実の違いみたいなのが、どんどん増えてくる気がする。そのうち、信じられるのは、このブログの記録だけになったりして。実際、最近は過去ブログで時期を確認したりしてるし。

 恐ろしいことであります。

2015.06.14(15:58)|小説・本コメント:(0)TOP↑
 おもしろい世の中になったもんで。

 知らなかったんだけど、こんなもんが電子出版で復刻されてるのね。「BookLive、『伝説巨神イデオン 接触篇&発動篇』の劇場版パンフレットを電子復刻版として独占配信」というお話。ほほう。イデオン劇場版がリバイバル上映されたんですか。なるほど。

 この映画はもちろん、公開初日に映画館で見ていて、パンフレットはいまもあります。

ide001.jpg

 こういうやつ。かれこれ、33年くらい前? なんともなつかしいっす。

 で、なかを見てみると、これがなまらかっこええ。

ide002.jpg

 イデオンの最期のイラストとか、描きおろしですよ。たぶん。

 センターには、観音開きでこれ!

ide003.jpg

 ガンドロワの向こうにあらわれるバイラル・シン! ソロシップちっこい。(^^;

 後半は思いきりだれてますが、たしかにいまでも一見の価値があるかも。って、まだ売ってるのかな? よくわかりませんが。

 イデオンかあ。VHSは持ってたけど、DVDはないんだよなー。そのうち、機会があれば、もう一度くらい見てみたい気もします。はい。

2015.03.18(17:31)|小説・本コメント:(0)TOP↑

 なんというか、重厚なドラマでした。重くて、厚い。文字どおりじゃん。(^^;

 公式サイトはこちら。KEIRIN.JPでも、プロ麻雀協会のサイトでも宣伝してるから、見ないわけにいかなかったというのもありますが、見てよかったっす。

 伊集院静さんのことはおいといて、とにかく阿佐田哲也の大きさっていうのが、みごとに描かれていたというか。まさに西田敏行という稀代の名優に、阿佐田哲也が憑依した作品でありました。

 役者はみんな芸達者だし、小島武夫ご本人が出てきたりというサプライズもあったし、ほんとに濃密な2時間(CMをぶっとばしてもそのくらいの長尺)だったなあ。いやあ、いいものを見せてもらいました。

 風の便りで、弥彦ではずいぶん大勢のエキストラが集まったと聞いてたけど、たしかに。登場した4場のなかで、いちばん脚が多くうつってた感じで。

 残念だったのは、競輪のユニフォームが現用の9車9色だったこと。たしか、豊橋にはレトロ・ユニフォームが現役でのこってたはずで、それを使ってもらいたかった。まあ、新幹線ものぞみだったし、細かいところはドラマの予算じゃむずかしいのかもしれないけど。

 あと、麻雀業界からは、小島御大のほか萩原聖人さんも出てきて、なるほどっていう感じだったのに、競輪業界からはだれも出てこなかったのも残念。でも、無理か。選手が出てくるってのも、おかしな話で。予想屋は? だめだよね、やっぱり。


2013.09.16(11:36)|小説・本コメント:(0)TOP↑
 ITMediaが速報を打ってた。「レイ・ブラッドベリが死去」という記事。

 読売あたりも記事にはなってるようで、ゆうべわかったらしい。でも、くわしい報道はなし。91歳とのこと。

 うーんと、ブラッドベリっていうと、やっぱり『火星年代記』にとどめを刺すでしょ。あとは短編集。『スは宇宙のス』とか。年代記も短編集だから、私としては短編作家のイメージなんでしょう。つか、『華氏451』はたぶん読んでないと思うし。

 あと、やっぱりキャナルだな。火星年代記あっての宇宙年代記っていう側面は、たしかにあったから。私にとっては、宇宙年代記が先ですが。

『たんぽぽのお酒』は、たしか萩尾さんで読んだような。山岸凉子さんかな?

 ある意味、わしらより5~10歳くらい上の人にとって、より思い入れの強い作家なのかも。

 合掌。(-人-)

2012.06.07(09:09)|小説・本コメント:(0)TOP↑
 義母の法事で、金曜の夕方から、十日町に行ってきた。木の芽食えた。へぎそば食えた。以上。

 ではなくて、古い友達ともほんの少々会ったりもして、ゆうべ帰ってきたんだけど、それはまたべつの話。

 今回はとーこちゃんと別行動なので、電車の往復が暇ということで、駅でぼんやり買った雑誌がこれ。

maru6.jpg

 潮書房の雑誌『丸』。創価学会系の潮出版社じゃなくて、戦記ドキュメンタリー専門出版の名門、潮書房の『丸』ね。

 なんつーか、ぼんやり読むっていうと、こーいうのが多いわけです。昔から。90年代後半からしばらくは、PC関係の雑誌が多かったけど、またもとにもどった感じで。

 なかでも、『丸』は小学校4年くらいのとき、生まれてはじめて定期購読した雑誌(笑)なので、けっこう愛着があるというか。最初に買ったのは、たしか戦艦『陸奥』か『長門』の副砲がひきあげられたニュースが載ってたやつで、表紙も錆びついた副砲だったのを、鮮明におぼえていたのして。ヽ( ´-`)ノ

 そういえば、1月、義母が亡くなったときに買った雑誌はこれだった。

kan3.jpg

 これでした。海人社『世界の艦船』。『世界の艦船』はいまも年に1回くらい買ってるな。

 そーいう意味では、この45年間、揺るぎない趣味ということになるような。(^^;

 ちなみに、ひこーき関係はここ25年、ほとんど買わなくなったのです。開発機数が激減して、重スミが増えたため、飽きちゃたもんで。あと、いまはネット経由でFlight Globalが読めるから、ニュースソースとしてはこっちのほうが上だし。

『丸』については今回、資料をいくつが発掘したので、近いうちにいずれまた。
2012.05.20(12:49)|小説・本コメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR