FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 恐れていたニュースが。・゚・(つД`)・゚・

 オフィシャルの「Team DATE退団のお知らせ」。・゚・(つД`)・゚・

 まあ、覚悟はしてましたよ。だからこそ、去年暮れの時点で、あえて「Team DATEはなんとしても再編成というか、4人で復活させてほしい。これもアイス再浮上の鍵として、必須だと思います」って書いたわけで。

 でも、願いはかなわず。

 3月の千葉リボンのポスターから4人の姿が消えたので、そろそろ発表するのはわかってたけど。ね。女子プロレスの場合、たとえば優華みたいに、理由を公表しないで消えるケースも多いから、それよりはマシではあるんですが。

 まず、華。大晦日の年越しプロレスで、黒い三連星が登場したとき、なかの人たち、とくに鈴木秀樹あたりはマスクの下で、ちょうど「大山倍達の憑依が終わった後の、やりきった感いっぱいの華」みたいな顔をしてるんだろうなと思ったりしたのを思いだしちゃった。そのくらい、華のパフォーマンスは魅力的だった。

 法。いちばんプロレスに適性があると思ってたのに、ケガで最初に離脱して、とうとう再起はかなわなかったか。

 直。直は残留するんじゃないかと思ってたけど、やっぱり無理だったらしい。ある意味、理由がいちばんわからないまま、欠場にはいっちゃったからなー。

 そして、なにより華蓮。華蓮だけはプロレスにすっかり染まってたから、DATEの名を捨ててでもアイスにとどまると思ってたし、実際いぶちゃんあたりもそう信じてたみたいで、これは残念としかいいようがない。

 華蓮だけは、高校を卒業する時点でもどってくるかもしれないけど、あとの3人は無理なのかな。スターダムに転出とかしたら縁を切るけど、ほかにスポット参戦するようなら、まだ応援したいと思います。

 去る者がいれば、復帰する者も。長崎まる子改め「まるこ」が、2.17板橋ホール大会で、復帰というか、いたプロでのデビュー戦を勝利で飾りました。ぱちぱち。

 もうアイス所属ではないけど、いまいちばん「プロレスでハッピー」を体現できるのはまるちゃんだと思っているんで、新天地でまた羽ばたいてほしいと思います。そして、いつかまた、マブダチも再結成してほしいもの。いつかきっと。

 最後。あした3日の朝、Eテレのミニ番組で、星いぶきがフィーチャーされるとのこと。録画しとかないとね。ミニ番組なんで、録画できるかどうか微妙だけど。

【追記】
とりのすシンさんのブログ『ガトーアイス・チョコパ!』でTeam DATEに贈る写真特集が掲載された。「Team DATEに花束をI~IV」というエントリー(リンクは「I」)。これは悲しいけどすばらしい。

それにしても、みなさん、やっぱり覚悟はしてたんだよね。とはいえ、「華蓮だけは」とか「華蓮と直だけは」みたいな期待があったのもたしかで。

まあ、これも女子プロなんで、受け入れるしかないし、華をふくむ3人がほかのリングに参戦する可能性も(かなり)あるから、それがスターダム以外だったらまた見守りたいと思います。

結果論だけど、アイスとしては、まるこを失ったっていうだけで終わっちゃったわけで、これはすごく痛いよねえ。ほかに浮揚するようなファクターもまったくないし。どうも凋落に歯止めがかからない。

ああ、3.31後楽園ホールにパンダがくるのか。でも、それが浮揚策っていうのは、むしろ悲しいもんね。バニーの転向に賭けるほかないか。それもさびしすぎるし。う~ん。

2019.03.02(10:43)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 最初はなんかのネタかと思ったけど、どうやらマジみたいで。

 Yahoo!ニュースの「アイスリボン・世羅りさと大日本・宇藤純久が電撃結婚 夢は夫婦でデスマッチ」っていうトピックス。本家の東スポwebにはまだ掲載されていないんで、掲載されしだい貼りかえます。

 東スポ出た。こちら

 ということで、相手は大日の宇藤純久! 出会いはやっぱりあの因縁の北海道合同興行! 以前、大畠さんの結婚が発表されたときか……これこれ。大畠さんの結婚でつっかも格差婚を狙えって話。ここでも出てきた北海道合同興行。

 しかし、宇藤ですか。きのう、ちょうど17年の年越しプロレスを見なおしてたんだよねー。そこでのチーム・ジークジオン(木高イサミと宇藤)のやりとりがまた大うけで。「俺がこう担いでおまえ(宇藤)がこう担いで、2歩下がって、投げる!」ってやつ。まあ、それはどうでもいいんですが。ヽ( ´-`)ノ

 その宇藤ですよ。去年はデスマッチ路線に転換して、巨大扇子でばかっぷりを披露したものの、いまいちつきぬけられない4年め。

 本来はDDTの樋口和貞と組んで、大型タッグでやってほしい選手なんで、デスマッチ転換はどうもピンとこなかったんだけど、まさか背後に世羅ちゃんがいたとは。ヽ( ´-`)ノ

 でもまあ、大型同士で定番の格差婚だし、けっこういい感じのカップルじゃないかと思います。なんだかんだいって、宇藤は好きな選手だしね。ジークジオン。

 しかし、きょうの横浜ラジアントはどんでもないことになりそうだな。絶叫する世羅ファン、号泣するつっか。それを煽るハムさん。ヽ( ´-`)ノ

 途中、5人かがかりのトレインがはじまるほうに1億ガバスですね。これは。

 それにしても、また先を越されたつっか。(´・ω・`)

 だーから、去年じゅうに野村卓矢を捕まえとけばよかったのに。(´・ω・`)

 やっぱり、あの北海道合同巡業って、なにかか起きそうだったんだよね。ヽ( ´-`)ノ

 そーか、世羅ちゃんが大日に入りびたってたのは、平成極道がいたからじゃなかったんだ。なるほどねえ。

 ということで、横浜リボン、すでに開場しております。

【1135追記】
ぎゃっ! Yahoo!の記事が削除された! つまり、東スポでリリースされる前のフライングだったってこと。もちろん、全文をコピーしてあるけど。ヽ( ´-`)ノ

でも、にはお祝いの言葉が続々とよせられてるし。

これはまたますます混沌としそうな横浜ラジアント。(´・ω・`)

【1205追記】
冒頭に入籍報告だって。あらためて、世羅ちゃんおめでとー。つっかには、かける言葉が……(笑)

あ、大日のオフィシャルも発表した。これが正規のタイミングだったんだ、やっぱり。

そうなると、Yahoo!のフライングは悪質だな。狙ってやったのは明らかで。

【1400】
で、横浜リボン。注目の世羅&つっか&もちvs雪妃&みやここ&ハムさん。やっぱりトレイン攻撃をうけた。ヽ( ´-`)ノ

でも、いちばんキレたのはユキだったそうで(爆)。世羅ちゃんを「裏切り者」呼ばわりしたあげく、「上がつっかえてんだよ」と、思わず年齢をばらしそうになったらしい。(´・ω・`)

年齢非公表だけど、ぢつはアイスの選手では、上から6番めだし。あ、いっちゃった。(^^;

ほかの試合では、すずがまたしてもジャーマンで朝陽を返り討ち。久々、きゅーと本間多恵の「ぐりーんぴーす」vsコマンド・ボリショイ&うの氏のオンリーギブアップ戦は、きゅーがうの氏を仕留めた。

よしここvsテキーラのヤンキー対決は当然よしここの勝ちながら、ヤンキー同士で意気投合したとのこと。そうだよなー、本人は否定してるけど、テキーラはだれが見てもヤンキーだもんね。

メイン。クロスインフィニティ次期挑戦者決定巴戦は、つんつくが勝ちぬけたらしい。うーん、妹加が負けるのは想定外だったなー。

2019.02.09(11:35)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 ベースボールマガジンwebのこの記事が出色。

「歌って踊れてゆるくて、強いチャンピオン! アイスリボン・弓李&尾﨑妹加が貫く、げこむす流!」というタイトルのロングインタビューなんだけど……

 これがもうGEKOKU娘らしさ全開で。ヽ( ´-`)ノ

 きゅーの挙動不審っぽさと妹加のクセ者ぶりがあますところなく表現できてるというか、よくこうやってまとめたよね。ライターの人、かなり偉い。

 しかも、アイスやげこむすのことをよく知っていて、愛情を持って接してるのが伝わってくるんですよ。この記事はおみごとです。

 あと、生焼けことバーローの空振り感がものすごくて、そっちもおみごと。(´・ω・`)

 バーローについては、「正社員なんだから、やってあたり前だろ」とか、「兼業歓迎で団体のエースからして兼業なのに、そういう団体ポリシーを尊重しないなら、発言する前に退団しろよな」とか、いろいろ思うところがあったもんで、そういう意味でもこのインタビューはカタルシスにあふれてました。はい。

 ひとつだけ、残念なのは、「きゅう」じゃなくて「きゅー」または「キュー」が正しい表記なので。そこだけ指摘させていただきます。(^^;

2019.01.22(11:12)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 そういうわけで、大晦日の昼間はアイスリボン後楽園ホールRIBONMANIA。

 今回はかなりいろんな話題があるけど、まあ淡々と。まず、観客がすごい。北側もほぼ満員で、これは確実に去年の1236人を超えてるでしょう。

 そのなかで第1試合は「練習生すず」改め「鈴希すず」のデビュー戦。うーん、安直な名前だ。(^^;

 発案はみやここで、賛同したつっかがこの字をあてたとか。なんでみやここなんだよ。

 そのすず、なんと因縁の(笑)自転車で入場したそうで、どこまで新人ばなれしてるんだか。

 結果はおおかたの予想どおり、すずの勝ちだけど、フィニッシュがジャーマン・スープレックスホールドっていうのが、やっぱり新人っぽくない。このへん、賛否がわかれるかもしれませんが、それだけ大物感が漂ってるんだよね。

 似てるわけじゃないけど、なんとなく井上貴子のデビュー当時を彷彿させるような気がします。あまりに昔のことなんで、すっかり忘れてるんだけど。(^^;

 負けた朝陽。まだ未勝利で、後輩に先を越されたけど、これはアイスではよくあることで、腐らないでほしい。あの弓李先輩だって、未勝利のまま優華のデビュー戦で負けたりしてるんだから。ある意味、朝陽はきゅーの直系の後輩なわけで、気にしない気にしない。

 第2試合、くるつく安納特攻隊長vsあかねトトいぶ有田ひめかの8人タッグ。アクトレスの有田ジャンボひめかはアイス初登場。

 意図がはっきりしない試合で、なんなんだろ、アクトレスとの交流戦みたいな感じなのかな。よくわかりません。結果はくるみがダイビング・ボディプレスでジャンボを潰したとのこと。たしかに、くるみvsジャンボっていうところだけは、多少は意味があるかもね。

 第3試合、鈴木秀樹がらみ。プラス、テツとジュリアの泥仕合で、正直どうでもいいんだけど、いちおうリボン勢が鈴木をリング下で袋だたきにしてるあいだに、ジュリが蜘蛛の巣でテツを捕獲して、ギブアップ勝ちとのこと。こんどこそ、鈴木は消えろ。アイスには鈴希すずがいるんだ。ヽ( ´-`)ノ

 第4試合、トライアングルリボン。趙雲さんvsみやここvsうの。ここは大波乱の展開。みやここが連れてきた大日のフランク篤が急遽レフェリーをやることになって、案の定そのフランクが悪のかぎりをつくし、業を煮やした本来のレフェリー、バニー及川がフランクを排除したあと、ダイビング・ボディプレスでみやここをピン!

 ということで、バニーがトライアングル王者になっちゃいましたー。(´・ω・`)

 しかも、バニーはレスラーに転向すると宣言!

 おお、これは予想の斜め左上ですよ。たしかに、プロサーの優等生だったそうだし、試合中、みやここに放つドロップキックはアイスでもいちばん美しいと評判だったから、これはいい選択じゃないでしょうか。

 そうか。文体の直前、「これが文体最後のレフェリング」っていってたのが気になってたんだけど、こういうことだったのね。

 ただ、MIOが産休にはいってレフェリーが手薄になるんで、しばらくは兼業なのかな。って、それじゃフランクとおんなじじゃん。(^^;;;

 一方そのフランク篤、1.5フランクシスターズ興行では顧問として正レフェリーに決まってるけど、ここでまたみやここと絡むのかな? たしかに、みやここの相手なら、フランクなんかのほうが適してるけどね。とはいえ、できたらレスラーとしては登場してほしくないものであります。アイスにはティーンズ・レスラーも数多くいるんだから。ヽ( ´-`)ノ

 第5試合。世羅と志田の決着戦。これは世羅のリクエストでTLCルールに近いハードゴア戦になって、ものすごい好試合を演じたあげく、世羅がシュバインバスターon the ラダーで志田を葬ったとのこと。この試合は見てみたいですね。

 これで決着になるのか、今後も名勝負数え歌がつづくのか、そのへんもふくめて興味深いんで、これは続報を期待したいと思います。

 ここから後半戦。

 セミファイナルはリボンタッグ。らぶっちゃvsGEKOKU娘。

 一時のもやもやをふっきってからの弓李は勝負強くなって、げこむすでも自分がフィニッシュを決めることが多くなってる。今回もハムさんがフィニッシュにきたところをネ・コヒストラルでまるめこんで、とうとうほんとの下克上達成!

 ハムさんまた同じ手にひっかかった。(´・ω・`)

 予想どおりとはいえ、これは嬉しい。なにより、きゅーがスリーをとったのが嬉しい。しかも、猫子さんのスペシャルホールドで。

 これで今夜はげこむすで祝杯ですねー。ちなみに、きゅーはこないだのクリスマス・イベントで、中ジョッキ8杯相当の生ビールを飲んでけろっとしてたそうで、そーいう意味でも恐ろしい。(^^)

 メイン、クロスインフィニティ。つっかvs雪妃。

 これも下馬評どおり、雪妃が20分超のセメントマッチを制して、タイトル移動になった。

 ま、しかたないっしょ。大晦日はタイトル移動率が高いわけで。つっかもけっこう負けてるし。

 メインはどうでもいいです。きょうはやっぱり、きゅー、すず、それにバニーがMVP。ヽ( ´-`)ノ

 なお、観客は1179人でした。あれま、去年にもとどかなかったのか。

【1800追記】
志田ちゃんはこれでアイスとの関わり終了を宣言した一方、世羅ちゃんはまだまだやる気まんまん。今後は志田興行や爆女王で絡んでいくことになるのかも。このふたりの戦いは、何度でも見たいっしょ。

それについての世羅ちゃんのツィートが泣かせる。こちら

・゚・(つД`)・゚・

いつかきっと。

まさか、世羅ちゃんまでこの言葉を使うとは。・゚・(つД`)・゚・ ・゚・(つД`)・゚・

*知らない人のほうが多くなってると思うから、いちおう解説。『いつかきっと。』はつっか&志田ちゃんのユニット「マッスルビーナス」で発売したCDのタイトル。映画『スリーカウント』のテーマ。さらに、2014年3月30日、所属ラストマッチのつっかvs志田戦のあと、ふたりでリング上で、「いつかきっと」と、誓いあったという重い歴史のある言葉。つっかは忘れたふりしてるけど。(^^;

閑話休題。

次。リング下で鈴木秀樹をフルボッコにした張本人は、どうやら藤田あかねだったらしい。(´・ω・`)

はい、藤田あかね残留。ヽ( ´-`)ノ

次。安納も本間もジャンボも、しっかり見せる仕事をしたようで、それはなによりなんですが、アクトレスといえば、万喜なつぽい。退団後のブッキングの報告を怠ったっていう理由で、ビギニング最終戦が欠場になっちゃったんだけど……

いいんじゃない。堀田さん、ここは鷹揚にっていう感じがしなくもないっす。

実際、翌日のWAVEは出場、大晦日のディアナは欠場って、なんか新旧で対応がわかれてるのが残念。

今年1年のしめくくり、こんなところでしょうか。

2018.12.31(14:47)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 29日のWAVE後楽園ホール大会で、史上最高の女子ユーティリティ・レスラー大畠美咲が引退しました。

 きのうアップしたかったんだけど、各社お休みで記事がなかったので。ゆうべ、やっと出たのがバトル・ニュースの2本、「【試合結果】12・29 WAVE後楽園ホール大会」「“衰え知らずのFカップ”大畠美咲が引退試合で異例の王座戴冠! 全盛期で引退というものを証明できた」の2本。

 なんと、この興行はWAVE初の後楽園ホール1000人超の1137人を動員!  引退試合で団体最高ベルト戴冠は史上初!

 さすがは大畠だねえ。

 ちなみに、上記見出しのFカップというのは嘘で、ぢつはEだと、つい1週間前に松本ひろよんが暴露してましたが。ヽ( ´-`)ノ 

 そのひろよんはいち早く、ブログで大畠のことを讃えてました。こちら。結局、大畠のいちばんの盟友はひろよんだからね。次がつっか、3盤めはチサコかな? 美央たんのことは、最初すごく嫌ってたそうだから(これは美央たんが暴露)。または、獅子の穴でいっしょだった華子? このへん、とのくらい中がいいのか、外からはわかりませんが。

 というような話はおいといて。

 しかし、引退試合でレジーナを奪還しちゃうとはね。7割くらい、そうなると思ってはいたものの、実現するとやっぱり壮挙です、これは。

 引退式では、記事にある息吹・吉田さんたちのほか、植松さんなんかも来場したとのこと。

 あと、このヤッペーマン1号・2号のマスクはどういう意味なんだろうと思ったけど、たぶん3号が初登場した時のやつですね。

 大石は登場しなかったけど、じつは花道でずっと見ていて、最後に握手したとのこと。あの中西百重の引退興行みたいになったら、大石を暗殺しようと思ってたんだけど(嘘)、そのかわり、大石の母親が登場したんでしょう。きっと。最後まで冷静な大畠らしい捌きでありました。

 というわけで、大畠がいなくなっちゃったよー。(TnT)

 しばらくは喪失感がつづくんだろうな。

 でも、プロレスはきょうもあしたも流れていくわけで。きょうは大晦日恒例『RIBONMANIA』であります。

【追記】
そうそう、こないだ、「別冊バトルメン」で大石とタンクの対談っていうのをやっててね。なんでも、大石はプロレスラー・大畠美咲が昔から好きだったんだって。ヽ( ´-`)ノ

タンクにも「それは気持ち悪い」っていわれてたけど、それじゃしかたないね。許してやろう。ナンダカナン。ヽ( ´-`)ノ

2018.12.31(12:39)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR