FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 しつこく第3弾。今回はアップなど。

sd018.jpg

 よくありがちなアングル。

SR71

 こーいうのとか、

F117-2.jpg

 こーいうのとかのイメージで。

sd019.jpg

 思いっきりあおり。アングルによって、長射程砲の砲身角度がいろいろ変化して見えるのがおもしろい。もちろん、固定してあるんですが。

sd020.jpg

 コクピットから宙賊旗にかけて。いちばん、いじくった部分。

 そういえば、カブリオレということで、キャノピーのうしろ半分は削除しちゃったわけだけど(脳内設定では、着脱可能ということで)、前半分もスモーク仕様に変更したのでした。

 理由。エネルギー砲をぶっぱなしたら、あまりにもまぶしそうなんで。ヽ( ´-`)ノ

sd021.jpg

 宙賊旗アップ。機体番号は4なんだけど、旗その他の番号は2だったりする。これはたぶん、第4飛行隊の2番機なんでしょう、きっと。

 機体表面をいろいろいじくった結果、やや粗い部分がある。これは途中から気づいたものの、なんとなく初期のビートル機とかウルトラホークっぽいんで、これはこれでいいかということで、あえてヤスリがけしませんでした。汚しすぎたのも、そのまんまに。

sd024.jpg

 コクピットのアップ。むだに相当ディテールを追加してたりする。そのわりに、シートはまんまなので、ここにファインのナノアヴィエーションを載せる予定。きょう出荷予定だから、今週中にはとどくのかな?

sd023.jpg

 これまた、よくありそうなアングルで。

 そーいえば、デカールの文字をよーく見ると、なんとドイツ語だったのですよ。アルカディアは公用語がドイツ語だったんだろうか? てなことはどうでもよくて、このデカールを見て「ドーラ・カブリオレ」という名にしたのであった。
2012.04.16(19:34)|スペース・ドーラコメント:(0)TOP↑
 ひきつづき。つか、ぢつは3まであって、そのあとメイキングまでつづくという。(^^;

sd011.jpg

 ふつうなら「士の字」というところ、これは「土の字」で。土にも見えないか。

 長射程砲は機体中心軸に対して平行じゃなくて、数度内側よりがデフォルト位置で、だいたい5000ないし10000m前方で軸線と交差する設計。俯仰角・左右とも数度ずつ可動するらしい。

sd012.jpg

 リアビュー。胴体下面についてるのは、インテークもあるし、大気圏内飛行用のジェット・エンジンなんだろうか? でも、それ用の燃料を搭載する余地はないような。(^^;

sd013.jpg

 戦闘機でいちばんいいアングルは、これじゃないかと思っとります。なので、ここから宙賊旗がよく見えるようにレイアウト。

sd014.jpg

 翼部と長射程砲の塗装とマーキングが、いちばんわかるっぽいアングル。けっこうこまごまと、デカールを貼ってあります。

sd015.jpg

 ここからはマーキングを中心に。宙賊だからって、髑髏マークはあまり好かないので、最小限ということで主翼上面だけ。あとは「違いサーベル」(笑)の意匠に統一。

sd016.jpg

 真上から。なるほど。旗のなびき方がよくわかったりして。

sd017.jpg

 下面。コーションはあちこちにあるものの、マーキングはほとんどなし。ジェット・エンジン・ポッドのインテーク部に、アクセサリー・デカールを追加したくらい。

(つづく)

2012.04.15(19:16)|スペース・ドーラコメント:(0)TOP↑
 そーいうわけで、写真を無数に撮ったので、そのなかからまともそうなやつをいろいろ。

 まず、左真横から。胴体がえらく太く見える。

sd003.jpg

 長射程砲にやや仰角がついてるのは、水平だとビームが前翼をかすりそうだから。(^^;

sd004.jpg

 パネルごとの塗りわけなんかも、かなりやってるんだけど、ぜんぜんわからん。(^^; めずらしく、ちょっくら汚しを入れたのが敗因かも。

sd005.jpg

 たぶん、いちばんいいアングル。

sd006.jpg

 このへんから見たイメージを想定して、長射程ビーム砲や射撃管制装置、旗を配置。

sd007.jpg

 このへんからだと、ベースになったスペースウルフに近いフォルム。

sd008.jpg

 さらに前部から。構造上、胴体内に燃料(つか、噴射触媒)を搭載するスペースはほとんどなさそうなんで、翼下のタンクは増漕というより、正規の燃料(触媒)タンクと見たほうがよさそう。

 当初は、このタンクをはずして、長射程砲と射撃管制装置を懸下しようとしたんだけど、それじゃ航続時間が20分くらいになっちゃいそうなんで、翼上面に配置することにしたのでした。

sd009.jpg

 こんどは右側やや下から。下側垂直尾翼の雲形のマークは、ファインの1/72Xウィング・ファイター付属のR2-D2の頭部デカールだったりして。ほかにも、Xウィングのデカールは数カ所流用。

sd010.jpg

 右後方。重心がかーなり後方にかたよってて、宇宙機じゃなかったらコントロールできないでしょう。そのぶん、ノーズを長くしてあるのかな?



2012.04.15(18:35)|スペース・ドーラコメント:(0)TOP↑
 2月アタマの段階で、造型はできあがっていたスペース・ドーラ・カブリオレですが、3月末(25日)にやっと完成したのでした。

sdc0001.jpg

 2月にこーいう感じでいったん塗装したものの、もうすこしカブいたカラーリングにしたいと思い、マスキングをはじめたのが運のつき。

sdc0002.jpg

 この銀ムクもかっこいいんだけどね。結局、インストの塗装例なんかも参照して、こーいう感じでフィニッシュということに。

sd001.jpg

 なんか、いい感じでカブいております。スペース・ドーラ・カブリオレ。

 完成してからの、この3週間は、カメラを買いかえてみたり、写真の撮り方を試したり、背景用のボードを見つけてきたりと、撮影関係でいろいろ試行錯誤してきたものの、あんまり進歩がないような。(^^;

 結局、オート+フラッシュありで撮ったこのあたりが、いちばん無難だったりして。

sd002.jpg

 どんな感じでしょうかね。

 ちなみに、100%完成ではなくて、来週末あたりに、ファインモールドの例のシートベルト、ナノアヴィエーション1/72が到着したら(5箱も買っちまった)、さっそく載っけてみるつもりなので、それをもって完全に完成ということにしたいと思っとります。

2012.04.14(17:20)|スペース・ドーラコメント:(4)TOP↑
 また間があいてしまった。まあ、とくに話もないから、書かないでもいいんですが。

 でも、生存証明みたいなもので。

 例のハセガワ1/72のスペース・ウルフ、いちおう、先週土曜日に完成してます。

dc015.jpg

 完成というか、工作はこれで終了というか。

 なんとね、キャノピーのうしろ半分、とっちゃいました。で、主翼上面にオリジナルの長射程エネルギー砲とその射撃管制装置を載っけて。

 名前は……

 スペース・ドーラ・カブリオレ!

 で、あります。やー、カブリオレでかぶいております。

 まあ、ラウム・ドーラでもよかったんだけど、そこまでドイツ語にする必要もないでしょう。

 それで、話を前回の終わりにもどして……

 コクピットまわりをディテールアップしていて、いつも思うのは、キャノピーを閉めると、ほとんど見えなくなるっていうジレンマなのです。これはだれでも経験のある話でしょう。だから、カット・モデルにする人なんかもいるわけで。

 だけど、航空機なら不可欠なキャノピーも、宇宙機なら、いらないじゃん! 

 空気抵抗は関係ないし、どーせ宇宙服着用で乗るんだから、コクピット内を与圧するのはむだというか。

 すくなくとも、海賊というか宙賊なら、コクピットむきだしのほうがかっこいいじゃん!

 てなことを、思いついちゃったわけですよ。

 さらに、与圧しないぶん、あまったエアを使って、宇宙空間で旗をはためかせちゃうのが宙賊魂でしょ!

 というので、さらに追加装備。

dc008.jpg

 宇宙空間で旗をはためかせる装置。UHHS。じゃん。ここ半月ほどは、せこせこと、これをつくっていたのであった。

 5つ開いてる0.4mmの穴から、微妙にエアを噴射して、強引に旗がはためいているように見せるわけです。旗は6×9mmほどで、0.3mmプラ板にデカールを貼ったもの。写真じゃわからないけど、微妙な曲面を描いております。ちなみに、掲揚索は0.2mmの真鍮線。

 つくり方。プラ板積層で厚さ1.3mmのブロックつくって、プラパテで段差を埋めて、プラカッターで外形を切りだし。あとはやすりでごしごし。サフ吹いて傷消して、またPカッターでスジ彫り。各種ピンバイスで穴開けて、0.2mm線と、基部に強度保証用.05mm真鍮線をしこんで、粘性瞬接で接着。

 旗はプラ板切りだして、遠火であぶって柔らかくし、かたちが決まったらデカール貼り。とーぜん、マークソフターは必須。完全に水分が飛んだら、すかさずトップコートで固定。以上。これで2週間。(^^;

 という感じで、改造は終わり。あとは塗装ですが。

dc021.jpg

 今週はいったん装備をおろして、絶賛マスキングちう。1日15分くらいしか作業しないので、ここまでやるのに5日かかりましたが、あしたあたりは追加塗装ができそうかな。

 
2012.02.11(12:45)|スペース・ドーラコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR