FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 これのつづき。

 どういう文庫かというと、これであります。

shonen01.jpg

 光文社の『「少年」傑作選』全5巻! 

 発行は1989~90年だから、ちょうど30年前。当時は時々あったんだけど、雑誌のページそのものを版下にして……よーするにコピーして縮刷版をつくるっていう荒っぽい方法で、雑誌掲載時の雰囲気を伝える企画っていうのかな、そーいうシリーズのひとつです。

 したがって、発行当時も当然ながら裸眼では読めないっていうしろものなんだけど、いまはルーペが発達しているんでなんとか読める(潰れてる文字も多いけど、前後関係から判読は可能)という、まさに2020年を前にした現在にぴったりな時間つぶしアイテムなのでありました。

 1冊あたり700ページあるし、中身はマンガだけでなく、図解や読み物、絵物語、特集記事などバラエティ豊富だから飽きない。とーぜん、10時間やそこらでは読みきれないわけで、これはいいものをストックしていたものだと、われながら感心することしきり。

 考えたら、買った当初も、究極の時間つぶしアイテムっていう位置づけだったんだよね。それが入院対策というかたちで生きたわけであります。

 で、第1巻は見てのとおり、アトム特集。だけど、そーいうわけでほかの読み物、マンガも多数収録されていて、これがことごとくおもしろい。一例をあげると、杉浦茂大師『ミスターロボット』とか、うしおそうじ大師『どんぐり天狗』、編集部編の企画もの『少年探偵手帳』、高荷義之という画伯の『戦争イラスト名作集』などなど。ね、宝の山ですよ。

 なかでも圧巻だったのが、小説。江戸川乱歩の『青銅の魔人』の解決編(連載5回ぶんくらい)。ここで明智小五郎シリーズの真骨頂を読めるとは、思ってもいませんでした。

 でも、もっとすごいのが次に控えてたんですね。それがタイトルの南洋一郎『密林の大怪船』という小説。これが珠玉の名品だったんだよね。

shonen02.jpg


 スキャナにかけると本がばらばらに分解しそうなので、こーいう写真で。クランプがここで役立つとは。ヽ( ´-`)ノ

 いわゆる少年たちを主人公にした冒険譚なんだけど、文章の流麗さが桁違い。直前に乱歩を読んだのに、それを上まわる筆致で、いっぺんにひきこまれてしまった。たとえば、

「見わたすかぎりずうっと左から右にかけて、まっかな火がぽっぽっともえあがっている。それがすさまじい烈風にあおられて、見ているうちにもえひろがり、はじめはぽつぽつの一点だったのが、たちまち巨大な火の一線となり、ひじょうな速力でごうごうとおしよせてくるのだ。猛火の祈祷だ。ほのおの大つなみだ」

 みたいな感じ。それはそれは圧倒的であります。

 この文章をルーペをたよりに判読していく作業が、なんというか至高のひとときに感じちゃうのが、またすごくって。ほんとに圧倒されました。はい。

 しかし、ここでひとつ疑問が。

(とーとつですが、つづく)

2019.11.16(19:16)|日々の雑感コメント:(8)TOP↑
お久し鰤ぶり~
よがちゅん。
お久し鰤ぶり~。
南さんの文章は、絵が浮かびますね。
文才のないよもぎとしては、読んでお手本にしたいもんです。
なぜ、ちゅん。なのかは、とーこちゅんに聞いてね。
ぷぷぷ。
From: よもぎ  * 2019.11.27 23:51 * URL * [Edit] *  top↑

ちゅんちゅん。よがちゅんです。ちゅん。
南洋一郎師を知ってたんですか。すごいなー。でも、だったら30年前に教えてくれればよかったのにぃ。
30年前っていうと、よもぎさんも20歳そこそこの小娘! 小娘だったのかあ。ちゅんちゅん。
From: よが * 2019.11.29 08:45 * URL * [Edit] *  top↑

ちゅんちゅん言ってる(笑)
と言うのはともかく、以前どこかで南洋一郎は天才ではないか、という話題で盛り上がった記憶があるんですけど、寄る年波で記憶の彼方でございます。
ポプラ社版の怪盗ルパンは南洋一郎の文だったからおもしろかった(私が子供の頃読んだのも、これ)のではないか、と。
From: 義妹の小出 * 2019.12.04 00:27 * URL * [Edit] *  top↑

よがちゅん。南さんは知りません。ペコリ。
文才がないから、誤解をしていまう文になってしもたんだてー。かんべんしてくんねっかねー。
と、よもぎはドラマ<同期の桜>に夢中らんだてー。
↑バツが悪いので話を変える、よもぎ。ペコリペコリ。
From: よもぎ  * 2019.12.05 00:05 * URL * [Edit] *  top↑

小出さま。ちゅんちゅん。

なんか局地的にはやってるみたいです。ちゅんちゅん。

南師のことは、少し上の漠さん世代はみんな知ってるんでしょうね。それに気づかなかった自分が迂闊でした。ちゅん。
From: よが * 2019.12.05 18:13 * URL * [Edit] *  top↑

よもぎさま。

いままでドラマってNHKのしか見てなかったんですけど、10月クールは民放のもいくつか見てます。つか、とーこちゃんが見るのにつきあってるんですが。キムタクのは展開がまるわかりだけど、そこそこおもしろいかも。デューンのは犯人が5秒くらいでわかっちゃうのが難点。ヽ( ´-`)ノ
From: よが * 2019.12.05 18:17 * URL * [Edit] *  top↑

とーこ
ちゅんちゅん言っているうちにディーンがデューンになってるて~。

南洋一郎は知らなかったけど、佐々木邦は好き。青空文庫で「苦心の学友」を呼んで懐かしかったです。
From: ディーンだて~ * 2019.12.06 04:56 * URL * [Edit] *  top↑

ディーンだてってだれだ(笑)。
From: よが * 2019.12.07 11:02 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR