FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 嵐と感動と涙のオールB級戦が終わりました >伊勢崎。

 年度末で引退、きょうラストランの選手が3人いたり(高田克重の引退は驚いた。現役の浜松支部長じゃん。もっとも、競輪でも埼玉の関靖夫さんがそうだったし、やりきった感をおぼえるのかもしれないけど)、高橋祐一が23年ぶりの優勝を果たしたり、ドラマティックな開催でありました。

 考えてみると、いわば「底辺の戦い」なんだよね。現在のレギュレーションでは、B級は100名たらず。なかには長期欠場の選手もいるなかで、1開催ぶん96名の選手を揃えるだけでも、奇蹟的なことだったりして。

 というのは置いといて。

 矢尾明子さん、ヤオちゃん。すごいじゃないですか。アナウンス技術はそれなりにたしかで、日本語が正確なところにもってきて、時々暴発するみたいにナチュラルボーン・クラッシャーぶりを発揮するキャラ。もちろん、もう6年めだっけ? シブちゃんこと渋谷遥香さんと交代でレポーターするようになって。だから、オートの知識もしっかりしてるし。

 クラッシャーとしては、初日に突然、吉原さんをすけべ呼ばわりしたり、2日めラストで意味不明なサインを出したり(笑)、そうかと思うと優勝戦直後には検車場にもどった高橋の姿を見て涙ぐんだり。連日、最後に緊張の糸が切れてよれるところなんかもふくめて、キャラだしまくりでした。うん。先代のカワカミ・アタックよりすごかった。

 しかも、これがいいんだな。

 あえていうと、往年の船橋アルティメットコンビ、吉原さん+照沼さんの再来かと思うくらいの出来でした。いや、最初からこれだと、1年くらいつづけたら、アルティメットを超えちゃうかも。

 日本語的にも、1980年代生まれとしては及第点以上。とくに、ばかな敬語なんかを使わないのが高評価。いまはしゃべりのプロでも過剰な敬語・丁寧語を使って自滅するケースが多いでしょ。とくにオート界には、「昼間」にも「お」をつける大たわけがふたりもいるわけで。大たわけっていうより、人前で話す資格なしか。

 それにくらべて、やおちゃんは最低限の敬語を使うだけにしていて、これは日本語力がないとできない技なんだよね。

 というか、推測だけど、この人、東京の下町育ちでしょ。しゃべり全体の歯切れがいい。これは東京イーストサイド(千葉だけど)で育った照沼さんと相い通じるものがあるのかもしれません。

 とにかく、今回の中継はすごくよかった。森泉さんへの過度なつっこみヽ( ´-`)ノ もふくめて。

 ヒラ場だけでもいいから、すくなくとも1年くらいはこの路線でいってもらえると、楽しみがひとつ増えるであります。はい。ヤオちゃん偉かった。ぱちぱち。

2019.03.20(17:31)|公営競技コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR