FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3日々の雑感
> 第33回スーパースター王座決定戦
 今年も吉例、大晦日のSS王座決定戦。

12R SS王座決定戦 5100m 10周回 0mオープン  

1(1) 永井 大介  川口 25期 41歳 ビズビム 1155
2(3) 池田 政和  川口 23期 45歳 マンティス 落324
3(2) 青山 周平  伊勢 31期 34歳 ハルク・73 4117
4(4) 木村 武之  浜松 26期 41歳 ワント 2263
5(5) 高橋   貢  伊勢 22期 47歳 Rウルフ 1373
6(6) 丹村 飛竜  山陽 29期 34歳 ヒシャカク 6521
7(8) 新井 恵匠  伊勢 30期 34歳 ミタケ2 3252
8(7) 鈴木圭一郎 浜松 32期 24歳 カルマS5K 3282

( )内は勝ちあがり順位=抽選順、末尾は道中の順位。

 今年は荒れすぎました。初日11Rで中村雅人(落因)、2日11Rで佐藤貴也(反因)、3日12Rで金子大輔(落妨)と、ここまでで3人が失権。金子は3日で落車2回、しかも当日欠場で参加解除という、弱り目にたたり目で。

 中村も2年連続だよね。悲惨。ディフェンディングの荒尾は当然とはいえトライアル落ち。

 圭一郎も3日め競走戒告で-3を食らって、2着条件の勝負駆けを、4日め12Rで絶対王者のミスに乗じてトップに立ち、条件クリア。同レースでは同じく2着条件の新井恵匠が魂の走りで絶対王者をかわすという、今年のベストバウト級のファイトを演じて初優出を果たした。これはほんと、鳥肌がたちましたよ。

 そのなかで、永井は2日めに試走3.24、上がり3.332という、いずれも自己記録を更新する走りを見せて、土壇場で復調してきた。3日め以降はへたったけど、ここは10回連続のファイナル進出だし、順位1位で1枠をとった気概からしても、本命視してもいいかも。

 一方、成績から見て安定してるのは青山周平。きょうの7着は安全操業だから、むしろここんところ不安定な永井より、こっちが本命かな。うん。こっちですかね。

 ただ、今年もド本命はいないんで、当日の試走しだいで、どう転ぶかはわかりません。きょうの新井と丹村を見てると、なんでもありかっていう気もするし。

 ついでに。

 SSシリーズのほうもひとつ。

11R SSシリーズ平尾昌晃杯 優勝戦 4100m 8周回 0mオープン

1 滝下 隼平  飯塚 28期 34歳 S・ラセツ
2 田村 治郎  伊勢 30期 35期 パンツェッタ
3 佐藤 摩耶  川口 31期 26歳 Pタン
4 三浦 康平  伊勢 28期 38歳 マックイーン
5 内山 高秀  伊勢 26期 38歳 ジャブラニK
6 山田 達也  川口 28期 35歳 イプシロン
7 越智 尚寿  飯塚 25期 45歳 ハーミット
8 小林 瑞季  川口 32期 27歳 G・ロジウラ

 こんな感じで、瀧下とサトマヤが2年連続優出。本戦もこのふたりに内山が絡むくらいの、わりとかたい展開になるでしょう。

 道中でずばぬけてたのは、瀧下。機力がひとり違う感じだった。一方のマヤたんは落車明けで脚を引きずる姿が痛々しいものの、準決でトップスタートから上がり3.350の自己ベストをたたきだすところが天才の天才たるゆえん。

 3.350を見て「おお、なんだこの数字」とうめいたら、次の瞬間、MCの吉原さんが「場内がどよめいています」とのコメント。まあ、そうなるよね。

 それもあって、道中を見てると瀧下だけど、マヤたんが逆境をはねのけて5度めのVっていうのがいいストーリーだと思います。

 ということで、決戦はあした、大晦日なのだ。
2018.12.30(18:28)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR