FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3日々の雑感
> ルビコン川、超えたな
 韓国駆逐艦《広開土大王》(相いかわらずアホな名前だ。イギリス人には読めないヽ( ´-`)ノ)が火器管制レーダーを海自のP-1に照射した問題。

 ルビコン川を超えた気がする。

 韓国海軍は過去にもいろんな国で節目ごとに無礼をはたらいてきた、世界に名だたる破廉恥海軍だけど、今回はルビコン川を超えたといっていいと思う。

 なにより、いいわけがひどい。

「北鮮の遭難漁船を捜索するため、より高性能の火器管制レーダーを使った」と、公式に表明した。

 えーと、情報が錯綜しすぎてて、いいリンク先が見つからないけど(後日、リンクを張ります)。

 もちろん、これはいいわけになってない。

 この駆逐艦が搭載する海面探索レーダーはAN/SPS-55だけ。対して、使用したのは「対空」作戦に使う「ロックオン」専用のレーダーSTIR-180だった。

 当該射撃管制装置のレーダーは対空用で、海面には対応していない。

 当然ながら、アクティヴレーダーで、捜索には使えない。

 つまり、いいわけになっていないだけでなく、いいわけが雑すぎる。

 今年になってから、韓国のいいわけは、こういう「雑さ」がきわだって増えている。明らかに日本を挑発しているのだから、もうすこし繊細な理由を用意しなければならないのに、その努力をしなくなってしまった。

 端的な例が、今年10月の観艦式。努力しないだけじゃなくて、挑発をエスカレートするようになったわけですよ。

 もちろん、各国海軍は常識的な対応をして、ここでも韓国海軍は思いきり恥をさらしたわけですが。

 とにかく、要するに、ここにきてなにかが変わったということ。

 キーワードは「雑」と、「鈍感」かな。

 したがって、もうつきあう必要はなくなったと思うんですけどね >各国海軍。

 くりかえすけど、ルビコン川を渡ったんですよ。きっと。

●無礼の数々(一例)
2005年6月 トラファルガー海戦200周年式典 《李舜臣》
2006年9月 横須賀で補給艦《大清》 煙突爆発のおまけつき
2009年4月、中国、青島で《独島(竹島)》と李舜臣級の《姜邯賛(カン・ガムチャン)》
(今年の非道の数々は省略)


2018.12.22(18:39)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR