FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3女子プロレス
> 12月のアイスリボン、総括も
 運命の日というか、ついにやっちゃいました。リボンでの電流爆破。

 この開催は断固反対だったんだけどね。理由。王道に電流爆破は不要だから。王道をめざすリボンが電流爆破みたいなものに手を染めちゃだめなんだよ。

 とはいえ、世羅が爆女王になった時点で、この展開は不可避になっちゃってたんで、いかんともしがたいわけですが。

 いや。世羅も一度はあきらめたのに、あそこ(10.28両国)で練習生すずが出てきたのが誤算というか、致命傷だった。そもそも、練習生をリングに入れること自体、問題でしょ。

 実際、蕨での母親役ハムさんは全力で止めようとしたんだけど、止められなかった。あれはハムさんの大しくじりでした。まあ、それももう終わったことだから、しかたないんだけど。

 という流れで、とうとうやっちゃいました。リボン初のブルーフィールド大会。なんでも、250人くらいはいって(オールスタンディングなので)、マスコミも多数駆けつけたそうで、興行的にはいいんでしょうが。

*284人だって。当然、ブルーフィールドのレコードでしょう

 結果。だれが考えてもわかるとおり、世羅がつっかに電流爆破バットをヒットさせて、ピン。2度めの防衛。

 なんつーか、茶番でしかないよね。

 今年のアイスはすべてにおいてこんな感じで、すべりっぱなし。茶番の連続。正確にはわからないけど、結果的に観客動員も去年を下まわるんじゃないかと思う。とりわけ、道場マッチの観客落ちこみがはげしいのが大問題だと思うよ。

 しかも、その一方で、去年は8人(アレを入れると9人)いた新人が、今年はゼロ(後述)。

 端的にいって、停滞の1年でした。試行錯誤の1年、タメの1年っていえば、聞こえはいいけどね。

 ただ、「溜め」といえば、ここにきていいことがいくつか実を結んだのもたしか。

1.テキーラ沙弥のひとり立ち

 前にも書いたけど、これがいちばんの収穫。ピースパの定期化、アフパ開店、ヒビヤガールなんかもふくめて、いちばん目だったのはテツ子改めテキーラでしょう。

 最近はグランマエストロ・デ・テキーラの改良型、テキーラショットを開発したり、おっかなびっくりだったムーンサルトも堂に入ってきたり、本業でもしっかり目だってるもんね。

2.ジュリアの戦力化

 これはすこし意外でした。雪妃の後継として、しばらくばヴィジュアル担当だと思ってたんだけど、とんでもない。文体の前あたりからしっかり戦力になってきて、同時にセルフプロデュースでも本領発揮っていう感じになった。

 さらに、今後どうなるかわからないながらMMAに手を出したり、コミカルに振れたり、デビューやっと2年めにはいった選手としては大きな振り幅を持っているのも魅力。来年はもっと大化けしてほしいと思いますが、さてどうなりますか。

3.トライアングルリボンの正常化

 厳密にいうと、「正常」かどうかは微妙だけど。(^^; とにかく、今年のアイスをだめにした元凶、「氷結」を本来に近い路線にもどしたのは、若干の無理やり感はあるものの、評価していいと思います。

 そうかー、この混沌から抜けだす答えは「趙雲子龍」でしたかー。これは結果的に、はげしく納得。つっかが「困ったときの趙雲さん」っていってたけど、まさにそのとおりでした。このあと、どさくさまぎれに弓李か松屋うのがトライアングルを奪取すれば、それでもとどおりになるもんね。ここは最短距離にいるうの氏にがんばっていただきたい。さいわい、きょうもみやここに勝ったそうだし。

 これで、IGFの連中はもうリングにあげない(そのためなら、藤田あかねは切ってもいい)という方向にいけば、来年は観客動員も回復すると思う。

 あと、Team DATEはなんとしても再編成というか、4人で復活させてほしい。これもアイス再浮上の鍵として、必須だと思います。

 法のいないこの1年間の喪失感って、自分でも意外なくらい大きかったもんね。しかも、事情はわかるものの、つづいて華も離脱しちゃって。

 さいわい、華蓮は完全にレギュラー入りしたし、イチオシの直ちゃんはこれからそれこそ電流爆破なんかに向かっていくかもしれないっていうのはあるし(心の師が破壊王だから。ぢつは、すずが介入する前まで、世羅の相手は直になるんじゃないかと思ってたりして)。

 まだ1カ月のこってはいるものの、そんな感じでしょうかね。アイスの現状は。

 それで、今年はアクシデントもあって、まだ新人がひとりもデビューしてないわけですが、これも予想どおり、練習生すずが12.31の吉例RIBONMANIAでデビューすると、ブルーフィールドでアナウンスされました。

 それまでの道場マッチとかで、エキジビションをくりかえすかどうかは未定。通常はデビューが決まるとエキシはなくなるけど、今回はかーなり特殊だから、わかりません。

 それで、リングネームですが、「宮崎すず」も久しぶりの地名シリーズでいいんじゃないかと思う(長崎まる子以来だよね)ものの、どうせなら「高千穂すず」っていうのはどうでしょうか?

 いちおう、宮崎っていえば高千穂だし、高千穂を名乗るレスラーは40年ぶり? 30年ぶり? とにかく、カブキ師以来なわけで、これはいいリングネームじゃないかと思ったりするんですが。

 すずについては、とにかくKFCホールでの僭越行為が気に入らない反面、相当な逸材と見ているんで、期待もこめて、できたら高千穂を名乗ってほしいと思ってます。いいよね、高千穂すず。

 だらだらともうふたつ。

 尾崎妹加。先週、10.08後楽園の試合も見たんだけど、妹加はすごくいい。若手では、トップリーダーだった安納サオリや万喜なつみより、はるかに完成度が高いね。しかも、完成してるだけじゃなくて、つねにプラスアルファを出してる。

 このへん、(さむなつりーもそうだけど)女優っていう素地が自己表現、パフォーマンスに直結してるのは明らかで、プラス橋本千紘なみの身体能力が加味されてるぶん、ちょっとつきぬけちゃったんじゃないでしょうか。

 12.9両国では、次期X∞挑戦者決定戦でvs雪妃があるけど、これは大半の予想どおり、妹加の圧勝っていうのがふつうだし、12.31でつっかに勝つところまで既定路線みたいな気がします。

 気がつけば、いまいちばん思い入れの強い選手は妹加になっちゃっててね。

 なんといっても、スクワット式アルゼンチン(と、暫定的に名づけた)は志田ちゃんも「金がとれる」といったくらいの……いや、10年に1度くらいの、説得力ある技でしょ? とにかく、関本や岡林のアルゼンチンよりいい見た目なんだから。

 それにくわえて、アルゼンチン・ボム(これもまだ名前が定まってないんだけど、トーチャーラックボムの変型)、そしてフィニッシャーのマイカバスター(ヨネのキン肉バスターと同型で、さらに数回の回転も入れてる)という、説得力満点のオリジナル技も持ってる。当然、そこにいたるラリアット、セントーンも各団体トップなみで威力満点。

 これほどの4年未満って、いないんじゃないでしょうか?

 ライバルは木村花と橋本千紘くらいだけど、花はいろいろあるんで、来年は橋本と大決戦を演じてほしいかなと思います。両団体のトップ同士として。うん。なんかいい妄想だな。

*変型トーチャーラックボムは「アルゼンチンバスター」が正式名になるらしい

 もうひとつは、妹加の相方、弓李。きゅーちゃん。

 やっともとどおりになったところで、つっかが路線修正したらしく雪妃も絡まなくなって、げこむすの再始動とあわせて、新コスを導入しました。

 んが、これが超びみょーといいますか。(^^;;;

 ラスタカラーはキムキョウから受け継いだポンチョを活かすためとのことで、これはいいとして、手甲の目とか、たぶん将来的な卍卍の活動を視野に入れてのこととは思うものの、イマイチねえ、デザインが。(^^;;;

 これまで、千春さんや美央たんがデザインしてたコスにくらべると、なんか違うような。

 たとえば、いつか本間多恵と組むとき、これでいいのかなあ、とかね。そのへんの整合性がないように思います。

 なにより、ニーパッドは必要でしょ。ただでさえ細い脚が、さらに細く見えちゃうし、膝はガードしないと。希月だって、そこが引退の決定打になったわけで。

 まあ、きゅーについては、いつだって心配なんで、これはどうしょもないんですが。ヽ( ´-`)ノ

 あと、きゅーがきょう、おもしろいことを書いてた。「選手としては初めての会場( ˊᵕˋ* )♩」だって。(^^)

 そうなんだよねー。きゅーは小学5年くらいから、ファンとしてブルーフィールドに通ってたんでした。草加から千葉って、武蔵野線を使えば乗り換えはすくないものの、たっぷり1時間半はかかるわけで、それを小学生が通ったっていう時点で、なんか非凡なプロレスloveがあったんでしょうね。あらためて考えると、すごいことで。

【追記】
見れば、ずいぶん長くなっちゃって。まあ、月イチのアイス短評だから、しょうがないけど。

電流爆破の詳細がはいってきて、最初はつっかが世羅の爆破に成功したとのこと。でもねえ、だからなんなのっていう感じで。つっかのこういう爆破シーンなんて、ぜんぜん見たくないから。

とはいえ、ひとつだけいえることは、つっかと世羅はすごく深いところで理解しあってる。それだけはたしかです。はい。

だからいいのかっていうと、個人的にはノー。もちろん。

2018.12.02(19:13)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR