FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3女子プロレス
> コマンド・ボリショイも引退! ほか爆女王など
 また衝撃が走ったっすよ。

 きのうのPure-J1周年、後楽園ホール大会で、ボリショイが引退を表明したとのこと。

 くわしくはデイリーの「女子プロレス界の“リアルタイガーマスク” 引退後は「覆面社長」に」という記事など。引退は来年4月21日後楽園ホールのレスラー生活30周年興行とのこと。

 正直、ボリショイはまだまだ現役をつづけると思ってた。なんていうか、不死身のイメージなんで。

 最初に女子プロレスにはまった団体がJWPで……って話は前にも書いたっけ。とにかく、デビル雅美、尾崎魔弓、キューティー鈴木たちにまじってひときわちっちゃかったのが、当時はボリショイキッドね。コマンド・バージョンの前。

 あれが……27年前か。以降、JWP自体に浮き沈みはあったものの、ボリショイだけはいつも先頭に立って戦ってるイメージだったんだよね。

 Pure-Jを立ちあげたときも、やる気まんまんに見えたけど、病気じゃしかたありません。

 病気といっても、きのうも中島安里紗と15分戦って、時間切れドローだそうだから、まだまだ一線で行けそうなんだけどね。

 しかし、その戦いの直後にこういう宣言をされると、アリもいろいろ考えるところがあるだろうね。

 とはいえ、Pure-J入団はないと思うんで、SEAdLINNNGでボリショイイズムをうけついでいくんでしょうが。

 ボリショイに話をもどして、歴史がいっぱいあるだけに、ここからの引退ロードは相当にぎやかなことになりそう。とくに、尾崎との呉越同舟はどういう相乗効果というか、ユニークな絡みを生んでいくのか、楽しみであります。

 プロレスの話題のついで。

 こないだの7.22爆女王戦、とりいそぎ見ました。

 事前のイメージとしては、世羅は漁夫の利でタイトルとったのかなと思ってたんですよ。でも、違ってた。なんと、試合全体をコントロールしていたのは、奈七永じゃなくて世羅だった。

 世志琥とも互角以上にわたりあって、最後はうまいインサイドワークでふたりを排除してから、藤田あかねを料理したという、ある意味で完勝に近い内容だった。

 これは正直、びっくりしたね。もっとも、入場時から例のトランス状態にはいったときの表情を浮かべてたんで、こりゃ逝っちゃってるわと思ったのもたしかですが。

 つまり、実力で奪ったベルトってことで、これは称賛されていいんじゃないでしょうか。

 もしかすると、いまの世羅なら、8.26横浜文体で志田ちゃんを料理しちゃうかもよ。そのくらい安定した試合運びでした。

 あと、藤田も「善戦」っていうレベルじゃなく、世志琥、奈七永と対等に戦ってるのが印象的だったかな。なんたって、世志琥の必殺ダイビング・セントーンをキックアウトしたもんね。これなら、いつか爆女王もとれるかも。

【追記】
アリがめずらしく速攻でブログを更新した。「ボリショイさんと私の戦い」というエントリー。

そうか、ボリショイは決着つけないっていったのか。でも、アリとしてはそうはいかないよねえ。アリはある意味、いまいちばんラディカルな選手だし。ここの絡みもかなりおもしろいんじゃないかと思います。はい。

【追々記】
つっか、きのうのPure-J参戦(矢子に勝ち)で、通算1500試合達成だって!

もちろん、最初は道場マッチが主戦場だったんで、年100試合も消化しなかった一方、2013~16年くらいは軽く年間200試合をこえてたからね。で、年平均150試合超ですか。すごすぎるな。

まあ、今年はないけど例年夏休みの上野とかね、あーいう特殊なのもふくめてますが……

やっぱり藤本つかさと宮本裕向、このふたりが業界のリーディングレスラーだよなー。(´・ω・`)

2018.08.12(16:31)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR