FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 きのう、win10 1803では「デイフェンダー付属の代表的メモリ食いAntimalware Service.exeも削除された(らしい)」と書いたけど、1803になっても熱暴走をはじめるケースがあるらしい。

 どうして鼎辰では動作しないのか、考えてたんだけど、答えは意外とかんたんでした。

 去年、「熱源探知」で書いたとおり、これを抹殺するにはレジストリをいじくる必要があるんだけど、いったんいじくったレジストリは、大型アップデートがあってもリセットされないんですよ。なので、去年に変更した内容がそのまま生きてて、実行されないんですね。わかってみれば当然というか。

 でも、逆にいうと、もし今後新規インストールすることがあった場合は、あらためてこいつを抹殺しないとならないっていうこと。いちおう、備忘がわりにメモしておきましょう。

1.「regedit」の呪文を唱える
2.HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows Defender とたどる
3.その下の DisableAntiSpyware の値を1に変更
4.DisableAntiSpyware がない場合は、Dword (32-bit) で「DisableAntiSpyware」を新規作成して、値を1に変更

 といった感じです。はい。

2018.07.15(16:11)|PC、webコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR