FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3PC、web
> windows10 1803に更新
 べつにしたくはなかったんだけど、勝手にはじまっちゃったから。しかし、4月からはじめて、家の番になったのが3カ月後ですか。

 で、今回はDLになんと4時間15分、その後の適用に1時間40分、合計6時間近くかかりました。前回が約3時間半だったので、7割増で。

 もっとも、今回は真夏の更新っていうことで、CPUコア温度が80゚c近くになるとPCを緊急停止したので、そのたびにDLの最初からやりなおすというループにはまったのが大きかったっす。

 とはいえ、ループなしでもDLには軽く2時間かかってましたが。

 しかも、インストール67%くらいのところで、決まってCPUコア温度が80゚cを超えるんだよね~。それまで52゚cくらいだったのに、いきなり急上昇して。

 で、いま使ってるCPUの限界温度は83゚cなんで、システムを破壊されないために、緊急停止せざるをえなくなるという、悪魔のループで。まさに殺人OSでありますよ >Win10。

 でも、この67%の一線を超えないと、アップデートが永遠に終わらないんで、窮余の策としてなにをしたかというと……

 ケースを開けて(エアフローが乱れるため、かえって温度が上昇する可能性が高いので、ふだんは開けない)、ドライヤーをつっこみ、低温モードで室温の風をCPU周辺に送りこむ(CPUファンに風をあてるのはかえって逆効果。周辺にすずしい風を供給するのが定石)という、究極のヨイトマケ殺法を敢行してね。

 これ、効くのはたしかなんですよ。実際、80゚c超だったのが、61゚cまで下がりましたから。

 これをくりかえして、なんとかインストールを終えて、その後1時間40分で適用がすんで、今回もなんとかメジャーアップデートに成功しました。

 これさあ、ある程度のスキルがあるからなんとか無事に更新できるけど、非力なPCとかだと、更新中にハードウェアをぶっこわす事例が続発してるんでしょうね。マジで殺人OS。

 ただ、アップデートが終わってみると、この1803、けっこういいかも。

 まず、メモリ食いの元凶のひとつホームグループが廃止になったのをはじめ、デイフェンダー付属の代表的メモリ食いAntimalware Service.exeも削除された(らしい)、など、メモリ管理まわりが大幅にクリアランスされたっぽい。

 また既存のじゃまアプリ(Cortana や MS wolletなど)の削除も比較的かんたんになって、これも大きな前進といえるんじゃないでしょうか。詳細はこちらなどから。

 ATOKも設定はリセットされるものの、もどせばそのまま使えるようになったし(前バージョンまでは再インスコが必要だったりした)、地味な場所がかなり改善されたっぽい。

 もちろん、相手はMSなんで、しばらく使ってみないと判定はできないものの、ファーストインプレッションとしてはいい感じじゃないかと思ってます。

 どっちにしろ、6時間かかったっていうところからして論外なんですけどね。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
ためしに起動時間をはかったら、これまでの3分超から2分ジャストに高速化した(ぜんぜん高速じゃないけど)。これもホームグループなんかがなくなった影響らしい。

2018.07.14(18:52)|PC、webコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR