FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 MONDOでしばらく前からやってたロシア映画『シー・サバイバー』、きょう、はじめて通しで見た。

 MONDOではこーいう解説になってるんだけど、まあ、ほぼぜんぶ嘘でした。

 まず、「実話にもとづく」っていうのが嘘で、ソマリア沖でロシアのタンカーが乗っ取られたことも、LNGタンカーが乗っ取られたこともありません。でも、こうしないと基本アイデアが破綻する(ガスに引火する可能性があるんで、火器が使えないっていう設定)から、しかたないということで。

 ということで、完全なフィクションなんで、そのつもりで見ればまあまあですかね。海兵隊の精鋭が素手の格闘戦になると強いぞっていう、そういう方向の国威発揚映画といえばいいか。

 むしろ、相いかわらず士官が水兵をどなりちらしてたりするシーンが、日本海海戦時代と変わってないなー、とか、そういう部分がおもしろかったりして。ヽ( ´-`)ノ

 さて、それでメカです。「対潜フリゲート艦クルイロフ」ってなにかなーと思ったら、ウダロイ級ミサイル駆逐艦が出てきました。

 たしかに、駆逐艦をフリゲートだといいはっても、たいていの人は気にしないんでしょう。

 ただ、この手の作品の常と違って、細部があんまり見えないのが残念。ほぼそのためだけに見たのにぃ。

 そして、ここがいちばんのキモですが、搭載してるヘリがKa-50なんだぜぃ!

 正式採用されたKa-52じゃなくて、少数がつくられただけの単座のKa-50!

 しかも、こいつがうれしそうにびゅんびゅん飛びまわるんだよねー。LNGに引火する可能性があるから、自慢の重火器は使えないけど。だから、「偵察任務」だけのために飛ぶんですよ、これが。

 ということで、Ka-50の飛行シーンがあるだけで、一見の価値がありました。はい。

 とはいえ、出てくるメカはそれだけなんだけどね。そーいうわけで、重火器はいっさい使ってくれないし。

 せめて、海賊のボートに対してRBU-6000をぶっぱなすとか、そーいうサービスをしてくれてもよかったと思うんですがね。対潜ロケットの水平に発射して、爆雷でボートを木っ端みじんにする、みたいな。(´・ω・`)

 いえね、RBU-6000の12連装ランチャーはいわくありげに何度かうつったんで、これ使うんじゃないかなーって、すこし期待したりして。ヽ( ´-`)ノ

 そーいうサービス精神がないのが、ロシアなんでしょうかね。

 でも、カモフのヘリが好きな人にはおすすめでしょう。いるのか、そーいう物好き。でも、きっといるはずで。実際、コクピット内をうつしたシーンでは、機体がまったく振動してないのがわかって、カモフの二重反転ローターはやっぱりそれなりに優秀なんだなーと、妙に感心したりもしたし。

2018.05.01(17:12)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR