FC2ブログ
パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3スポーツ・プロレス
> ディヴィジョナル・プレーオフ
 というか、ワイルドカードの結果というか。

 まあ今年のワイルドカードは凡戦の連続で。ミスやアクシデントで勝敗が決まった試合ばかりというか。

 いちおう、結果は……

カンザスシティ 21-22 テネシー
LAR 13-26 アトランタ
ジャクソンビル 10-3 バッファロー
ニューオーリンズ 31-26 カロライナ

 なんと、勝敗予想が当たったのはLAR vs アトランタだけというていたらく。ヽ( ´-`)ノ

 見るのもめんどくさいなと思ったんだけど、今季はレギュラーシーズンも1試合も見てないのを思いだして、しかたなく(^^; というか、目と耳と脳味噌をフットボールに慣れさせるため、アトランタが勝った試合だけ見ましたよ。

 英語はまったくだめなんだけど、NFLだけは英語で聞かないと臨場感がない(つか、日本語版は説明がうるさくてレフェリーのコールが聞こえない)んで、昔から副音声派なんですね。だから、耳を慣らさないとというわけ。

 目はもちろんプレーを細かく見るため。とくにボールオンの位置や稼いだヤード数は瞬時に判断したいんで、目もそれなりのトレーニングが必要。それらを総合して、脳味噌も準備しないと。

 ということで、来週のディヴィジョナル・プレーオフの枠順が決まりました。

SB52 02

 ペッツはテネシーと。テネシーって、ほんとに印象がないんだよね。ヒューストン・オイラーズ時代はプレーオフの常連だったけど、移転してからはこれが初進出じゃないかな。いずれにしても、ペッツの敵じゃないでしょう。

 ただ、マーカス・マリオタはワイルドカードでもちゃんと機能したようなので、番狂わせがあるとすれば、ここかも。

 ピッツバーグはvsジャンソンビル。ジャクソンビルも印象が薄い。ブレイディやビッグベンのやられ役っていう感じでしょうか。ヽ( ´-`)ノ

 でも、ブレーオフで1回だけ、ピッツバーグに勝ってるんだ。とはいえ、ここも順当にいきそう。

 NFCは、まずフィラデルフィアとアトランタの鳥対決。ヽ( ´-`)ノ

 ここは前回も書いたように、エースQB不在のヒラデルヒアに勝ち目はないと思うんで、老練マット・ライアンがいいようにあしらって終わりでしょう。

 最後、ニューオーリンズとミネソタ。ここは正直、優劣不明。ニューオーリンズが勝っても、不思議じゃない。第3シードだっけ? だから。

 NHKの中継は1.16(火)から4夜連続で、0115時スタート。

2018.01.12(11:23)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR