FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 前回のつづき。

 マグマライザーがまあまあの出来だったので、つづけて7月下旬に手をつけたのが、ハセガワ1/72のSH-60J。

SH-60 00

 これです。けっこう古いキットなのかな。15年くらい前のやつ。

 で、つくりはじめると、さっそくおかしなところが。左舷にソノブイ・キットがモールドされてるんだけど、SH-60Jは着脱式で、ふだんは装備してないはず。なので、まずこれを埋めることに。

SH-60 01

 さらに、処理しながら組説を眺めていると、恐ろしい記述が。その直前の窓が、バブルキャノピーになっていない!

 なんだ、こりゃ。J型のいちばんの特徴が再現されてないとは。

 ネットでいろいろ調べると、どうやらこのキット、SH-60Bのキットからデカールだけを変えた代物らしい。しかも、別売のバブルキャノピーもないとのこと。

SH-60 02

 だめじゃん。つまり、これをJ型として完成させようと思ったら、自作するほかないっていうこと。

 クリアパーツの自作って、ハードル高いんだよなー。バキュームフォームができるほどの大きさじゃないから、治具をつくってじわじわ加熱するような方法しか思いつかない。

 で、計算して割りだした直径7mmの金属球探しからはじめて(結局、ちょうどいいピアスが売ってたので、それを採用)、透明プラ板の加工を試みてるものの、いまにいたるもいい結果が得られていない。やっぱりむずかしいよなー。しくしく。

 ただ、ここで作業を中断すると、また手がとまってしまうので、内装を先行させることにした。

 内装もねー。乗員は3体ついてるけど、基本的にどんがらなんですよ。シートと操縦桿しかないし、そのシートもいんちきで。

SH-60 03

 しかたないんで、このあたりからちまちまと工作開始。パイロットとコパイのシートにはヘッドレストがついてるので、こんな感じでプラ材を貼りつけていき、それらしく。

 乗員は通常、4名態勢なので、ひとり連れてきてそれらしく改造。そこまでやって、組みつけてみると……

SH-60 04

 うーん。すっかすかだ。本来なら、いろんな装備品を積んでるし、ストレッチャーも必須でしょ。あと、実機写真を見ると、後席の前にもコンソールがあるから、これも追加しないと。

 というわけで、小物の製作を開始。またしてもドツボですね。いつもの道ってやつ。


SH-60 05

 小物と同時に、それを載せる棚も追加。でも、こーいうのって、すごく楽しい。(^^;

 正直いって、キットをふつうにつくるより、数倍は楽しいと思う。

(つづく。次回最終回)

2017.12.29(16:09)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR