パーツ館にようこそ
 coretempを入れて1カ月。CPU温度をモニターしつづけているうち、おかしな現象に気がついた。

 たとえば、スクリーンセーバーから復帰してみると、CPUが70゚cを超えていたり(セーバーはブランクなので、CPUに負荷はかからない)。ふつうに使っていて、気がつくと70゚c超になっていたり。

 また、これはかなり前から認識はしてたんだけど、気がつくとやたらHDDにアクセスしまくってる、なんていう事象も頻繁にある。

 つまり、アプリかなにかが悪さをして、PCの温度をあげているということ。

 そこで、ふだんは70゚cを超えたら緊急停止していたのを、ぐっとこらえて、タスクマネージャーを開き、犯人を捜してみた。

 すると、ひっかかったのがAntimalware Service Executableというサービス。さっそく調べてみると、どうやらDefenderの一部らしい。

 もちろん、ZoneAlarmを使っているので、Defenderは無効にしてるんだけど、こいつは無効にしても、しばらくすると自動的に動きだすっていう性悪サービス。

 なんだー、自分がマルウェアじゃないかってつっこみたくなるけど、問題はそこじゃない。なんと、システム内のマルウェアをスキャンするのに、自分自身はスキャンできないんで、再試行を延々とくりかえして、結果的にCPUを占有しちゃうっていう、とんでもない怪物。

 これって、放置するとWindows自体がCPUを熱暴走で潰しちゃう可能性があるってことですよ。

 まったく、なにをやりだすかわかんないな >MS。

 ということで、サービスを停止しても、しばらくするとまた動きだすので、レジストリ段階で完全に抹殺するほかない。

 Antimalware Service Executable削除で検索すると、最初のほうに出てくるのか、「プログラマー社長の日々発見」というブログ。こちら

 ほかのサイトやブログでも、抹殺方法としてはこの方のブログを紹介しているので、決定版といっていいのでしょう。

 レジストリをいじるのはいつもの道なんで、さくさくと指示どおりに進めて、エディタを閉じて再起動すると、おお、完全に抹殺できました(つまり、タスクマネージャーにひっかからない)。

 これで、よほどのことがないかぎり、70゚c超っていうことはなくなるでしょう。いまのところ、かなりの負荷をかけても、62~63゚cでほぼ安定してるので、どうやら熱源はやっつけたかな、ということで。

 そうそう。こいつを抹殺したら、終了時間がすこし短くなった。きっと、ここでもなにかやってたんでしょう。とんでもねえやつだ。

2017.07.24(15:35)|PC、webコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR