パーツ館にようこそ
 きのうのつづき。

 本体にもどって、垂直尾翼を先にフィニッシュ。

fa18_33.jpg

 塗装が終わったら、胴体に接着する前にデカールまで進めることに。そのさい、「200」のデカールの上ふたりに、見えますかね、透明な余白。これは一般的マニュアルだと「ぎりぎりで切りとれ」ってことになってると思うんだけど、じつは切りとらなくてもだいじょうぶ。むしろ、余白はのこしたほうが、位置を決めやすいと思う。

 で、デカールが完全に乾燥したら、余白にマークソフターを塗って折り返すようにしてやる。そうすると、何回か折り返しをくりかえすうちに、ぴりぴりと余白だけ切りとれるので、たぶんこうやるほうが失敗がすくないと思います。まあ、これも我流ですが。

 また、尾翼つけ根は黒い下地が若干見えてますが、これも気にしないことに。なぜかというと、あとでレタッチが必須になるので、そこで修正すればいいということで。

fa18_34.jpg

 レタッチはこんな感じで。黄色をベースにオレンジを少々。チップに塗って色味を見ながら調色していって、納得したところでエッジ部分など、どうしてもデカールがまわりきれない部分に塗料を置いていきます。

 これで、工作はだいたい終了なんだけど、1カ所、どうしても気になるところが。

 制作4でいじったバスタブの後部パーツ。ここが平滑で、逆にいうとなんにもないのね。

fa18_15.jpg

 これはおかしいでしょ。すくなくとも、キャノピーの開閉支持架はないとおかしいし、実機写真を見るともうすこしいろんな構造物があるっぽい。実際、キットにもキャノピー開状態でつくる場合の支持架ははいってるわけで、ここはすこしディテールアップしなければ。

fa18_41.jpg

 ということで、まず支持架のパーツを細工して、つけくわえてみる。そうね。最低でもこのくらいは必要っしょ。

 でも、まだものたりない。ヽ( ´-`)ノ

 そこで、たとえばここにいろいろあるコクピット写真なんかを参考に、プラ材でそれらしいパーツをつくって追加。

fa18_42.jpg

 まあ、いわゆるひとつのデッチアップっていうやつですね。

 ぢつは、こーいう作業がいちばん楽しい。(´・ω・`)

 だから、つねに隙あらばてきとーなディテールアップを狙ってたりして。

 で、内部色のつや消し黒を塗ったあと、銀や赤黄青、グレーなんかでさらにデッチアップ。

fa18_43.jpg

 このくらいやると、実機がどうなってるかっていうのは置いといて、それなりにリアルっぽい仕上がりになるんじゃないでしょうか。

 もちろん、自己満足なんだけど、これが「プラモなぶり」の醍醐味だったりして。

 要するに、私の場合、はじめからスーパーリアルはもとめてなくて、あくまでもおもちゃで遊んでる感覚なんだよね。ヽ( ´-`)ノ

(つづく)
2017.03.05(16:54)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR