パーツ館にようこそ
 例のNHK『TOYKOディープ』、見ました。きのうのオンエア。

 なんと、アイスリボンは大トリで、時間もかなり割いてましたよ。フューチャーしたのはプロレス・スクールと、選手ではハム子さんと、なぜかまる子。

 ハム子さんはインパクトを考えれば当然ですが、まる子はやや意外かも。たぶん、たまたま興行を取材した日(去年の12.24クリスマス・リボン)に、らぶちゃvsまる子&松本都の試合があって、このアンバランス感とか「プロレスでハッピー」感が、担当の目に新鮮にうつったんでしょう。(´・ω・`)

 一方で、スクールの講師をしてる紫雷未央たんは、かーなりうつってるにもかかわらず、テロップのひとつも流れず。つっかも売店にいたのがちらりと見えただけ。このへん、女子プロを知らないからしょうがないとはいえ、名前くらい入れろよなって感じでありました。はい。

 まる子のパートナー・都は……あのくらいうつれば充分でしょ。宮城もちは影もかたちもなかったんだから。

 以上、TOKYOディープでした。

 ところで。

 都といえば、大きなニュースが。

 1月28日に、「スカート女性警官に「つり天井固め」滋賀県警監察官室が処分検討」(スポニチ)っていう事件が発覚したんだけど、これにプロレス界で最初に反応したのが、じつはみやここで。

 当日14時からの道場マッチで、弓李を相手にロメロ・スペシャルを決めてみせ、その後の座談会で苦言を呈したんですね。

 それを、バトル・ニュースが「女子高生レスラーにつり天井固めをかけた松本都が「素人がプロレス技して怪我とか悪いニュースになるのはあり得ない」っていうエントリーでさっそくとりあげ、これがその日のうちにYahoo!ニュースにあがって、しかもアクセス数上位になったんですよ(1位との説もあり)。

 くそー、みやここめ、弓李をそーいう時にかぎって使いやがって。というのはおいといて。

 このレスポンスの速さと的確さって、すごいですよ。その翌日以降、ライガーや勝愛美といったロメロ・スペシャルの使い手がいろいろコメントを出したけど、都のインパクトには遠くおよばなかったもんね。

 都については、以前は皆様と同じ評価(笑)だったんだけど、去年の夏アイスリボンに復帰したころからかな、ときどきすごく的確な試合をしたり、コメントを出したりするのを目にするようになって、じつはすこし見なおしてたんですよ。

 そこに、今回の件でしょ。タイムリーなのもそうなんだけど、いちばん驚いたのは、ロメロ・スペシャルをためしたのは、今回がはじめてっていう点。

 ぶっつけ本番でやってみて、みごとに成功させちゃったんだって。

 なんなんだろう、この人は? と考えるうち、思いついたのが、もしかして、みやここはすごく優秀なプロレス脳の持ち主なんじゃないかっていうこと。そう仮定すれば、ふだんの言動もある程度は容認できるというか。(^^;

 あと、いわゆるプロレスloveも半端じゃないね。ふだんはゆがんだloveだけど(笑)、今回はクリーンヒットした感じ。

 都がこれを敢行したって最初に読んだとき、真っ先に浮かんだのが、佐藤光留の全日オーナー襲撃事件だったんですよ。あれも強烈ながらゆがんだプロレスloveが、たまたまヒットしちゃった感じがしたんだけど、あれと同じ。

 そうかー、松本都って、佐藤光留なんだ。

 そう考えると、妙に納得できたりして。(´・ω・`)

2017.01.31(10:05)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR