パーツ館にようこそ
 前にも書いたけど、SFの仕事をやめたにもかかわらず、いまでも著書や訳書をお送りいただく機会が多い。

 先週は3日で2件、計6冊をいただいてしまった。恐縮至極。

keysou.jpg

 上4冊はろーだんをひきついだ星谷馨さんから。537巻でK・H・シェールが復帰したのだけれど、前回250巻を担当した縁で、近作を送っていただいた。

 とりいそぎシェール回を読んでみたところ、昔のシェールっぽくて……というより、いつものシェール節で、なんだか懐かしかったっす。

 下2冊はいつもの嶋田洋一先生から。ピーター・ワッツ著『反響動作』上下。東京創元社の創元SF文庫で各巻960円。

 こっちもまだざっと目を通しただけながら、なるほどねー、最近のSFはこうなってるのかー的なアイテムが満載で、エンターテインメントの極致をいってるようです。

 とくに気になったのが、「超越知性」っていう言葉。(´・ω・`)

 この言葉、創作したっていうか、最初に使ったのは、たぶん私でございます。(^^)

 1993年くらいだから、たぶん。

 この『反響動作』での用法は、当時のニュアンスとはぜんぜんかけはなれてるんですが、こーいう言葉を見かけると、それだけで、なんとなくこそばゆいような気が。(^^;

 よーいち先生だから、「向こう」の用語も認識したうえで選んでくれたんでしょうが……

 うん、こそばゆいっす。(^^;;;

 という感じで、おふたりとも、ありがとうございました。

2017.01.29(19:02)|小説・本コメント:(2)TOP↑
本年、最初の書き込みとあいなります。
ワッツの「反響動作」は経済的理由で
まだ入手できておりませんが、楽しみな
一作です。前作の「ブラインド・サイト」
は同じ英国産「ビザールスペースオペラ」
(小生の造語)「キッチ・ワールド」
クリス・ボイスの影響下に書かれたのでは
ないか?と思っております。
ところで、現在、冥王星やセレスを「準惑
星」と呼びますが、同じ用法で貴兄が先に
つかっていませんでしたっけ、現在、普通
に使われている「電脳」も最初に使われた
のは、今日泊先生だと思っているのですが
・・・
ところで小生、本年、「還暦」と相成り
ます、光瀬先生の還暦のお祝いをしたのが
もう約三十年前のこと・・・
往時を思えばただただ、夢幻のごとくです
From: 流転 * 2017.02.08 17:18 * URL * [Edit] *  top↑

準惑星は約1日(^^;考えたのですが、思いだせませんでした。あるとすると、キャナル時代ですかね。

電脳はたしかに、はじめて読んだのは今日泊さんだったと思いますが、それ以前にも使用例があるかもしれないので、なんともいえません。

還暦ねえ。私も今年ですよ。(^^;;;
From: よが * 2017.02.09 17:24 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR