パーツ館にようこそ
 どうにか年内に完成しました。ハセガワ1/72 F/A-18Eスーパーホーネット。

fa18_65.jpg

 制作記を進行させながらつくるっていうのは、けっこうヒヤヒヤもので。途中で大失敗して廃棄したり、飽きて投げだしたりすることも多いからねー。「きっちり完成させる」っていうのは、それなりにプレッシャーなのかも。

 さて。

 F/A-18系は子供のころ、衝撃をおぼえたひこーきの末裔だったりするのですね。

P-530.jpg

 ノースロップが1971年くらいに発表した、P-530コブラが始祖なんだよねー。ベストセラー機F-5シリーズを大幅に近代化させた軽戦闘機で、おもに日本向けにプレゼンされたもの。

 まだF-14もF-15も進空していなかった時代に、『航空情報』でいきなりこの写真を見せられたときのショックっていうのは、それはもうすごいものでした。ザ・未来の戦闘機って感じで。

 そういえば、当時はロッキードもF-104の発展型戦闘機CL-1200ランサーっていうのを日本に提案してて、なんだか戦闘機が級に未来指向になったように思えたもの。どっちも直線翼っていうのがビビッドだったんだよねー。

 閑話休題。

 P-530はノースロップの社内開発で、写真のモックアップがつくられただけに終わり、つづいてこれを大幅にストレッチしたP-630というモデルが計画されたものの、すぐにアメリカ空軍が軽戦闘機をもとめたんで、これを小型化したP-600を再度設計して、これがYF-17になったのでした。

 この軽戦闘機の開発競争はYF-16が勝ってF-16ファイティングファルコンとして採用され、コブラ系はまたしても路頭に迷ったものの、双発っていう1点が幸いして海軍に拾われ、さらに紆余曲折を経て、F/A-18としてとうとう正式採用されました。めでたしめでたし。

 こうして空母機動部隊の主力戦闘機になっていったF/A-18は初期のA型(単座)B型(複座)、その改良タイプのC型、D型を経たあと、1990年代に大規模再設計するチャンスを得ると、さらにひとまわり大型の新世代マルチロール機、F/A-18E(単座)およびF(複座)に進化を遂げて、今日に至るということで。

 ぜいぜい。久しぶりに説明が長い。しかも、現用機なのに。

 ただまあ、このひこーきを語るには、どうしてもP-530まで遡らなければならないんで、しかたないのですよ。

 そういや、40年前、はじめて江藤巌さんにひこーき関係で褒められたのが、P-530だったんだな。「よく知ってますねー」みたいな感じで。ヽ( ´-`)ノ

 という機体なので、いつかキットにも手をつけようと思っていたんだけど、それがいままで延び延びになっていたのは……A~D型が嫌いだったから、なんですねー。(^^;

 なんつーか、線が細いっていうか、とくに尾翼と尾部のバランスがとっても脆弱な感じがして。

 とはいえ、それもスーパーになって解消されたんで、キットを積む気になって、今回めでたく成仏させたというしだい。

(長くなったんで、つづく)

2016.12.23(18:02)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR