パーツ館にようこそ
 今回はたてつづけに。さっきのつづき。

 胴体ができたら、次は翼。

 主翼は抜群に出来がよくて、手をくわえる個所はいっさいなし。もちろん、ハードポイント用のホゾ穴は、事前に開けておく必要がありますが。

 組みあがりはこんな感じで。

fa18_22.jpg

 F/A-18シリーズの特徴のひとつとして、ハードポイントのパイロンが外側を向いてるっていうのがありますが、それがよくわかる構図。なんちゃって。今回は組説の指示を無視して、この段階でパイロンを接着しました。どっちかっていうと、こうするケースのほうが多いかな。

 現代機はとくに下面のデカールがすくないから、作業的にこのほうが早いというか。あと、接着剤で汚すことがあっても、この段階ならいくらでも修正が効くし。

 ただ、主翼の出来がよくても、胴体との合いは微妙。

 いわゆる現物あわせをしながら位置を決めていくわけですが、完璧には決まらず。

 こういう場合、上面はなるべく手をくわえないよう、下面のどこかで辻褄をあわせるのが、ひこーきの場合の定石。今回の場合、インテークの2cmくらい後方に段差がくるようにした。このへんがいちばん目だたなさそうなので。

 ただし、この段差はけっこう大きかったため、エボパテで埋めてから、カッターとペーパーで修正する必要があったりして。

fa18_51.jpg

 こーいう感じで。途中は雑ですねー、やっぱり。

 上面では、後縁のつけ根付近の胴体側が若干ぼってりして、段差に見える感じだったので、カッターで削ってすこし薄くしてみた。

fa18_23.jpg

 ここはとても目だつので、作業部分周辺はつねにしっかりマスキング。

fa18_24.jpg

 削ったあとをペーパーがけするときも、マスキングして周辺のモールドを保護する必要あり。

 主翼は以上。水平尾翼は見た目、エッジが若干甘い印象だったので、ここもヤスリとペーパーで修正。いわゆるひとつの薄々攻撃っていうやつですね。

fa18_25.jpg

 右が修正前、左が攻撃中。わかりますかね? わかんないよね。(^^;

 このへん、すべてが自己満足の世界なので。

(つづく)

2016.11.26(15:27)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR