パーツ館にようこそ
 そうこうするうちに17時半をすぎて、いよいよ飲み屋に出撃。

 5~6軒、候補を選んでおいたので、その店を順番に見てまわる。といっても、候補は新富町から桜町にかけて集中しているので、それほど歩きまわる必要はない。

 ネット情報では、土曜の夜は相当の激戦になって、店にはいれないケースもあるという話だったけど、どの店もそれほど客がいない。なので、やや遠くにある第一候補の店にはいってみると……

 予約がないとはいれないって。(屮゚Д゚)屮

 そうかー、空いてると思って油断してた。やっぱり激戦区らしい。

 ということで、この店にいちばん近い、「漁火」という店にはいってみる。よかったー。カウンター席、だいじょうぶだって。

 さっそく生ビールと刺盛りを注文。

 刺身はさすがに富山で、期待を裏切らないクオリティでありました。とくに、特産のシロエビはこれまで食べたエビ類のなかでいちばんうまかったかも。てっきり「名物に」だと思って軽視してたんだけど、これは意外でした。

 地元産のマグロとか、アオリイカをうまかったんだけど、しめさばだけはまあまあくらい。

 刺身以外では、魚のすり身の揚げ物っていうのが予想どおりのうまさ。あと、つきだしに出たゲンゲのフライとツブ貝も絶品。

 酒は富山にきたらやっぱり満寿泉でしょう。つか、飲んだことはなかったんだけど、競輪のタニマチには敬意を払わないと。

 あと、立山。これも定番ということで。

 大将によると、北陸新幹線の開業以来、関東方面から中高年の夫婦ふたり連れの客が多くなったそうで、店のほうもそういう客向けにスタンバイしているらしい。この店、ネット情報とかをうまく利用しているなっていう雰囲気。

 その大将、なんでも「かに道楽」で修行したそうで、さかんに茹でガニを薦めてくる。

 う~ん、うち、ふたりともカニは好きじゃないんだけどなー。(^^;

 でも、何度も薦めてくるんで、密かに相談した結果、乗ってみることにした。

tym05.jpg

 結果。たしかに腕はいいと思いますよ。でも、カニはたいしてうまいとは思わないなあ。

 しかも、時価なんで、このカニは推定6000~8000円。このコストパフォーマンスは圧倒的に悪いでしょ。この値段だったら、ノドグロのほうがぜったいにいいもん。

 ということで、すっかり熱がさめちゃって、2時間たらずで店を出ちゃった。

 それでもまあ、魚はうまかったんで、後悔はしませんが。

(つづく)

2016.10.08(14:42)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR