パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> 4年ごしのOV-10A #4
 また前回のつづき。厳密には前々回ですかね。

 そーいうわけで、テールヘビー状態が解消できず、尻もちをついた時点で堪忍袋の緒が切れてお蔵入りになったOV-10A。

 積み山からふたたびひっぱりだしたのは、たしか去年の7月。このボールが完成したあとだったはず。理由はもちろん、テールヘビー対策をいくつか思いついたから。
 
OV-10 005

 尻もちはこんな感じ。これって、べつに無理して尻もちつかせてるわけじゃなくて、完成してもかんたんにこの状態になるってことで。そのくらい、テールが重いので、どうするかっていうと……

 まず、無理やり主脚を地面(駐機場の床面)につけるため、駐機場のミニミニ・ヴィネットをつくってみた。

OV-10 08

 これですね。これ、裏側は縁にそって四隅に幅5mm程度のプラ板を追加してあって、つまり厚さを4mmにしてあります。写真を撮ればいいのか。

OV-10 008

 こういう感じ。

 で、最初はただ瞬接で前脚を駐機場に貼りつけてみて、それでも強度が足りないようなら、裏から前脚まで穴を開けて、力業で軸打ちしちゃおうと、そういう計画。

 縁を4mm、内側を2mmにすることで、この差しひき2mmの隙間で軸打ちした金属線を固定しようっていう考えですね。

 ただ、このやり方はいかにもヨイトマケだから、いってみれば最後の手段。その前に、重りの増量を試みたのでした。

 手順はある意味、とてもかんたん。胴体後部のハッチ部分ね、このハッチをいったんエッチングソーで切りとって、そこから胴体内に粘土をつっこめるだけつっこみ、ハッチをもとにもどすっていうもの。

 作業的にはけっこう難易度が高いものの、不可能なレベルじゃないということで。

 さらに、エンジンナセルの前部にも、はいるだけ粘土を詰めてみる。

 こうやって、重心を前というより機体中央によせることで、尻もち解消をはかってみたところ……

 なんとか前脚で立つことができましたー、ぱちぱち。ただ、そーいうわけで相当に微妙なバランスなんで、数年たったらまた尻もちをつくようになるかもしれませんが。

  とにかく、最大の難関をクリアして、ここから塗装。デカールにあるシャークトゥースは最初から使わないことに決めていたんで(子供のころからなんだけど、シャークトゥースってばかみたいに見えて、嫌いなんだよねー)、塗装も指定は無視して、オリジナルっていうか、自己都合で。

 機体全体は307、主翼上面だけ308。主翼端はブラック。プロペラなんかは指定どおり。あと、実機写真なんかで気がついたところは適宜に色を乗せて、っていう感じ。この配色には、とくに意味はないんで、まあ思いつきみたいなものです。

 それで、機体の塗装を終えて、のこったのがキャノピーの枠。

 このキットのキャノピーは、クリアパーツを4枚(正確には3枚と風防)貼りあわせるという、とてつもなく微妙というか、高度な技術を要する部分だったんだけど、奇蹟的に曇らせたりすることなく、うまいこと貼りあわせるのに成功してたんですよ。

 もちろん、やや齟齬はあったものの、デザインナイフで削って辻褄をあわせられる範囲で。

 この部分がうまくいったんで、途中でぶん投げなかったといっても過言ではないっていう出来。まあ、超絶モデラーさんならふつうに仕上げられるんでしょうが。

 ところが、いざこのキャノピーの枠を塗装しようとすると、とんでもないことに気づいたんですね。

 えーと、枠のモールド、ところどころ省略されてるような。

 ひと言でいうと、つながってない。ヽ( ´-`)ノ

 まあ、そのへんは実機写真を見ながらマスキングしていけばいいわけで、めんどくさいけど作業できないわけじゃない。

 ということで、一度のマスキングでぜんぶ塗ることはできないので、極端なことをいうと1本ずつ枠を再現していったんですね。

 しかし、最後の1本を塗って、はみだした部分を溶剤に浸した綿棒で拭きとるうちに、なぜか枠のあちこちが流れだす事態に。

 ふだんから、塗料は水性でも、拭きとる溶剤は作業性を考えてアクリル系を使うんだけど、モールドがないもんだから溶剤が流れだした模様。

 あわてて脱脂綿を持ちだして拭きとろうとするうち、モールドがある部分も間違って触っちゃったりして、まる2日くらいかけて描いていった枠の塗装がぐちゃぐちゃに。

 これが9月くらいでしたかね、去年の。

 で、またしてもやんなっちゃって、OV-10は2度めの眠りについたのでありました。

OV-10 05

 このテールだもんなー。でかすぎ。あ、胴体後部のハッチも見えてます。そういえば、このハッチ、内側からは開けられない構造で、実際には輸送任務とかができなかった、みたいな話も洩れ伝わってきてますが、ほんとにそれほどトホホだったんだろうか。(^^;

(つづく)

2016.08.28(18:22)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR