パーツ館にようこそ
 じつはさっき、3月にX-47Bの開発が中止されたっていうニュースを見て、ショックをうけてたところだったんですよ。ぜんぜん知らなかったもんで。

 どうやら、UAVの離着艦はかなり難易度が高かったようで、それがおもな理由とか。きれいな機体だったんで、残念ですが、こーいうことはTSR-2の例を出すまでもなく、昔から多々あるので、しかたないでしょう。

 なんでも、X-47Bで取得した技術を使って、より簡便なMQ-25スティングレイっていうのを開発するそうで。

 というのをFlightGlobalで見て、落胆していたら、こんどはYahoo!ニュースでまたトンデモな話が。読売の「自動運転で潜水艦を追跡…米軍が無人軍艦公開」という記事。

 えーと、自動運転じゃなくて、自律航行っていうんだよ。

 というのは置いといて、これもまた寝耳に水的な新型メカで、最近は情報収集力も衰えてきたんだなあと実感しますが、それはまたべつのお話。

 とにかく、どーいうやつか知らなかったんで、さっそく調べたら動画があったりして。ニコニコですが。



 なるほどねー。これもいちおう、トリマラン式っていうのかな。全長が40m、排水量140tというと、かなりちいさい。それで航続距離が1万7000kmっていうから、かなり特殊な推進システムなのか、燃料スペースがでかいのか、どっちか。

 さらに調べてみると、英語のまとめサイトを発見。こちら

 ほう、ACTUVっていうのは「ASW Continuous Trail Unmanned Vessel」の略だって。つまり、対潜継続追跡無人艇ですかね、直訳すると。なんかダサい名前。(^^;

 要するに、非武装で、ただ追いつづけるだけの嫌がらせ用小型艇ってことなのね。もしかすると、アクティヴ・ソナーを使って、さらに嫌がらせをヒートアップさせる、なんてオプションもあったりするのかな?ヽ( ´-`)ノ

 それでどれだけの効果があるかはわからないものの、こーいうのが10隻くらい、群れをなして海中を逃げまわる潜水艦を追っかけるところを想像すると、これこそ文字どおりのハンターキラーだな、なんて思ったりして。

 光瀬さんの未来戦記にも、それっぽいシーンがあったような、なかったような。あれはハンター側もサイボーグ潜水艇だったか。

 それはいいんだけど、上の動画の最後に出てくるCGのACYUV、なにかに似てませんかね。

 そう! 潜行艇S-16! まあ、S-22でもいいんだけど。

 もしかして、これが量産型なのかな? だとしたら、名前がシーハンターなんだし、舷側にぜひS-XXっていうシリアルナンバーを入れてほしいものであります。

2016.05.04(10:45)|艦船・海洋コメント:(2)TOP↑
お久しぶりです、本当は望月三起也氏の
追悼記事に小生も書き込みをしたいと
思ったのですがいざ書こうとするとどうも
纏まらず書き込みできませんでした・・・
ところで、記事の中で言及されている
光瀬先生の作品はSF未来戦記の第一作
「戦士たち」ですね、この作品「全艦発進
せよ!」収録以前にも秋田書店のサンデー
新書のアンソロジー「SFの夜」に加筆
されたバージョンが収められていて、
こちらの加筆部分、心理攻撃で浮上した
サイボーグ潜水艦が破壊されてしまう
シーンが無常感に溢れていて好きでした
あとこの作品、瀬名秀明氏の編まれた
アンソロジーにも収められていましたが
おそらく「全艦発進」からの採録なので
しょうか雑誌「丸」の初出のものが
とられていました
From: 流転 * 2016.05.04 13:42 * URL * [Edit] *  top↑

タイトルは忘れてましたが、その昔つくっていた『虹の海』に、サイボーグ潜水艇の3面図だか側面図だかを載せた記憶があります。

たしか、当時の主流だったティアドロップじゃなくて、より高速に対応できる「エリアルール・ハル」っていうのをでっちあげたんでした。
From: よが * 2016.05.04 13:57 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR