パーツ館にようこそ

 しばらく前の話になるけど、3月上旬のある朝、茶の間の照明器具、いわゆるペンダントタイプのインバーター蛍光灯が、突然に逝ってしまった。

 旧式のペンダントだと、グローランプが切れるから、それだけ交換すれば使えるけれど、インバーターの場合はにっちもさっちもいかない。しかたなく、寝室のペンダントを移植してその朝はしのぎ、朝イチで近所のケーヨーデイツーに行ってみると……

 なんと、ももう蛍光灯タイプのペンダントライトは売ってないのね。(´・ω・`)

 すべてLEDになってました。しかも、けっこうお安め。いちばん人気のNECのやつは、78kでありました。これってひと昔前の蛍光灯タイプより安いかも。

 で、家にもどって念のため価格.comでチェックすると、amazonではなんと53kで同じものが売ってるではありませんか。(((( ;゚Д゚)))

 ほんの数年前、直管式LEDを買おうと思ったら、1本50k以上したんであっさりやめたんだよね。それが2年か3年でここまで値下がりするとは。

 しかも、ネットで買うほうが25kも安い。

 これじゃ量販店は太刀打ちできないよなー。と、思いつつ、当然amazonに注文するわけで、翌日にはとどいてさっそくセッティング。

LED01.jpg

 まあ、どこにでもある和風の蛍光灯型ペンダント。ただし、光源はLEDなんですよ。それも、蛍光灯タイプを意識して、LEDの配置は円環型。

LED02.jpg

 そして、点灯。写真ではよくわからないけど、天井側にも光がよくまわっていて、蛍光灯型ペンダントと遜色ない明るさ。

 これで、電気代は旧:73wに対して新:35wと半分以下。価格と想定寿命を月割りにしてみたところ、なんと旧:約100円に対して新:約20円という驚きのコストパフォーマンス!

 なるほどねー。これじゃ蛍光灯は、あっという間に駆逐されちゃうはずです。なんというか、知らないあいだに照明界に革命が起きてたんだなー。

 とはいえ、こうなると心配なのが、大日本の蛍光灯デスマッチ。ヽ( ´-`)ノ

 あと10年もすると、なくなっちゃうんだろうなー。最後の蛍光灯デスマッチは、ぜひとも見てみたいものであります。

2016.04.16(17:00)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR