パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3公営競技
> 船橋オート廃場のあと
 オートの公式サイトに、1月8日付で「今後のオートレース事業について」というインフォメーションが掲載されていた。

「今後の」といっても、話は船橋が廃場になったらどうするか、というのが中心。最初に「今後、(廃場という)発表の通りとなれば」とか書いてあるけど、要するに廃場は決定なんで、そのあとをどうするかっていうことですね。

 5場体制でいかに売上を伸ばすかとか、そういうのは置いといて、客として気になるのは次の2点じゃないでしょうか。

1.船橋競馬場の駐車場に、場外発売所を新設
2.船橋所属選手は、おもに川口、伊勢崎、浜松に移籍

 1は船橋周辺に住んでる人間しか関係ないか。ただ、名前がどうもねー。

 過去の例から、「オートレース船橋」になるんだろうけど、なんとももの悲しいネーミングであります。

 事業主体は伊勢崎市とのことで、伊勢崎はアレッグ越後の負債が経営のネックになってるって、昔に聞いたことがあったけど、それもほぼ解消したのかな。

 2は重要。これはつまり、所属選手の数がかなり不均衡になるってことだよね。川口と伊勢崎はもしかすると100人をこえることになるかも。そうすると、勢力図がまた一変するんだろうね、きっと。

 もともと、最強軍団がばらばらになるのは決まってたけど、いってみれば「均等割」にすると思ってたので、やや意外。もっとも、選手の交通費を抑制するため、自宅近くの場に移籍するっていう措置をとったあたりから(2008年くらいだっけ? 平田雅崇が川口所属になったとき)、6場横ならびっていう発想はもうなくなってたけど。

 それ以外では……開催日数もここ数年は、山陽をのぞいて80日台で横ならびだったけど、これも川口が突出して増えることになってる。というと、つまり、川口を名実ともにメッカにしようっていう思惑なのかな。

 あと、忘れてならないのは、SGの開催日程。全日選が2月から10月に、グランプリが9月から8月に変更になって、しかも両方ともナイター開催だって。グランプリは去年もナイターだったけど、川口も夜のほうが売れるって証明されたからね、去年。

2016.01.12(12:07)|公営競技コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR