パーツ館にようこそ
 戦後70年に向けて、いろんな企業や個人がしかけてたのか、このところ旧海軍の艦艇がぞくぞくと見つかってるそうだ。

 3月の戦艦『武蔵』にはじまって、これは世紀の発見とか思っていたら、きのうは下田で特殊潜行艇『海龍』が見つかり、きょうは長崎でイオナたんの妹(^^; 『伊四〇二潜』が発見されたとのこと。

 なんか、ほんとに「仕込み」じゅないかと疑ったりしてますが、おそらく、近年は民生用のソナーや磁探なんかも性能がアップしてて、そのせいで発見しやすくなってるんだろうね。

 ちなみに、『海龍』を見つけたのは、数年前、ファインモールドなんかといっしょに、浜名湖で四式中戦車チトを捜索したのと同じ「ウィンディーネットワーク」という下田の会社。

 とすると、ファインさん、もしかして『海龍』のキット化を画策したりしてる?

 だったら、ぜひ1/72で出してください。(´・ω・`)

 ぢつは、海龍のことは子供のころ、そっち方面の雑誌か書籍で読んで知っていたものの、試作だけで終わった幻の特殊潜行艇だとばかり思ってたんだよね。イメージとしては、「飛行機みたいに海中を飛べる夢の潜行艇」って感じで。まさか量産されて、実戦参加こそなかったものの配備が進んでいたとは、想像もしてしませんでした。

 この超先進的潜行艇が、ある意味で実用化されていたとは。やっぱり当時から、日本の潜水艦技術には、恐るべきものがあったんでしょう。いま、通常動力部門で断トツ世界最高なのも、当時からの技術の蓄積があるからなんだろうね、きっと。

2015.08.07(17:43)|艦船・海洋コメント:(2)TOP↑
海龍
このあいだ呉の大和ミュージアムで
海龍後期量産型見てきました。
これが707のジュニアに
連なるのかとか考えると
日本の技術すげ~って思いましたね。
From: ときわ湯 * 2015.08.10 08:59 * URL * [Edit] *  top↑

私もこれ書いてるとき、青6のフリッパーを思いだしました。あのへんが直系ですね。
From: よが * 2015.08.10 17:52 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR