パーツ館にようこそ
 いちおう、プラモデルのつづき。具体的には、こちらのつづき。

 F-4ファントムIIのお話。

F-4EJK 01

 1950~60年代のひこーきが好きになった直接の理由は、小学校4年生(1967年)のとき、親父がストックしていた54~62年ごろの雑誌『航空情報』を見つけて、それを読みふけったからだった。

 親父は予科練帰りで、かーなりひこーきが好きだったんだろう。私がひこーきを見たいというと、すぐ横田基地とかに連れていってくれたもの。

 そーいえば、C-5Aギャラクシーが横田に初飛来したときは、わざわざ時間をあわせて到着するようにして、双眼鏡のあるドライブインの屋上から見たりしたもの。

 で、当時はベトナム戦争まっただなかで、横田や厚木には大量のF-4がいたんだよね。

 そのせいか、戦闘機っていうと、どうしてもF-4が象徴的機種になっちゃうわけです。

 たぶん、当時の自衛隊は主力がF-86Fで、そろそろF-104も配備がはじまってたころだと思うんだけど……

 近所の基地っていうと、まず思いつくのは横田で、自衛隊は立川に少々、府中の空自総司令部にいたっては、陸自のUH-1が何機かくらいしか配備されてなかったからね。だから、空自は「リアル」じゃなかったのですよ。

 ちなみに、東府中の空自総司令部を外から眺めていると、UH-1が離陸して、こっちを追い散らすように迫ってきた、なんていう経験も何度かありますが、それはまあ陽水の夏休みの記憶みたいなものなんで。(^^)

F-4EJK 02

 とにかく、小学生のころ、戦闘機=ひこーきっていうと、やっぱりF-4だったと思うんですよ。

 でも、どうなのかな。当時、日本の空を飛んでたのは、海軍のF-4Cが多かったのかも。空軍のF-4Eは、雑誌とかでは最新鋭・最強の戦闘機っていわれてたけどね。たぶん、よく目にしてたのは、F-4Cじゃないかと思います。

 これについては、とても印象的な記憶がひとつ。

 1970年ごろ……たぶん71年だと思うけど、ホンダがN360の後継として、「ホンダZ」っていうクルマを売りだしたんですよ。

 で、そのホンダZのポスターに、厚木のF-4CとならぶホンダZっていう超巨大・横長のやつがあってね。

F-4EJK 003

 これがF-4Cだとして、その手前にホンダZが停まってるポスター。幅2m以上、高さ60cmくらいだったかな。

 どういう経緯かは忘れたけど、このポスターを手に入れて、天井に貼ってた時期があって。

 もちろん、ホンダZには興味ないわけで、そのくらいF-4が好きだったっていうことでしょう。

 なんだかんだいって、史上最高の量産ジェット戦闘機だもんね。子供心に、充分にインプリンティングされて当然でしょう。

 今回、F-4をつくるのは、ぢつは35年ぶりくらいだったのです。そのせいか、つくってる途中でも、子供のころのあれやこれやをいっぱい思いだして、それもなんていうのかな、「自信」の一部になった部分があったりします。

 まあ、それはともかく、ファントムII、かっこいいよなー。(^^)

 こいつは、将来にそなえて、1/72をもう1個くらい、ストックしといてもいいかも。

 その前に、1/48をいつつくるか、そのへんも考えないとならないわけですが。それほど豊富に時間がのこってるわけじゃないからね。ちゃんちゃん。

2015.03.22(19:43)|人生を語るコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR