パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> ウルトラホーク3号 制作ノート2
 きのうのつづき。

 まず、リフト・エンジンの噴射口から、こちらはプラ板とプラ材の組みあわせでつくればいいから、かんたんといえばかんたん。

UH3-006.jpg

 最初に0.5mmのプラ板を幅12mm、長さ120mmくらいに切り、その表面にPカッターで等間隔の溝を切っていく。このモールドはあとでノズルのカバーというか、スリットというか、そういうものになる部分。

 溝ができたら、これを長さ20mmに切り、状態のいいものを4つ選んだ。このパーツを幅1mmのプラ棒で縁どっていき(上の写真はその作業をはじめたところ)、パテで継ぎ目を処理して角をとって、こーいう感じに。

UH3-007.jpg

 塗装用に、ガムテープに載っけてますが。こうやって黒鉄色に塗って、一丁あがり。

 次の脚庫扉はどうしようと考えたけど、もう上下を貼りあわせたあとなので、切ったりする細工は無理。だから、やっぱりプラ板を使うしかないと判断して、こーいうのをつくった。

UH3-008.jpg

 左のやつ。穴は着陸脚を差しこむ部分にあわせてある。ちなみに、右は完成したノズル。

 このパーツを、着陸脚を接着する位置に貼り、完全に乾燥したら穴の中央にPカッターで溝を切ることに。こんな感じでありますね。

UH3-009.jpg

 この中央部から扉が前後に開いて、着陸後は内部メカの保護のため、すぐに閉じるという設定。このへんは無理やりなこじつけです。ほかに思いつかなかったし、たんなるスジボリよりはいいかなということで。

 いちおう、これでディテールの追加は終わりと思ったんだけど、ついでにあといくつか手をくわえたくなるのが人情というもので。

 とくに、レドーム近辺。機首のアンテナ? は太いし、形状も三面図とは違ってるし。どうも、複数のプロップがあって、すくなくとも形状が3種類あったらしい。キットにはそのうち2種類がはいってる。

 そこで、よりシャープに見えるほうを選んで、アンテナらしきものをぶった切り、真鍮線とパイプ、プラ材でよりリアルっぽいのをでっちあげることにした。

UH3-011.jpg

 右がそれを装着したほう。左は使わなかったパーツ。この状態だとわかりづらいけど、仕上がってみるとぜんぜん印象が変わったので、結果的によかったんじゃないでしょうか。

UH3-05.jpg

 こーいう感じで。もちろん、プロップとは違うんだけど、自己満足の世界だから、これでいいのだ。

 あとは、ロケット・ランチャーの前後端に穴を開けて、おしまい。とはいえ、これもかーなり難易度が高い作業になっちゃって。

UH3-010.jpg

 翼下に懸架するほうは、こーいう平面に穴を開ければいいから、5分もかからず完成なんだけど。左が開口後。

 UH-3の最大の特徴でもある、胴体側面のロケット・ランチャーは、形状が複雑なうえ、断面がななめになってるでしょ? こいつが曲者で。

UH3-02.jpg

 これで見えますかね。ふつうにピンバイスを使うと、ほぼまちがいなく失敗する雰囲気でしょう?

 そこで、まず0.3mm径の刃で胴体に対してほぼ直角の穴を開け、これを手がかりに、0.5mm径でじわじわ穴を拡大していくという手順を踏む必要がありました。これがなんというか、頭が痛くなるような作業で。(TnT)

UH3-04.jpg

 後端の穴は、それにくらべればかんたん。つか、穴が開いてるかどうかはわからないんだけど、構造的に、開いてないとおかしいと思って、こーいう工作になりました。

 塗装は特撮ものの定番、水性ホビーカラーのH-8シルバーを使用。前にも何度か書いたけど、この塗料の質感が、特撮系のメカにはぴったりだと思うんですよ。

UH3-06.jpg

 ディテールを追加した裏面は、最終的にこーいう構成に。リフト・エンジンのノズルは、三面図ではエアインテイク(だと思う)のダクトの直下にあるんで、それはありえないってことで、離着陸時の安定性や構造を考えて、こーいう位置に決めた。

 じゃあ、そもそも三面図なんか関係ないじゃんということになるわけですが、まあそこは思考の流れといいますか、たんなるなりゆきということで。ヽ( ´-`)ノ

 デカールは大きいけれど、けっこう貼りやすくて、このキットでいちばんよかったのはデカールかも。

UH3-03.jpg

 このアングルが、いちばんかっこよく見えます。しかし、あらためて見ると、かなりでかい。重戦闘機ってことなんでしょうか。これならマグマライザーも運べるよな……っていうのは、いわないのがお約束。

 あれはUH-3をスケールアップした、専用輸送機だって説もありましたが、それもいわないお約束。

 おしまい。
2014.11.09(18:07)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR