パーツ館にようこそ
 去年のいまごろは、アストロボートのなんちゃって設定版をつくっていたわけです。こちらね。

 そのなかで、AIR-2ジニーのストレッチ版を、無理やり胴体下面に搭載して、着陸床との隙間がほとんどない状態っていうのをやってみたんだけど、現実世界でもそーいうことをしていた先達がいたそうで。

 最近お気に入りのブログ「蛇乃目伍長のエアフォースの英国面に来い! Mk.2」さんで紹介してる実験がそれ。タイトルはそのものずばりの「AIR-2が乗ってます」

 こちらですねー。



 しかし、よりによってマルヨンに積むとは。この本末転倒すぎるアイデアは、イギリスさんにもひけをとらないんじゃないかと。

 なかでも圧巻なのは、やっぱり離陸シーンでしょう。こんなに滑走路すれすれで、よく離陸するよなー。つか、たぶん実用性はゼロでしょう。危険すぎるって。

 なんでおとなしくF-106を使わないんだろう? SAGEシステムのないヨーロッパ前線での使用を考えたとか?

 とにかく、おもしろいおそろしいものを見させてもらいました。

 だけどさー、あのアストロボートはネタですむけど、こっちはたぶん本気もいいところだよねえ。すごいなー。なんだかマルヨンが気の毒に思えてきたりして。ヽ( ´-`)ノ

 ちなみに、動画タイトルのディン・ドンは、正式愛称がジニーに決まる前の、極秘コードネームらしい。


2014.09.21(15:57)|航空・宇宙コメント:(6)TOP↑
ジニーって本土防空用機体の必需品だったみたいよ。
From: ちぎれた羽根 * 2014.09.21 22:47 * URL * [Edit] *  top↑

たしかに、まだミサイルの信頼性が低かったからこそ、配備されてたわけで。でも、F-104じゃぜったいに運用できないでしょ。だから実験だけなんだけど……実験するまでもない気が。(^^;
From: よが * 2014.09.22 09:59 * URL * [Edit] *  top↑

これがネタ元か?
どうもお久しぶりです。
もしかして「謎の円盤UFO」のインターセプターは
これがモトネタですかね?
From: 流転 * 2014.10.06 22:53 * URL * [Edit] *  top↑

ごぶさたっす。

当時のミサイルはまだ信頼性が低いし、誘導兵器は敵がとーぜん妨害してくるってことで、結果的にロケット弾が採用されたみたいです。インターセプターのロケット弾は大型の核弾頭だから、ジニーがモデルでしょうし、スカイ1はもっと小型のマイティマウスみたいなものをモデルにしているんでしょう。
From: よが * 2014.10.07 09:54 * URL * [Edit] *  top↑

https://www.youtube.com/watch?v=dF75jHfawtM

こんなのがあった!
From: ちぎれた羽根 * 2014.10.22 19:24 * URL * [Edit] *  top↑

バッジャーが妙にかっこいい。(´・ω・`)

というのは置くとして、このCG、なんのためにつくったんだろう? 当時ならともかく、いまこれを説明する必要もないような気が。

それでも、洋上レーターサイトをつくってたなんて、ぜんぜん知らなかったんで、お勉強にはなりました。
From: よが * 2014.10.23 10:54 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR