パーツ館にようこそ
 F-39グリペンにつづいて、また架空仕様の自衛隊機をつくってるんですが、ひとつ問題が。

 グリペンの場合は2007年ごろの設定だったんで、近接対空ミサイルはAAM-3でもよかったんだけど、今回のは2018年ごろの設定のため、どーしてもAAM-5がほしいところなんですね。

 でも、ハセガワの武器セットにははいってないし、ほかを探しても1/72は皆無。あれま、まだどこも出してないのか。見てないけど、ハセガワのF-15J最終改修版はどうなんだろう? でも、それだけのためにあのキットを買う気にはならないよなー。

 ということで、自作しました、AAM-5。(´・ω・`)

 まず、土台になるのはAIM-9。9Bが最適だったんだけど、在庫が1個しかないんで、大量にある9Lかな、それを使用。

aam5-01.jpg

 まず、前翼を切り飛ばす。上は対照にするためのAAM-3。

 AAM-3の12.7cmX3.1mX64cmに対し、AAM-5は12.6cmX2.86mX44cm。直径はほぼ同じながら、全長が20cm以上短く、動翼もかなりちいさめ。

aam5-02.jpg

 なので、先端部をちょいと切りはなして、半球型に成型。ここ、微妙な段差があるんだけど、1/72では再現不可能なため見なかったことに。

aam5-03.jpg

 動翼はまず垂直にカットしてから、角度をつけていく。このへんはフリーハンドで、ただそれらしくっていうレベル。

aam5-04.jpg

 はい。ここからが本番。0.5mmプラ板を切りだして、ストレーキを作成。こいつを動翼と同じ位置に貼りこんでいく。もちろん、ゼリー状瞬接をつかってじわじわと。で、瞬接が乾いたら、こんどは流しこみ接着剤。これで、イモ付けながら、相当に力を入れてもとれなくなります。

 ストレーキはいくつか試した結果、実物よりやや大きめの高さ1.8mmほどにした。1.5mmじゃ、ぜんぜん目だたないんだよね。なので、このへんは模型的デフォルメということで。

aam5-05.jpg

 つづいて、プラ材を切って先端をとんがらせ、これも貼りこんでいく。ここもこまかいモールドがいろいろあるんだけど、1/72じゃ再現不可能なので、忘れたふり。

aam5-06.jpg

 最後。動翼のまわりにもおなじプラ材でディテールを追加。ちなみに、使っているプラ材はエヴァグリーンの0.4mmX1.0mm。このサイズ、使い勝手がよくて、けっこう重宝してます。

 なお、尾部の推力偏向ノズルは、当初プラ材で再現しようと思っていたものの、あえなく挫折(この大きさじゃ、どうあがいたって無理っすよ)、カッターで十字に切れこみを入れるだけで、がまんすることにした。

 あとは、サフを噴いて傷を消して、エアクラフトグレーを塗って完成。

aam5-07.jpg

 ちょっとオーバースペックっぽいけど、そーいうわけで模型的デフォルメだから、これでいいのだ。うーんと、動翼はもうちょっと小さくてもいいのか。でも、ストレーキとのからみで、このくらいはほしいもんなー。まあ、次につくることがあったら、また調整してみましょう。

2014.08.28(09:22)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR