パーツ館にようこそ
 7月に完成したのは、この1機のみ。

A6E 01

 先月のA-7Aにつづいて、A-6Eイントルーダー。それほど好きっていうわけでもないし、完全に60年代のひこーきなんだけど、A-7の次はこれでしょうって感じで。

 キットはフジミのA-6E「イーグルス」をチョイス。このキットはE型後期から機首下面についた、センサー・ドームの有無が選択できて、このドーム、TRAMなしにすると外見上はほとんどA-6Aと見わけがつかないってところがミソ。なので、E型といいながら、気分はベトナム参戦初期のA型という位置づけなのでした。

 キット自体は、発売されたのがたぶん90年代後半で、出来もそれなりにいいし、組立で苦労する部分もなかったと思う。

 そうねー、いちばん苦戦したのは、レドームかな。

 色がうまく決まらなくてね。何度か塗りなおしたあげく、#318のレドーム色は使わないことにして、水性カラーでやや薄めに調色したやつで妥協したんだけど、ここだけでのべ5日くらいかかったりして。もちろん、1回の作業は5分以下なんですが。

 機首はキャノピーまわりとならんで、ひこーきの顔だから、ここが決まらないと、いきなりテンションが下がったりするわけです。

 そうそう、あとね、主脚が折れました。(´・ω・`)

 まあね、これだけでかい機体を支えるんだから、しかたないといえばそれまでですが。結果的に、折れた部分に0.3mmの真鍮線をしこんで、軸打ちみたいなかたちで接着しなおして、これはこれで強度は保っているようであります。

 武装はA型がベトナムに参戦した初期の仕様で、例によってMk.82爆弾をMERで合計12発と、クラスター爆弾のSUU-30をTERで6発、それに胴体下面の増漕……

 えーと、つくってから……つか、3日くらい前に気がついたんだけど、SUU-30って、どの資料を見ても空軍の装備みたいで、海軍が使ったっていう記述が見あたらない。orz

 たとえば、こことか。どこにもNavyとは書いてないわけで。(TnT)

 F-4の武装を見て、こーいうチョイスにしたんだけど、そうだよなー、ファントムIIは空軍も使ってたわけで。しくしく。

 という、非常に中途半端なものになっちゃったので、写真は1点のみということで。しくしく。

 だけど、このころの機体は、レドーム色なんかもふくめて、ある意味で華やかだよね。前縁スポイラーや水平尾翼のクリームイエローなんて、ほかの時代じゃまず見かけないもん。

 そのへんを再現できてるのが、うれしいといえばうれしいところであります。

2014.08.09(18:42)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR