パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> A-7AコルセアII制作2
 機首まわりが終わったら、今回いちばんの改造ポイント、主翼の加工に。

 結論からいうと、フラップ・ダウンにしたかったのです。理由。姉妹機であるF-8とならべるとき、それらしく見えるように。このときつくったやつね。

A-7 04

 そこで、前縁内翼スラット、後縁フラップを発艦状態に見えるように加工してみたしだい。前縁外翼のフラップは、うまく切りとる自信がなかったので、そのままにしちゃってますが。

 切断は、主翼に対して縦方向はエッチングソーで直接カット。横方向、つまりフラップ、スラットに並行の方向は、まずデザインナイフでモールドにそってスジボリを入れ、それをガイドにプラカッターで削りとっていくという方法。

 で、こっちは完全に切りとるのではなく、なんというか、頸の皮一枚のこして、ちょうどいい角度に折りこみ、そこに流しこみ接着剤を何回か塗布して固定。強度が確保できたらまたプラカッターで成型するという型式をとってみた。

 うん。うまくいったんじゃないでしょうか。なにより、強度が確保できたのがいいような。

 次は武装。ベトナム従軍当時の一般的というか、象徴的装備にしたいと思って、Mk.82爆弾をMERに合計12発、BLU-27ナパーム弾を2発、自機防御用のAIM-9Bを2発と、増漕X2という構成に。

 ただ、キットのMk.82とMERはあまりにもモールドがだるいので、いつものように武器セットのものを使うことにした。BLU-27も同様。

A-7 005

 下がキットのMER、上がハセガワのウェポンセット。やっぱり上のを使いたいっすよ。

A-7 06

 ベトナムに投入した兵器のなかでも、ナパーム弾はやっぱり象徴的でしょう。枯れ葉剤とならんで。ただ、けっこう大きいにもかかわらず、重量はわずか396kgだそうで。

 ちなみに、腹側はこうなっております。

A-7 07

 なんかつまんない。実際には、いろいろコーションなんかがあったと思うんだけど。NO STEPの裏側は、NO PUSHだっけ。そういうやつ。

 最後に、塗装とマーキングは、空母オリスカニーに配属されたVA-153、ブルー・テイル・フライズを選択して、その名のとおりのブルー・テイルの再現に腐心してみた。

A-7 05

 けっこうきれいなブルーになったんじゃないでしょうか。これ、かなり気に入ってたりして。

 これって、たぶん700円くらいで買ったやつだと思うんだけど、これだけおもちゃにしてやれば、充分に成仏できたんじゃないでしょうか。

 おしまい。

2014.08.03(18:51)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR