パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3日々の雑感
> ブラジル・フェアつづき
 点火から4時間が経過したあたりで、前夜から用意しておいた豆を追加。

fejo06.jpg

 これで2カップぶんだけど、結果的に、今回はこの倍量の白インゲンを投入することになった。つまり、すごーく大量ということ。ヽ( ´-`)ノ

fejo07.jpg

 なんだか鍋からあふれそうでありますが。ここで火加減を調整。弱火よりやや強い程度というか、吹きこぼれない程度というか、そのくらいで時々さし水をしながら、ことこと煮込んでいく。

 すると、6時間が経過したころから、豆が煮崩れはじめ、液体が白濁して粘性を帯びてくる(調理の説明とは思えない表現(^^; )。そうなったらフィニッシュ間近で、最後の具材がくわわりまする。

fejo08.jpg

 豚のバラ塊を適当な大きさに切ったものを300gほど。つまり、肉類だけで1.2kgも使っちゃうわけです。そりゃ、大量になるよね。ちなみに、いわゆる精肉はこのバラ塊だけ。

 これを最後にまわすのは、すぐに煮崩れてしまうから。この時間まで待っても、完成すると、ほとんど原型をとどめなくなるんだよね。

 さて、さらに1時間くらい、加熱をつづけていくと、豆がかなりつぶれてきて、壇太郎さんが「田舎汁粉のよう」と表現した状態になる。

fejo09.jpg

 こんな感じね。これでいちおう完成。

 今回は肉類が多かったせいか、豆があらかたつぶれても充分な粘性を得られなかったため、急遽もう2カップの豆を準備して、けさ圧力鍋で煮てもらい(ここはとーこちゃん担当)、それを追加して今回の完成形とした。

 完成したフェジョアーダは、カレーライスと同じように白飯にかけて食う。そのさい、ブラジル人はキャッサバの粉とか、ケールの葉っぱを炒めたものを載っけるが、今回はそのへんは省略。

 ちなみに、以前しょっちゅうつくっていたころは、ケールのかわりに芽キャベツの炒めたやつを載っけてた。これが日本人にはいちばん合うかもしれない。

 さて、つけあわせはブラジリアン・ソーセージ。

braz01.jpg

 こーいうやつで、リングイッサ・トスカナという。トスカーナの名前がついてるけど、イタリア製ではなく、ブラジルで進化した赤肉系の脂肪がすくないソーセージ。たぶん、「トスカーナ・ソーセージっぽい」くらいの意味でしょう。

 調理としては、ほかのブラジル食材と同じく、きつい塩味がついているので、ただ焼くだけでいい。

braz02.jpg

 こんな感じね。さすがに400gあるとでかい。

 以上を食卓にならべてみました。

braz03.jpg

 サラダは適当。リングイッサにかけるのは、わが家で「サルサ」と呼んでるソース。トマト、玉ねぎ、ピーマンをみじん切りにして、レモン1個をしぼり、ローリエを1枚入れて風味をつけ、かくし味にタバスコをくわえたもの。

 その昔、新宿にあったメヒコ料理の名店「エル・ボラチョ」で食べたアヒ系サルサがいたく気に入り、それをまねてつくるようになったもので、肉系ならなんにでもあう。当初は鷹の爪も入れてたけど、最近は年のせいか、タバスコだけになってるな。もちろん、フェジョアーダに載せても美味。

 なお、フェジョアーダはとーぜん、1度や2度で食いきれる量ではないので、のこりは1回ぶんずつジップロックに入れて板状にしたあと、さめるのを待って冷凍保存にする。今回のは……そうね、6回ぶんくらいになりそうかな。

 おしまい。


2014.07.13(14:44)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR