パーツ館にようこそ
 ワールドカップもあと1日で、ブラジルは相いかわらず醜態をさらしつづけてますが、それは置いといて。

 ワールドカップ開催中につくろうと思ってたブラジル料理を、きのうやっとつくりましただ。

braz00.jpg

 フェジョアーダ。(´・ω・`)

 5年くらい前までは、年に1、2度はつくってた、わが家の定番メニューだったんだけど、最近は材料のモツ類が手にはいらなくなって、とってもごぶさただったのですよ。

 ところが、6月に群馬のブラジル、大泉町に行ったところ(ぢつはうちから1時間かかんない(^^; )、フェジョアーダ・セットという肉類の詰めあわせを見つけて、それを使ってみたしだい。

 ちなみに、わが家のは黒いフェジョ豆ではなく、汎用性の高い白インゲンでつくるので、厳密にいうとブラジルではなくチリ風なんだけど、まあ細かいところは気にしないということで。

 さて、つくり方。じつは自己流で、だれかに習ったことはないんですが。昔、どこかで食って、うまいからそれを再現したっていう。あと、壇太郎『新・壇流クッキング』は参考にしました。つくり方はかなり違うけど。

 まずは、牛のスジ肉を300gほど。

fejo01.jpg

 これをひと口大に切って、鍋に投入。水から煮込みます。

fejo02.jpg

 大量のアクが出るので、こまめにとりながら、1時間ほど。そのあいだに、大泉町で買ってきた肉類詰めあわせを、これもひと口大に。

fejo03.jpg

 こーいうやつで、ブラジリアン向けスーパー「TAKARA」で売ってた。中味は豚の足、耳、尻尾、牛肉の各塩漬けと、各種ソーセージ、香辛料など。ぜんぶで600g。

 ほかはともかく、豚足はふつうの包丁では切れないので、厚刃の和牛刀で切断。切るとこんなに量が多い。さすがは600g。

fejo04.jpg

 これを、塩ぬきとかしないで、点火から1時間経過した鍋に追加する。

fejo05.jpg

 スジと違って、ここからはアクをひかないのがコツ。つか、アクも味のうちっていうか、アクにこそ旨みがあるというか。で、この状態で中火よりやや弱いくらいで3時間煮込むのですね。

(長くなりそうなので、つづく)

2014.07.13(12:54)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR