パーツ館にようこそ
 ローアングルのリアビュー。

F-39 03

 尾翼の白頭鷲マークが若干シルバリングを起こしてるけど、古いデカールだからしかたないでしょう。八三のイーグルじゃなくて、百里時代の七枚冠毛ですが、これもしかたなし。

 さて、コクピットまわりはそーいうわけで、シートなどのディテールを追加して、飛行姿勢なのでパイロットを乗せて、だいたいこんな感じに。

F-39 006

 このあと、機首にウェイトをつめて、左右を貼りあわせて、胴体はおしまい。

 ピトー管やアンテナ類は真鍮線に置きかえて、マウザーBK-27機関砲も砲口を真鍮パイプに置きかえ、排莢口を開けて、それらしくデコレーション。改造はたぶんそのくらいかな。あと、HUDなんかも追加してるけど、これもいつもの細工。

F-39 06

 忘れてた。機首レドームには、日本仕様ということで、ライトニングアレスターを何本か貼りこんでみましたが、この工作はどうだったか。ライオンロワの0.5mmプラ棒なんだけど、これでもやや太い気がするかも。

 武装は自衛隊仕様ということで、例によってハセガワの武器セットから、ASM-2、AAM-4、AAM-3をチョイス。洋上哨戒任務ですね。それに増漕をひとつ。

F-39 007

 増漕はこーいうかたちで、ジャンクパーツをいくつか組みあわせた、オリジナル品。グリペン固有のタンクと、なんとなく自衛隊仕様のとの中間的形状というか、そーいうイメージづくりに腐心したやつで、じつはここにいちばん力を入れたりして。尾部だけ四角い断面になってるのですよ。(^^;

F-39 07

 塗色は迷ったあげく、対空ミサイルと同じグレー系に。マーキングは適当。

F-39 04

 デカールですが、部隊マーク、国籍マークなどは基本、ハセガワのF-15J(旧版)より流用。コーション類はキットのものを使ったり、ジャンク品からいろいろ流用したり。ミサイル類については、武器セットに同梱されたやつを使用。

Hyakuri_F-2_02.jpg

 塗装はこのへんの写真を見ながら、それらしく。ただし、F-2の迷彩をそのまま使うと、バランスがかなり悪くなりそうだったので、そのへんはあくまで臨機応変にね。

 これを、洋上から見たらどうなるかというと、

F-39 05

 (´・ω・`)

 そこそこいい感じじゃないでしょうか。

2014.06.29(17:06)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR