パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> おとなの戦闘機
 ひさしぶりに駐機状態のひこーきをつくった。たしか、8月のMV-22B以来だから、6カ月ぶりくらい。

 このところ、50年代の機体ばかりつくっていて、今回はチャンスボートF-8Eクルセーダーさん。

F-8E 01

 アカデミーの1/72。いま、手にはいるキットは、実質的にこれだけでしょう。前に買っといてよかったよかった。

 アカデミーというと、前回さわったA-10Aがなまぬるいキットだったんで、期待しないでつくりはじめたんだけど、これがなかなかどうして、非常にシャープな製品でした。組説とかはしっちゃかだけどね。

F-8E 02

 F-8といえば、やっぱりこの2ポジション・ウィングなわけで、これを再現できるのがうれしい。

 キャノピー枠にはデカールがついてたのに、それに気づかないでまた手塗りにしてしまった。それも、完全フリーハンド。だって、マスキングが面倒なんだもん。

 その枠は実機だと(デカールでも)黄色になってるけど、黄色は食いつきが悪いからね。どうもピンとこないんで、思いきってエメラルド・グリーンにしてしまった。これがなかなかおしゃれ。

F-8E 03

 武装はさんざん思い悩んだあげく、爆装ということに。ラスト・ガンファイターにはサイドワインダーがよく似合うとわかってはいるものの、このキットにはズーニーの連装ランチャーなんていう、超レアなアイテムがついてたんですよ。で、Mk82爆弾の出来もいいし、デカールが海兵隊だしってんで、涙を飲んで戦闘爆撃任務にしたしだい。

 いつか、このキットでもいいから、制空仕様もつくってみたい。つか、そろそろハセガワさんあたりで、決定版をつくってくれると、とてもありがたいんですが。

F-8E 04

 主翼を離着艦ポジションにした場合、前縁フラップと主翼とのつなぎめは、こーいう赤い塗装になるはずなので、それも再現してみた。ただ、このへん、記憶が曖昧で、正確かどうかは自信なし。

 コクピット内部をふくめて、細部にはほとんど手をくわえてないと思う。ファインのシートベルトを追加したくらい。あと、機首のピトー管は、パーツをぶっとばしてしまったので、例によって真鍮線。また、ズーニー・ロケットの弾頭部などは、よけいなモールドを削ったりしている。

F-8E 06

 で、タイトルの「おとなの戦闘機」ですが、恥ずかしながら、あたしゃ30近くになるまで、F-8のすごさがわからなかったんだよね。やっぱり、前作カットラスのキワモノ感が強かったのか、F-4万能論を信じてたのか、いまとなってははっきりしませんが。

 ところが、20代も後半になってきて、だんだんF-8こそ50~60年代を代表する艦隊防空戦闘機だと思うようになったのですよ。

 だから、おとなの戦闘機。この機体の真価は、子供にはわかんないのさ。ヽ( ´-`)ノ

F-8E 07

 たとえば、このキットでは、機首に重りを入れる必要がないのですね。それだけ、もともとの機体のバランスがすぐれているってこと。これが、クレマンソーやフォッシュでも運用できるという、優れた安定性につながったんでしょう、きっと。

 中高校生くらいじゃ、こーいうとこには目がとどかないわけで。

 閑話休題。

 キットはすごくいい出来で、手を入れる部分はほとんどなし。たぶん、パテはほとんど使わなかったんじゃないかな。ベントラル・フィンのところにやや隙間ができたので、それを埋めたくらいで。

 ただし、パーツ割りの関係で、飛行姿勢に改造するのはかなりきつい感じ。また、内部構造をいろいろつくりこんでいるため、胴体左右の接着には細心の注意が必要。

 デカールは第232戦闘飛行隊レッド・デビルズ(この作例)のほか、第333戦闘飛行隊ファイティング・シャムロックスも選択可。ただし、デカールを貼る位置の指定がかなりなんちゃってなんで、事前に調整しないと辻褄があわなくなるかも。

 ちなみに、この機体、150329番機は作例になった67年11月ごろ、南ヴェトナムのダナン空軍基地に展開してたらしい。だから、やっぱり爆装でしかたないんだよね。

F-8E 08

 腹側。こっちはあんまり見るところなし。Mk.82爆弾は6ラックのBRU-41に4発ずつ搭載しているけど、これはA-10Aのところで説明したとおり、これが通常の運用法だったらしい。

2014.02.24(14:55)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR