パーツ館にようこそ
 スーパーボウルLVIIIIがらみで。

 アメリカ本土で話題になってるのは知ってたけど、まさか日本でも、という感じで。スポニチの記事。

「マニング3度目スーパーボウル オマハ効果?32回パス成功」というエントリー。

 結論からいうと、OMAHA! オマハ! はアメフトではよく使われるフォーメーションのコード。つまり、暗号というか、プレーコードでね。それ自体はいろんなチームで、いろんな意味で使われているのです。どうやら、ペイトンの弟でNYGのQB、イーライ・マニングも多用するそうで。

 でも、ディヴィジョナル・プレーオフで、このプレーコールを過大評価してしまったチャージャーズが、デイフェンスのオフサイドを5回だか6回だか冒して……つまり、NFL記録になるくらいにはめられちゃったんで、一躍有名になった模様。

 たしかに、この試合も見てましたけど、なんでこんなにひっかからるっていうくらい、たてつづけに罠にはまったのがおかしくて。

 でもね、考えるに、あの「オマハ!」には、ほとんど意味がないんだと思いますよ。すくなくとも、これまでの試合では。

 とはいえ、いちばんありそうなのは、スーパーボウル本番で、このコールに意味を持たせるというストラテジィ。戦略ですね。いわゆるロード・オブ・スーパーボウルのなかで、そのくらいのことを考えるのは当然ではないかと。すくなくとも、エルウェイの霊が宿ったペイトンとしては。

 ということで、カンファレンス・チャンピオンシップでは語られることのなかった、このプレーコール「オマハ!」が、またなんらかのかたちで炸裂しても、不思議ではないと思うしだいであります。

 なんつーかね。今年のスーパーボウルは、これまで35年くらい見てきたなかでいちばん印象にのこるゲームになるような気がしますです。

 なんちゃって、デイフェンスでまさるシアトルが、悲願のスーパーボウル初制覇になる可能性も、そうねー、30%くらいはあると思うんだけど。今季の出来からして。

 ちなみに、スーパーボウルを通じての、いちばんの注目選手をあげときましょう。

 両QBとか、エース級をのぞいて……

 ブロンコスのルーキー・ランニングバックRB、#28のモンティ・ボール!

 ブロンコスのエースRBは#27のモレノだけど、そのシャドウとして、試合を決定づけるのは、ルーキーのボールじゃないかって、ずっと思っております。ポスト・シーズンにはいってからずっと。

 なんたって、名前がいいしね。ボール。量産がききそうで。(´・ω・`)

2014.01.21(20:01)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR