パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> パイロット養成
 おゆまるを使ったパイロット養成(パーツ複製)のつづき。

oyu04.jpg

 型どりをするときは、こーいう感じで、とりだしやすさを考えるといいっぽい。というか、原型にするパーツにのこっている合わせ目線に沿って、おゆまるに押しつけていくというべきか。

 もちろん、合わせ目線は削り落としてから複製するので、今回の原型と同じで、まだ加工していないぺつのパーツを参考にするとよさそう。というか、そうやった。ハリアーGR.1のパイロットさん。

 湯口をつくらないから、余分なパテは左みたいに、薄い板状になって硬化する。でも、このほうが硬化具合がわかったり、いろいろ便利だとわかったので、むしろこっちのほうがオススメ。湯口は考えすぎだった。

oyu05.jpg

 こうして、25個複製したうち、12個が使用できるレベルになりました。10個が目標だったので、いちおう目標達成ということで、型どりは終了。

 このあと、デザインナイフを使って切削にかかる。上の写真だと、左の4つが切削ずみ、まんなかのが未加工、右の5つくらいが不良品。

 切削はデザインナイフが必須ね。最初、ふだん使ってるカッターでやったら、みごとに失敗した。これで、のこりは11個。

 また、切削しているあいだに脚や腕がもげたのもあったけど、これはジェル状瞬接で補修すれば無問題。

 切削していると、気泡が出てきたりするので、ひととおり成型が終わったところで、こんどはプラパテを使って細部を補修してやる。このへん、写真撮るのを忘れた。(^^; つか、両手がふさがってて、撮れないわけですが。

 そのあと、金属やすりでパテを養生してやり、最後に1500番のペーパーで仕上げ。

 さらに、塗装のことも考えて、サフをたっぷり吹いてやり、瞬接で右腕をくっつけて、できあがり。

oyu06.jpg

 あれ? 9個しかいない。不思議だ。いま手元には11個あるのに。(^^;

 なお、足先がうまく成型できなかったやつも1個あったけど、この部分は完成するとふつう見えなくなるので、そのまま使えるはず。つか、コクピットにおさまらなくて、足先を切断するケースもあるので、これはこれで充分というか。

 これを万年皿に入れてみると……

oyu07.jpg

 パイロットの佃煮。(^^;;;

 ともあれ、これでパイロットも16人かな、確保できたんで、4~5年は人材不足を心配することもないでしょう。実際のところ、山のなかにはまだ10人くらいのパイロットが眠ってるはずだし。

oyu08.jpg

 ためしに、1個だけ塗装してみた。50年代アメリカ海軍パイロット。まあいいんじゃないでしょうか。

 おしまい。
2013.11.10(16:15)|プラモコメント:(2)TOP↑
ハセガワとかフジミのクルーセットってもう手に入らないの?

そういえば、前もスポットでしか生産してなかったみたいだし

>おゆまる、あ~そういえばそんな素材あったね.
久しく作っていなかったのでそういうことには疎くなりました。
作りたいのはあれど、ヒマがないw
From: ちぎれた羽根 * 2013.11.10 18:43 * URL * [Edit] *  top↑

パイロットだけっていうのはないみたいですね。だいたい、細かいことをいうと国や年代でそれぞれ装備も違うし。でも、1/72だから、細かいところは気にしないってことで。

おゆまる、楽しいですよー(笑)。むしろ、複製することそれ自体が目的だったりして。ヽ( ´-`)ノ
From: よが * 2013.11.11 09:03 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR