パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> パイロット不足
 このところ、飛行姿勢のひこーきばっかりつくっていたら、ジャンクパーツ内にいるパイロットの在庫がすくなくなってきた。

 そこで考えたのが、複製。ネットでよく見かける「おゆまる」というアイテムを使って、パイロットを量産しようと思いたったのですね。先週、TamTamに行ったのは、それに必要なタミヤのポリパテを調達するためだったりして。

「おゆまる」というのは、ヒノデワシという文具メーカーの製品で、熱湯でやわらかくなり、冷めるとかたまるプラスティック素材のこと。100均なんかで売ってる。こーいうやつですね。

 複製といっても、用意するのはこれとポリパテだけ。この簡便さと、単純作業ですむ点がモデラーさんのあいだで好評みたいなので、自分でもやってみようと思ったしだい。

 まず、色違いのおゆまる2本を各半分に切って、熱湯に3分つけてやわらかくする。80゚cでやわらかくなるとのことだけど、まあ熱いほうがいいだろうということで。

oyu00.jpg

 こんな感じ。色違いにするのは、上下から押しつけたとき、その境界線がはっきりわかるようにするため。半分に切るのはこれが適量だから。

 やわらかくなったら、熱湯からとりだして、軽くかたちをととのえたあと、原型となるパイロットをはさんで上下から押しつける。今回の原型はハセガワのたぶんシーハリアーの乗員。この人は救命胴衣を着用しているけど、これは必要なければあとから削り落とせばいいので、そのまま使用した。

 押しつけて、20分くらい放置すると、そろそろかたまってくるので、完全に硬化しないうちにふたたび分割する。

oyu01.jpg

 もし、はがしにくいようなら、カッターで切れこみを入れるほうがいいかも。また、次の工程で合わせ目をきれいにするため、あらかじめ上下左右をカッターで切って目印にするとよさそう。そうすれば、切断面で合わせられるので。

 最初はこれに気づかず、ポリパテを盛ったあと再結合に苦労したんだけど、それはまたべつのお話。

 このあと、原型をとりだし、ポリパテを用意して、この型に盛りこんでいく。ちゃんと複製できるよう、細かいところにもしっかりパテを押しこんでやる。

 さて、こうして複製した1個めの試作品をとりだしてみると……頭がない。orz

 うーん。けっこう繊細だな。2個めはヘッドルーペ着用で、より慎重に。

 でも、また失敗。(TnT)

 3個めはさらに繊細に作業を進めて、なんとか実用可能なレベルになった。ぱちぱち。

oyu02.jpg

 でも、これじゃ歩留まり3分の1ですよ。量産にはほどとおいっす。それに、型のかたちが悪かったらしく、もう破けてきた。これじゃ時間ばっかりかかって、初期目的を達成できないので、方針転換を決定。

 まず、型を量産して、そのあとパイロットの量産にうつるのだ。

 さいわいというか、とーぜんというか、3回の試作で型どりのコツなんかもわかってきたので、その経験をもとにまた型から制作にかかる。 最初の型には、よぶんなパテが逃げるよう、湯口みたいな開口部をつくったんだけど、これは不要だとわかったので、2個め以降は型どりした状態のまま使用することにした。

oyu03.jpg

 結局、型はあと3つつくって、合計25個の複製を作成。最初の型は結局4回使用したところで壊れ、ほかの3つを7回転させた計算。

(つづく)
2013.11.10(15:40)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR