パーツ館にようこそ
 第11回女流モンド杯。初出場の高宮まりプロが、決勝2連勝で初タイトルを奪取してしまった。ぱちぱち。

 麻雀バトルロイヤルの告知で、女流チームに高宮がはいってたから、優勝したのはわかってたけどね。勝ちっぷりがまたつきぬけてました。

 とくに、決勝1回戦。スコアだけ見ても……

 東2局  リーヅモ三暗刻ドラ3 ハネ万
 東3局  テンパイ後、宮内に9600放銃
 東3-1 メンピン一発ツモドラ1 満貫
 東4局  平和二盃口をテンパイして、和久津に7700放銃
 東4-1 タンヅモドラ2 満貫
 南2局  ひとりノーテン
 南2-1 リーチ一発ツモ北ドラ1 満貫
 南4局  テンパイ後、和久津に2900放銃
 南4-1 平和のみで終局

 ひとりで満貫以上をツモりまくってたもんね。しかも、降りるところはきっちり降りてたし。放銃はテンパイしたときだけで。

 2回戦は和久津のチョンボがあったものの、ここでも守備にまわらず、きっちり和了りきって、追撃をかわしたのが好印象。

 こういう攻めっ気の強いバランス型っていうのは、これまで女流にはあんまりいなかったんじゃないですかね。しいていえば、黒沢咲さんがこのタイプか。

 だとすると、これからもっと強くなるよ、きっと。個人的には、いま最強の女流は黒沢だと思ってるんで。

 ここ3回、石井、魚谷と初出場者が女流モンドをとってるけど、高宮の場合、このふたりとくらべてすごく華があって、これも大きな武器になるでしょう。モンドのグラビア番組に出演したのは、和泉さんに次いでふたりめだし。初戴冠がテレビタイトルっていうのも、いかにも強運の持ち主って感じで。

 たしか、まだプロ入り3年だからね。これからが楽しみであります。

 ところで。

 モンド史上初のチョンボも出ちゃいました。フリテンロン。これまでも、たとえば清水香織さんが電影大王位の決勝で、ロンの声が出せずに敗退したり、今回も予選で宮内さんが誤ポンをやらかしたりしてるけど、正式なチョンボは、記憶にあるかぎり初のはず。

 和久津ねー。いかにもですが。あの雀風だもんね。

 さて。

 今年も女流が終わって、次のイベントはバトルロイヤルになるわけですが。

 卓上の舞姫が復帰します! 8月の長女出産後、初の公式の場をバトルロイヤルにするとは。モンドさんもよくやります。これで11月10日は生放送を見るっきゃないわけで。ヽ( ´-`)ノ

 とにかく、引退しないのは確実みたいで、それでけでもよかったっす。

【11/2追記】
二階堂亜樹プロの出産後初の公式登場は、麻雀道画の解説とのこと。でも、初打ちはバトルロイヤルでしょう。たぶん。

あと、モンドの初チョンボは電影大王位戦で浦田和子プロが記録したらしい。

2013.10.30(12:41)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR