パーツ館にようこそ
 制作ノート3のつづき。

 キットでいちばん問題だったのは、じつは本体じゃなくて、デカールがわりのシールだったりした。

 キットの紹介で書いたとおり、このアストロボートはマブチの水中モーターをくっつけて、水陸両用で遊べるおもちゃっていう位置づけだったため、「耐水シール」というのになってたのですよ。

AB00333.jpg

 この再掲写真の左端に写ってるのが、それね。

 だけど、よーするに昔ながらの「シール」であって、これをそのまま貼りつける気には、とてもなれないわけです。

 さらには、プロップというか「実機」と、つらつら見くらべるてみると、

 致命的な違い があったりして。(^^;;;

 実機(本編)をじっくり見ると、このロケットみたいな識別マーク(?)の下の部分には、燦然とはっきりと、「FAFC」の文字が描いてあるのですよね。

 これを見た瞬間、あーあ、やっちゃったって感じで。ヽ( ´-`)ノ

 ネットでこのキットの作例をいくつか見たけど、これに言及している人はいなかったんで、たぶん新発見でしょう。ヽ( ´-`)ノ

 でも、気づいた以上、キンアカで文字を追加しないとならないわけでありますっ!

 いま、手持ちのデカール自作キットは、ガイアノーツの「おうち de デカール」しかないので、これのクリアタイプを使うことにして、ふだん使っているPhotoshop Elementと一太郎で作業開始。

 耐水シールをスキャンして、それをもとに「FAFC」の文字を追加したり、「AAB-Γ」のロゴがガンマの大文字にはとても見えないので、実機とは違うもののガンマを小文字にしてみたり、いろいろやってみた結果がこれ。

AB0031.jpg

 上の透明シールとくらべると、下の自作デカールがかなり違って、実機に近づいたのがわかると思います。

AB0001.jpg


 まあ、実際には、これをじっくり見ないとぜったいわからないんですが。ヽ( ´-`)ノ

 ところが、いざこれを貼る段になってみると、大きさが実機とはかなり違うことにも、気づいちゃったりして。なんなんだよー、このシール。(TnT)

 結局、一太郎の縮小プリントアウトの機能を使って、なんとか実機に近づけることに成功。

AB0032.jpg

 上が使用前、下が使用後。使用後にはコーション・マークやFAFCのロゴも追加して、こっちを採用することに決定。

 つまり、もとの耐水シールについては、ロケット・ロゴを借用したにすぎないという結果になったわけですが、まあしかたないでしょう。ともあれ、今後このキットをいじくる場合、こだわりたいという人は、

 デカールの細工  が必須です(嘘)。

 なお、デカールは自作したもののほかに、ジャンクの日章旗とか、イギリス機とか、月世さんの「サテライト・コーション・デカール」とか、そーいうものを用意して、あまりくどくならない程度に貼りつけました。今回はこのへんのリアルさは「そこそこ」がいいと思うので。なにしろ、ほとんどスジボリしてないんで。

 ということで、これにて完成~ぃぃ。

「おうち de」の場合、仕様として、ややシルバリングみたいなものが見えますが、クレオスのつや消しトップコートをたっぷりめに吹きつけておくと、2カ月もたつと段差が見えなくなるはずなので、そのうち落ちつくはずです。

(つづく)

2013.10.09(19:35)|アストロボートコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR