パーツ館にようこそ
 これのつづき。カテゴリーにも「アストロボート」を追加しますた。

 それで、このキットをつくるにあたって、どういう変更をくわえるか、いろいろ考えてみた。

AB0001.jpg

 元ネタのこいつを見たりしながら、ですね。

 それにしても、『ギララ』って、作品としてはどーしょもないけど(光瀬さんが監修してるってところはおくとして)、アストロボートなどの宇宙機やロケットの類い、そしてギララ本体の造形美だけで、名作の仲間にはいっちゃうってのがすごいね。

 いや、名作はいいすぎだな。「心にのこる作品」ということにしておきましょう。

 それで、このキットですが、とにかく昭和40年代の金型だから、精度ははっきりいって期待できないし、ぜんぶ生温い。どこからがパーツで、どこからがバリか、ぜんぜんわかんないし。仮組してみると、当然あわない部分が多いし。(^^;

 かといって、デザイン的にいって、細部に凝るっていうものでもでもない。たとえば、最初はスジボリを多用しようかとも思ったんだけど、やっぱりそれは違うわけで。

 じゃあ、どうするかと考えながら、DVDを見てるうちにひらめいた。後日譚、つくりましょう。

 ストーリーは……

 地球の国際機関FAFCは、火星着陸をめざして遠征部隊を何度となく送りこんだ。しかし、かならずUFOが出現して部隊は遭難、消息を絶ってしまう。そこで、最後の手段として最新の原子力宇宙機AABガンマ号、通称アストロボートを出動させることに……というのが、物語の発端。

 で、乗員のひとりが発病して月基地に緊急着陸して、檜の湯舟に浸かったりしたあと気狂いドクターを乗せて再スタート。すると、案の定UFOにじゃまされて火星どころじゃなくなり、地球にもどってなぜかパーティをやっていると、ギララが出現、と。そーいう展開になるわけです。

 もうこれだけで、脚本が破綻してるのがわかるわけですが。ヽ( ´-`)ノ

 そこで、ギララ禍のあと、FAFCの責任者が交代してまともな人間になり、まともな計画を立案。火星に行く前の段階として、そのUFOとコンタクトするか、場合によっては破壊するという任務をアストロボートにあたえると、そーいう後日譚をでっちあげたわけです。

 この新任務のため、アストロボートには強力な通信・計測機器類を追加するほか、万一の場合にそなえて、強力な攻撃兵器も装備することになったんですが、ここで悲劇が。

 なにを血迷ったか、この改装をイギリスに依頼しちゃったんだよね。(´・ω・`)

 イギリス航空宇宙業界は欣喜雀躍して、追加機器を「自分たち流に」搭載したわけで、それはもう悲惨なことに……

 という設定で、ディテールを追加することにしたのですね。

 イギリス機の、あのなんとも名状しがたい装い。これをアストロボートで再現しようというわけであります。ヽ( ´-`)ノ

 もちろん、前提として、もとの構造は変更せず、よりシャープにディテールをきわだたせるという基本工作はきっちりやりますが、それにくわえて「変なもの」を追加しちゃおうと、これが今回のアストロボートのテーマになります。

 今回はめずらしく、作業途中も写真を撮ったので、次回以降はそれも紹介しながらということで。

(つづく)

2013.09.17(16:55)|アストロボートコメント:(2)TOP↑
どうもです。
ところでアストロボートなのですが、映画の封切り前に、少年週刊誌(たしかサンデーだったような・・・でももしかするとマガジンかも・・・)に内部図解が載っていてそこにあの湾曲したウイング(?)の中にメーザー砲と核ミサイル(!)が装備されているとされていましたね。
マァこういうのは本来の設定と言うより雑誌が発注したライター(イラストレイター?)がデッチアゲた設定なのでしょうが・・・、もし掲載誌がマガジンだったとすると、設定したのは大伴昌司かもしれませんね。
From: 流転 * 2013.09.17 20:26 * URL * [Edit] *  top↑

よくおぼえてますねー。あのころのカラー図解(っていっても2色刷りくらいですが)をムック1冊にまとめてくれたら、迷わず買うんですけど。

それで、搭載兵器はもちろん核弾頭です。それも、ミサイルじゃなくて、撃ちっぱなしのロケット。実際にあったジニーっていうやつの拡大版になっとります。プラス、コーバック号の尾部補助推進器(笑)。
From: よが * 2013.09.18 09:36 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR