パーツ館にようこそ
 巡礼9のつづき。

 ショールームでは、どきどきするようなこともあったのだけど、それはまたべつの話。

 これで順路は終わりだと思うが、あれ? 物販コーナーがない。せっかくきたんだから、Tシャツくらい買いたいけど(前日の企業ブースでは、もう売りきれていたので)。

 それで、案内をよく見ると、なんとこの開放日には、2階と3階でも展示・説明があり、物販は5階で大々的にやっているとのこと。ラッキー。やっぱり競輪場がスカで大ラッキー。

 さっそく、階段を探して会場にたどりつき、3D-CADの実演を見たり説明を聞いたり、ボックスアートの原画を見たり製造工程を見学したり。これは、競輪場はもちろん、ツインメッセより内容が濃いっす。

 なるほど、ツインメッセのタミヤ・ブースがそっけないくらいだった理由がわかりましたよ。「くわしくは本社で」っていうことだったのね。

 そのあと、5階の物販コーナーに行って、待望のTシャツをゲット。

19-121_20130524121644.jpg

 ついでに、以前から探していたデザートカラー仕様のトーネードも見つけた! どこにも売ってないんで、もう絶版かと思ってたのに、なんと3つありましたよ。

 これ、3つとも買うべきだろうかと、逆上しつつ考えたものの、最後は理性が勝って、1個にしておいた……けど、いま思うと、2個のほうがよかったかもしれない。(^^;

 さて、大満足でタミヤ本社をあとにして、時刻は2時50分。帰りの新幹線は大混雑が予想されたため、前もって指定席をとってあった。その時刻まで、まだ2時間近くある。

 そこで、最後の余韻にひたろうと、またツインメッセに逆もどり。というか、きたときとはべつの道をたどって、ふたたびメッセに到着。

 企業ブースか、合同展か、迷ったあげく後者を選び、ざっと見てまわると、意外にも、まだ見てないテーブルがいくつかあった。というか、テーブルふたつぶんを完全に見逃していたらしい。ちょうど、城郭戦艦の次の列だったので、興奮して通りすぎちゃったんだろう。

 ひとつは、ひこーき関係、それも民間機・大型機のテーブルで、ここでもすごい作品があった。

19-027.jpg

 ヤマト急便仕様のB-52、B-2、B-1ですよ! どーすれば、こーいう発想ができるのか。

 たしかに、模型ブロガーでは「架空飛行機工場」さんが、パンナムの巨人機とか、DHLのVTOL輸送機とかを制作しておられるけど、爆撃機のヤマト急便仕様っていうのは、常識をつきぬけないと出てこない発想でしょう。

 やー、もどってよかった。

 と、思いつつ、2番めのテーブルを見ていると、これも超絶モノが。

19-028.jpg

 わーい、ドルニエDo-Xだ。しかも、オオタキのキットと書いてある。すごいヴィンテージ品。

 まあ、オオタキのDo-Xの金型は、その後ドイツ・レヴェルの手にわたって、いまもときどき再販されているから、キット自体は入手困難ってわけじゃない。

19-128.jpg

 ほら、うちにもあるし。(´・ω・`)

 ただ、このオオタキの金型、クリアパーツがだめだめで、そのままでは完成できないっていう欠点があってね。そのせいで、ずっと積んだままだったのです。

 どうやら、このモデラーさんは、その問題を解決したらしい。そこで、近くにいたクラブの方に聞いてみると、やっぱり制作者に同じ質問をしたそうで、くわしく教えていただいた。

 正解は、木工ボンド! 木工ボンドを少量の水で溶き、細いスポイトで慎重に置いてやると、表面張力でいい感じに窓ができるとのこと。

 ぢつは、私も解決策は木工ボンドしかないと思っていたのですよ。

 ただ、窓部分に粘着部がくっつかないよう、セロテープを貼って加工したにしたマスキングテープを外側から貼り、裏から木工ボンドを置いていくという方法を考えていたので、そういってみると、「水の増減で粘度を調整すれば、たぶん表面張力だけで行けそうですよ」とのこと。

 これはいいことを聞きました。いつか、このキットをつくるときがきたら、忘れずにためしてみなければ。

 と、いうところで、時間がきた。うしろ髪をひかれる思いでツインメッセをあとにして、静岡駅で土産を買って帰還。

 なんだか、あっという間の2日間で、久しぶりに刺激的な経験だったなあ。

 ふたつ、合同展を見て思ったこと。

 第一。模型はやっぱりアイデアとセンスですよ。技術はあったほうがいいにこしたことはないけど、あくまで二の次。

 第二。超絶モデラーさんはあまたいるけど、展示作品のなかには、自分と同レベルか、失礼ながらそれ以下のものも多数あった。最近はどうも技巧に走るきらいがあるけれど、模型というのは楽しんでつくればいいんだ。

 この2点を再認識できただけでも、行ってよかったと思いますです。はい。

 おしまい。
2013.05.24(12:30)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
お久しぶりです
久々に書き込ませていただきます
楽しい充実した時間をすごされたご様子
よかったですね
ところで独巨大飛行艇「Do X」と言えば
戦前の少年倶楽部の付録に「ペーパーモデル」
とでもいうのでしょうか、紙製の組み立て模型
がつけられたことがあるそうで、少年倶楽部
付録史上の最高傑作との評価もあるそうです
それから記事の内容から離れてしまいますが
ローダン450巻の後書き読みました
以前、貴兄が書かれた記事から若しやとは
思っておりました、長い間ご苦労様でした
From: 流転 * 2013.06.06 21:00 * URL * [Edit] *  top↑

ここ10年くらいは、大会とかに行っても、たいしておもしろくないというか、マンネリっぽかったんですが、ホビーショーはほんとに新鮮でした。ろーだんをやめて、時間ができたら行こうと、以前から考えていたのが、大正解というか。

Do Xは松谷さんがお持ちだったんですよ。それも、1/72の巨大なやつ。それを見て、いつかはつくりたいと思って買って、もう何年も手がつけられずにいます。
From: よが * 2013.06.07 09:33 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR