パーツ館にようこそ
 巡礼8のつづき。

 競輪場を出て歩くこと5分ほど。信号をわたると、そこにタミヤ本社がそびえていた。

19-114.jpg

 手前はべつの建物の駐輪場で、タミヤとは関係ありません。

 やがて、正門に到達。

19-115.jpg

 ここは本社機能のほか、イベントなどもできる多目的施設「タミヤ・スペクトラム・ホール」というそうだ。社内見学もやるそうで、ホビーショー期間中は特別開放しているとのこと。あれま、ぜんぜん知らなかった。

 これって、競輪場がハズレで、かえってラッキーだった?

 うん。ぜったいにラッキーだった。

 敷地にはいると、社有か社員所有、あるいは展示用に提供されたバイクや軍用車などがならんでいる。うわあ、これこそタミヤ。というか、これこそ聖地巡礼。(*´Д`)ハァハァ

 車輛でとくに目だったのが、これ!

19-116.jpg

 プラモデル好きなら一般教養といってもいい、いわばマストアイテム、キューベルワーゲンであります!

 WWIIを通じて活躍した、ドイツ軍の軽装甲輸送車。つまり、ジープと同類の車輛。製造はフォルクスワーゲン、設計はポルシェ。

 話をうかがうと、WWII当時の実車ではなく、90年代ごろつくられた、レプリカとのこと。また、持ち主の人はこれで通勤しているのだそうな。さすがは聖地。

 でも、真に驚いたのは、右側フェンダー、ライトのわきにあるエンブレムであった。

19-117.jpg

 見えますかね?

19-118.jpg

 きゃー! 大洗女子学園の校章でありますですよ!!

 タミヤさんはこれまで、ガルパンに直結するような製品は出していないわけです。なので、ここで大洗女子の校章を見ることになるとは思ってもみなかったわけで、いきなりカウンターパンチを食らったような感じ。目がくらくら。と、いいつつ、しっかり撮影はしといたわけですが。

 これはほんとにサプライズでしたよ。マジでびっくり。

 以下は、タミヤさんの見学コースの説明も参照すると、よりわかりやすいかも。

 屋内にはいると、商談スペースで子供向けのイベントなどがあって、かなりにぎやか。

 ここも老若男女でごったがえしている。ホールには、説明用の射出成形機があって、実際にできたてほやほやの生温かいランナーを手にできるとあって、長蛇の列ができていた。50代、60代とおぼしきご同輩も、列にならんでいるのがすごい。

19-119.jpg

 そのホールの一画、実車展示には、レーシングカーが3台、陳列してあった。もちろん、ほんもの。

19-120.jpg

 それから、ポルシェ911も。これも社有車らしい。あ、向こう側に列が写ってますね。

 ホールをざっと見物したあとは、歴史館に。

19-122.jpg

 歴史館手前の廊下には、ボックスアートに関する説明が。これは上田毅八郎画伯の紹介と、代表作の「ドイツ戦艦ビスマルク」。

 さて、歴史館にはいって、まず見つけたのが、これ! ガラスごしなんで、いまいち不鮮明ですが。

19-123.jpg

 ろんめるせんしゃあ~!(どらちゃん風に)

 ロンメル戦車については、こないだここで書いたんで、もしかしてあるかなと思って探してみたところ、AFVの初期のところに、ちゃんと展示されてました。

 その実体はヤークトパンターなんだけど、当時なぜかタミヤさんは、これをロンメル戦車と名づけ、このネーミングのせいでキット自体が大ヒットしたのであった。

 そしていま、このキットがガルパンでまた日の目を見ているわけで、因果はめぐる糸車。ヽ( ´-`)ノ

19-124.jpg

 つづいて、目にとびこんできたのが、これ。いわゆるひとつの、ミニジェット・シリーズですね。

 発売当時は1個100円と、子供でも手が出る値段だったため、さんざんつくり倒した傑作シリーズ。

 当時……1960年代の代表的なジェット軍用機をほぼ網羅していたっていうのがすごいよね。正直いって、当時の機体のディテールは、すべてこのシリーズでおぼえたようなもので。

 いまでもときどき、再販されているみたいなので、次に再販がかかったときは、全種類買ってみたりして。とにかく、マイ・プラモデル・ヒストリーで、もっとも愛着のあるシリーズであります。

 ちなみに、ひこーきプラモはその後、近所にレヴェルのキットを大量に積んである模型屋さんを見つけたため、そっち方面、とくに1/72にシフトしていくわけですが。F-89とか、モスキートとかに。

 でも、それはまたべつの物語。

19-125.jpg

 アポロ・シリーズもつくったなー。司令船コロンビアも、着陸船イーグルも。こーいう名前を、いまでもおぼえているのが、当時の感動のしるしというか。

19-126.jpg

 おお、こういうのもあったっけ。これ自体は「ウルトラマン」38話「宇宙船救助命令」、いわゆる「サイゴとキーラ」の回ですね。そこに出てきた車輛のパクリから想をとったオリジナルなわけですが。たぶん。

19-127.jpg

 おおお、「ジョー90」シリーズはタミヤだったのか。どおりで、つくりがシャープで、難易度が高かったはずだ。

 ほかに艦船や、もちろんAFV、とりわけクルマのキットも多数展示されていましたが、そのへんは専門外なのでスルーし、最後にショールームに向かった。

(次回最終回)




2013.05.23(19:07)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR