パーツ館にようこそ
 巡礼7のつづき。

 これでひととおり見てまわったかと思い、時計を見ると、なんともう11時45分。たっぷり3時間、見学していたことになる。この集中力をほかで使えればいいのに。ヽ( ´-`)ノ

 ともあれ、ここでいったんツインメッセをはなれて、昼飯を食いにいくことに。この近くには、もうひとつ、聖地があるわけで。

 直線距離は600mくらい、実際は1kmちょっとかな。10分くらい歩いて、到着したのはここ。

19-101.jpg

 はい。靜岡競輪場。ヽ( ´-`)ノ

 いまはともかく、昔は賞金基準でつねに上位に君臨していた場だから、まあ聖地でいいっしょ。

19-102.jpg

 ここが正面入口。それほどひろくはない。大宮と同じくらいか。

19-103.jpg

 はいってすぐの広場から、メインスタンド方面。なるほどー、ずいぶん巨大なスタンドだ。さすがは聖地。

 さっそく、もよりの階段をあがって、スタンドに。

19-104.jpg

 4Cから大型ヴィジョン方向を見る。無料のオープン席は、この一帯だけらしい。ちなみに、この日はFII戦の2日め。あと、全プロ記念の併売。岸和田は雨走路だった。

19-105.jpg

 同じ位置から、2C方向。場内はさすがにきれいで、FIIにもかかわらず、客がたくさんはいってる。しかも、老若男女を問わず。さすがは聖地。

19-106.jpg

 と、思っているいると、バックスタンドのわきに見える、このあたりじゃひときわ高いビルに、タミヤのマークが。すると、あれが有名なタミヤ本社か。

19-107.jpg

 4Cから外を見ると、こっちにもタミヤマークが。どうやら、こっちは工場らしい。さすがは大タミヤ。

 さて、この日はガールズ・ケイリンもやっていて、その脚見せがはじまった。

19-108.jpg

 いいなー、大型ヴィジョンがあって。(TnT)

 そういえば、ガールズを生で見るのは、これがはじめてだ。というか、もともと興味がないんで、中継でも1度しか見たことがなかったりして。だって、車券の対象になんないでしょう。こっちは本命党じゃないんだから。

 とはいえ、生で見れば、印象が変わるかも。ということで、その発走まで、場内を見てまわることに。

 まず、うまいと評判だったラーメン屋に行くと……

19-109.jpg

 すでに廃虚になっていた。orz

 あれ? そうか、さすがの靜岡も、ひたひたと迫ってくる衰退の波にはさからえないのか。しかし、ほかの店のラーメンは、どこも評判が悪かった。どーしよー。

 とりあえず、メインスタンドに。すると、おお! 目をみはりました。

19-110.jpg

 さすがに屋内なので、堂々と写真を撮るわけにはいかず、こんなアングルになっちゃいましたが、右側のレール状のものは、エスカレーターの手すりであります。

 そうなんだよね。この場には、エスカレーターがあるのだ!

 やー、びっくりしました。これまでに10場以上、行ったことがあると思うけど、エスカレーターを見たのは、たぶんはじめてだ。すごい設備だな。さすがは聖地。

 さらにうろうろして、売店を発見。ここで名物のおでんを食べてみる。

19-112.jpg

 上から、黒はんぺん、フワ、スジ。どれも1本100円。これにかぎらず、売店ではひとつ100円というものが多い。ただ、それなりの味といっちゃえばそれまでで。

 これを買うとき、愕然とする事実が判明した。この場、酒類を売っていないのだ。

 信じられん。今世紀にはいって、全場で解禁になったと思ってたぞ。

 信じられないので、前世紀に使っていたスラングを思いだし、店の人間に聞いてみた。

「あれ、アワは?」

 大宮だったら、前世紀でも、こういえばこっそり泡だつものが出てきたものだが。この場では、やっぱりいっさい販売してないそうだ。うー、なんだこの聖地は。ホビーショーだって売ってたのに。

 これで印象がかなり悪くなる。最初から、なんか雰囲気が違うなと思ってたんだよね。ぜんぜん鉄火場っぽくないというか。

 まあいいですが。

 それで、おでんの味はというと……

 黒はんぺんは靜岡名物だけど、これは焼いて食うほうがいいかも。フワはふつう。関東各場のホルモン串にくらべると、かなり劣る(あくまで個人の感想です)。スジは、事前情報によると関東風のスジだったのに、どの売店もこの関西風になっていた。とくにうまくもなく。

 どうやら、食い物に関しては、はずれっぽい。

 時間がきたので、ふたたびスタンドに。

19-111.jpg

 ジャンで誘導が退避したところ。じつは、ここにくるまで、ホイールがユニホームと同じ色になってることも知らなかった。これはこれで、鮮やかでいいっす。レースも思ったより迫力があった。

 とはいえ、やっぱり車券はかたい。これじゃ手が出せませんって。

 次のレースには、興味がなくても知ってるナンバーワン選手、加瀬加奈子が登場する。それまでに、飯を食っておこうと思い、さっきの売店からさらに南方向に進んでみた。やがて、食堂が4軒ならんでいるのを発見。

 ただ、ラーメンはどこもアウトっぽいし、時間もないので、あきらめて適当な店にはいり、かきあげそばともつカレー串を1本注文。ゆうべ食ったもつカレーが、妙にうまかったので。

19-113.jpg

 でも、出てきたのは、福助さんのとは似ても似つかないしろもので。うーん。

 しかも、このあと、そばがまったく出てこない。聞いてると、直前にはいった客には、注文さえ聞いていなかったと話している。

 10分近く待っても出てこないので、文句をいうと、どうやらおしゃべりに夢中になって、注文があること自体を忘れていたらしい。

 あきれたことに、その後30秒で品物が出てきた。とーぜん、やっつけでつくってあって、とても写真を撮れるようなもんじゃない。

 しょうがないから食いはじめたが、そこで出走の合図が。

 くっそー、加瀬のレース、見られないじゃんか!

 もうね、どうしょもない店でしたよ。とくに名を秘すけど。やっぱり「福」の字がついてたかも。

 なんだか、ここは聖地じゃない気がしてきた。設備は表向きりっぱだけど、ソフト面がなってない。サービスにいたっては、たぶんそういう言葉さえ、知らないにちがいない。

 というわけで、靜岡はこれまで訪れた競輪場のなかで、最悪という評価になった。

 もう、ここで勝負する気も失せちゃったな。どうしよう、ツインメッセにもどろうか。

 そう考えていると、そういえばタミヤ本社が近かったなと思いだした。見た目、せいぜい500mくらいだと思う。なので、こっちに行ってみることにした。

 ここで、さまざまなサプライズが。

(つづく)
2013.05.23(14:29)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR