パーツ館にようこそ
 巡礼6のつづき。

 次はSFもの、キャラもの。

19-097.jpg

 いちばん笑っちゃったのがこれかな。ザク・ヘッド。ザクの頭にゾイドかなんかの脚をつけたようで。

 ネタはたぶん、アレです。『からペケ』のスパイダーヘッド。違うか。ちょっと古すぎるから。もしかして、若い人がタチコマかなんかからインスピレーションを得たのかも。でも、私の脳内では、見た瞬間からスパイダーヘッドでありました。

19-096.jpg

 メトロン一家、夏の夕暮れ。とうちゃんメトロンは艦船模型が好きで、テレビの前に陣どって、うちわ片手に軍艦をもてあそぶの図。(・∀・)

19-091.jpg

 サンダーキャプテンの超リアル・バージョン。すげー。ジャンク品を完動状態に復元して、なおかつこれだけシェイプさせるんだから、つくった人は超絶モデラーにちがいないっす。

19-092.jpg

 同じ方の作品と思われる(同じテーブルにあった)秘密基地とスーパーメカの数々。

19-093.jpg

 たとえば、これは一見、ミドリのビッグモグラスみたいですが、それを意識してつくったオリジナルメカだそうで。たしかに、精密さが違います。武装もたっぷりだし。

 この秘密基地は2層構造になっていて、下はこんな感じ。

19-094.jpg

 上層のとはべつのドリルメカと、ひこーきつき戦車みたいなメカが見えます。えーと、マゼラアタックみたいな使い方をするんでしょうか。わかりませんが。

 しかし、この発想はすごいなー。やっぱりプラモデルは技術よりセンスですよ。もちろん、この方は技術も超絶なんですが。

 と、いいながら、今回いちばんウケたSFものは、これじゃないんですね。もっと強烈なのがあって。

19-031.jpg

「チーム未完成」さんのテーブルに、これがあったとです、これが。

19-032.jpg

 城郭戦艦。左が「江弩」で、右が「奈護屋」!

19-033.jpg

 こういうコンセプトでつくられたそうで、その発想は超弩級です。

19-035.jpg

 江弩の城郭と前部兵装。実際の攻撃兵器は、VLSのミサイルと8門の5インチ砲と思われ、46サンチ主砲はシンボル的な存在なんでしょう、たぶん。ぶっぱなすこともできるけど。

19-036.jpg

 奈護屋の2番主砲塔の周囲は、どうやら日本庭園になってるらしい。江弩の後部甲板は大型ヘリコプターが着艦可能(たぶん)。ちなみに、格納庫兼管制室も櫓風。

 たしかに、旧海軍の戦艦の檣楼は、どう見ても城郭をイメージしているわけで、それがそのまま発達したら、こーいうかたちに進化したとしてもおかしくはない。(´・ω・`)

 つか、これってやっぱり正しい美意識でしょ。だけど、いままでだれも造形物にしなかった。理由はたぶん、あほくさいから。(^^;

 だけど、それを同世代か、もっと上の人々がやっちゃってるというのが、すごいですよ。

 去年、『バトルシップ』が公開されたあと、戦艦模型にピットから出てる最新兵器を積むっていうのがごく一部ではやったけど、そういうのとは次元の違う発想で、今回見たなかでいちばんの傑作だと思います。はい。

19-037.jpg

 これが双胴戦艦「あづち」の天守楼。これだけの上構物をささえるには、やっぱり双胴にする必要があるんでしょう。

19-038.jpg

 艦尾には、瀟洒な庭も用意。ひょうたん池と、茶室もあり。

19-039.jpg

 その反対側には、これは水上機の船着場でしょうか。ひこーきのプロペラからすると、ティルトローター機を運用しているのかも。左の櫓は管制塔でしょう。

 じつは、城郭戦艦はこれだけでなく、もう1パターンもありました。

19-040.jpg

 左が徳川藩の城郭戦艦「尾張」、右が豊臣藩の「摂津」。つくった方も、コンセプトも違うけど、似たような進化をとげた近未来の戦艦であります。

19-041.jpg

 こちらは尾張。前3隻と違って、兵装は砲熕兵器と機銃のみ。そのへんに、収斂進化ながらコンセプトの違いが出ているといいますか。

 ほんとにいいものを見せてもらいました。チーム未完成さんに感謝(ポップには「Team Mikansei」と書かれていましたが、岡山未完成チームというのが正式名のようです)。

(つづく)
2013.05.23(11:54)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
はじめまして
初めまして。金子と申します。

「城郭戦艦」を検索していてここにたどり着きました。いままで気が付きませんで申し訳ないというか何というか。

プラモデルは技術よりもセンス。この言葉、自分も度々お会いする方々に言っている言葉です。(自分には技術がない、という意味でもありますが)

城郭戦艦シリーズ気に入っていただけたようでうれしく思います。この9月6、7日に、呉の大和ミュージアムにて「全国艦船模型合同展」が開催されることになりまして、その合同展に、さらにパワーアップした城郭戦艦たちが進軍する予定です。
もしお時間がとれるようでしたら、ぜひお越しください。また、毎年11月に岡山未完成チームの展示会も開催しております。

このような作品ばかり作っておりますので、周りの艦船モデラーからは苦情ばかり聞かされ村八分状態です。それでも負けずに?プラモデルの無限の可能性を求めて?日々精進しております。
これも何かの縁と、お見知りおきを。



From: 金子雅春 * 2014.08.25 22:35 * URL * [Edit] *  top↑

金子雅春さま、すごい作品を見せててただいただけでなく、コメントまでおよせいただき、誠にありがとうございます。

城郭戦艦、自分でもつくってみたいのですが、オリジナルを冒涜することはできないと思い、いまだに手が出せずにいます。いつか、自分でも「穢弩」みたいな作品がつくれればいいんですが。

苦情(笑)なんか気にせずに、次々と新しい進化形を生みだしてください。影ながら応援させていただきます。

From: よが * 2014.08.26 09:21 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR