パーツ館にようこそ
 巡礼5のつづき。まだあと4~5回あるんだよなあ。ぜいぜい。

 でも、これが人生最後の大イベント参加になるかもしれないし、これだけ書きたいっていう衝動をおぼえるのも久しぶりだから、これでいいのだ。

 まあ、イベント参加に関しては、70歳くらいまで生きた場合、いまはまだ想像もしていないようなイベントに参加する可能性も否定できませんが。

 いずれにしても、3年ぶりくらいに、勇んで文章を書きたくなっているのはたしかで。

 閑話休題。

 つづいて、船とジオラマ編をひとつ。

 ちび丸艦隊シリーズはやっぱり人気のようで、4月下旬発売の金剛をふくめて、見つけただけでも5~6個の作例があった。

19-051.jpg

 そのうちのひとつ。うわー、やっぱり張り線やってますね。だけど、それをのぞけば、どの作例も自分のアレと同じくらいの精度で、まあこんな感じかな、と。張り線については後述。

cby and hyak

 こいつですね。逆にいうと、木甲板の表現はこれで充分にOKということで。ヽ( ´-`)ノ

 船のヴィネットのうち、トレンドだったのが、「ちきゅう」や「しんかい6500」を使った海中描写。そのなかでも、出色だと思ったのが、これ。

19-052.jpg

 あえていうと、プラモのためのヴィネットっていう感じでしょうか。深海の静謐感みたいなのがアートしてます。もちろん、こういう情景を肉眼で、あるいはカメラごしに見ることは不可能なんだけど。それを視覚化するのがおみごと。

 艦船モデルの分野には、伝統的に超絶モデラーさんたちが多く、あちこちの博物館なんかでも、その技をいつも拝見しているわけです。

 だけど、そーいうのとは一線を画して、楽しむのがアマチュア・モデラーじゃないかと思ったりして。

 そういう視点で、とても楽しくて、自分でもこーいうのをつくりたいと思った作品をひとつ。

19-053.jpg

 データをメモするのを忘れちゃったんだけど、おそらくは定係港で観艦式の一般公開にそなえ、満艦飾で準備をととのえた、DD-110たかなみ、DD-111おおなみ。

 満艦飾が目だつんだけど、じつはかなりのディテールまで、つくりこんであって。

19-054.jpg

 それでも、手すりくらいまでで、それ以上に細かいところは表現していないというか、省略しているというか。このへんの取捨選択が、この作品は絶妙だと思うわけです。

 正直なところ、たとえば張り線とかって、プラモデルにはいらないんじゃないかと、思ったりするわけですよね。誤解を恐れずにいっちゃうと。

 たとえば手すり。1/350ならアリでもいいけど、1/700のウォーターラインとかだと、いらないんじゃないかというか。

 こういう考え方が正しいかどうかは、あくまでべつの話ですが……

 どうも、艦船モデルは超絶化が進みすぎちゃった結果、おかしな方向に進んでいるように思ったりするのです。

「そこにあるから再現する」みたいな考え方も、たしかにあるし、それははげしく賛同できるものの、それは「実際の見え方」とは違うわけで。

 ひこーきの場合もよくあるんだけど、どこまで再現すればいいかは、けっこうアバウトなほうが、かえっていいんじゃないかと、そう思うわけです。

 その点、今回のモデラーズ展には参加していないけど、北海道の高○さん……ブログ「天気晴朗なれどFC2」のなかの人の作品なんかは、じつにいいバランスをたもっているように思うわけです。

 きっと、専門誌なんかではくりかえし議論される、根源的な問題なんでしょうが。

 私としては、1/700に手すりはいらないよなー、ということで。エデュのエッチングパーツとか、いろいろ積んじゃってはいるんですけどね。(^^; しかも、フジミ1/700轟天号に使うためとかの理由で。(^^;;;

 さて、船は以上ということで、次は感銘をうけたジオラマをふたつ。

 ジオラマとヴィネットの違いは、自分としては、いちおう30X30cmくらいまでの情景をヴィネット、1X1mくらいの情景をジオラマだと考えてます。そのあいだはグレイゾーン。

 まず、このジオラマがすごい!

19-055.jpg

 ゴッサム・シティの路地裏を走るバットモービル。

19-056.jpg

 これねえ、どの一部を高精細のアップで撮影してみてもアップに耐える、完璧なつくりのジオラマでした。つか、すごすぎるでしょう。

 よくわからないものの、プロの造型さんがつくったもののようですが。いずれにしても、今回見たなかで、クオリティという点では、これがジオラマのなかでナンバーワンだったのではないかと。

 ところが、これを上まわるジオラマが出現。遠くから伊福部さんの「3大怪獣」のテーマが聞こえてきたので、近づいてみると、こんなものが。

19-057.jpg

 ゴジラ対60年代自衛隊! 大ジオラマ。というより、パノラマ!

19-058.jpg

 とにかく、陸空にメカが満艦飾で、とても1枚の写真にはおさまりきらない。どころか、3分割にしても、全貌をとらえきれない!

 これは圧巻でした。ゴジラはたぶん、市販の大型フィギュアをそのまま使ったか、せいぜいリペインティングしたものらしいけど、自衛隊がコリコリで。セイバー3機編隊のほか、スターファイター3機編隊もゴジラを狙っております。

「3大怪獣」にマルヨンが出てきたかとか、そのマルヨンが増漕をつけたまま攻撃態勢にはいってるとか、増漕しか積んでないとか、いろいろ気になるところはあるものの、そーいうのは目をつぶって。

19-059.jpg

 これもここにいるのは明らかにむにゃむにゃなものの、これがなければこの大ジオラマが完成しにいというくらい重要な、66式メーサー殺獣砲車。これはその昔、ウェーブから発売されたキットだろうか。だとすると、スケールは1/87になるけど。

 ほかの車輛やヘリコプターは、1/144や1/72が多いけど、そこは大パノラマなので違和感なしということで。

 これはこれでみごとな作品で、堪能いたしました。はい。

(つづく)

2013.05.22(18:58)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR