パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3プラモ
> ついでにF-117の話も

 きのうのつづき。こんどはF-117のほう。

 途中経過はここここで書いたとおりで、工作は予定どおりだったものの、塗装でしくじり、結局フラットブラックはぜんぶ落として、クリアブラック(ふつうの黒)で塗りなおし、つや消しはトップコートにまかせるという、そういうやり方で決着しました。

 いちばん手を入れたコクピットまわりはこーいう感じ。

F117-11.jpg

 手塗りでコクピットの枠を描くのは、これがもう限界。次からはマスキングで処理するしかないでしょう。

 ナノアヴィエーションのなんちゃってハーネスが、ずいぶんよく見えちゃうのが失敗だったような、成功だったような。(^^;

 コクピット前のセンサーの赤いパーツは、実機を見るとついてるみたいなんで、プラ板の破片で成型。同じようなディテールアップは、ほかにも数カ所。

F117-12.jpg

 このへんのアンテナとかセンサー類を追加。下面にもいくつか。しかし、背中の白いアンテナ(実機についてる)を見たとーこちゃん、「ごみが……」。(^^;

 でも、このタミヤ製でいちばんの改修ポイントは、ボムベイの扉。タミヤ製のキットは観音開きだけど、実機はボムベイ中央から開くののです。なので、きのうの写真を見るとわかるように、それっぽく変更しないとならないわけで。

 実機はボムベイの中央に仕切りがあって、そこからヒンジが出ているんだけど、このキットでそれをやると、こんどはGBU-27がはいらなくなっちゃう。もともと、爆弾が見えるようにするため、タミヤのキットにしたわけで、これでは本末転倒。

 ということで、仕切りのかわりに、爆弾に干渉しない範囲で、ボムベイの前後中央にヒンジとりつけ板を追加して、そこに自作したヒンジをくつつけるというやり方でごまかしてみた。まあ、これでもそれっぽく見えるんで、いいかなと。どうせなんちゃってだから。

 ということで、こっちは8月初旬に完成。

 さて、次は……ハセガワのストライク・イーグルか、ヴァルキリーの予定だったんだけど、ダイソーで大きいネオジム磁石を見つけたので、とりあえずマットアロー1号用のスタンドをつくろうかなと思ってます。はい。ウルトラホーク1号用のスタンドを改造の予定。
2012.09.30(10:48)|プラモコメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR